差出人を見て勝手に人の郵便物を開ける人

先日、夫が間違って市から届いた私宛の郵便物を開けてしまったと謝ってきました。

なんで間違えるのか、聞くと、差出人を見たら、市からだったので、税金のことなどでよく市から郵便が来るので、てっきり自分宛だと思ったというのです。そして、こちらの郵便はテニスクラブからだったので、自分宛じゃないと思ったので開けませんでした。と得意気に言うのです。でも、それって当たり前のことだと思うのですが。

どうして差出人だけみて、自分のものかどうか判断してしまうのか、私には理解できません。でも、そういえば、私の母も同じでした。

しょっちゅう、銀行から父宛に届いた郵便物を自分のものだと思って勝手に開封してしまって、「どうしよう、間違ってお父さん宛の銀行からの手紙開けてもうたわ、見つかったらまたお父さんに怒られるわ」というのですが、何回も同じ失敗をしても直らないようです。母の言い訳も夫と同じで、「だって、OO銀行からの手紙やったら私宛にきた手紙やと思ってんもん。」父と母は同じ銀行に口座を持っているので、そういう間違いをするようで、私は別の銀行の口座だったので、私宛の銀行からの手紙は間違って開封されることはなかったのですが、それにしても、どうしてかよくわかりません。単にそそっかしいだけなんだろうか。

開封してすぐに気づいて、手渡してくれたらいいのですが、開封せずに自分のものだと思って、ずっと取り込まれると困ると思うので、気をつけてもらいたいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-02-14 21:55 | 日常 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://rudern.exblog.jp/tb/23492499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。