それでもテニスは楽しい

初めての試合の翌日、近隣の市のテニスクラブで試合がありました。

前日の夜は、初試合に負けたときに、自分の得意なストロークが全然できなかったし、他の人の試合を見ていても、あんまり普通にストロークをしてる人がいなかったので、誰とあたっても、普通に打ち合う試合ができず、これから先も同じように負け続けるのではないかと思ってなんだか気分が落ち込んで、ほとんど眠れなかったです。

当日もまた初めての試合と同じように年配のテニス歴数十年の方が相手だとまた負けると思ったのですが、今回は同世代の女性。私と同じく今年からチームに入ったとのこと。

でも、試合前のウォーミングアップのストロークをして、この人はとても上手いと思ったくらい、初心者ではありませんでした。

きれいなフォームでコントロールもよくて、、、。試合が始まったら、やっぱり上手。

サーブも最初はゆるいサーブが多かったですが、そのうち、きれいにサイドに流れる強いサーブを狙って打ってきます。

相手もしっかりしたサーブなので、私もフライパンサーブは打たずに真剣に打ってみました。

ずっと自分も相手もおばさんなので、コーチがすすめるスピンサーブなんていらないと思いましたが、こういう上手い人が相手の場合がスピンサーブが必要だと実感。

そして、確実にサーブを入れるためにフライパンサーブばかりしてたら、ずっと上達しないんだろうなと気付きました。

何度かサービスエースは取れたけど、結局、また1ゲーム取れただけの完敗。前日より少しよくなったというだけ。

試合のあと、ジュースをごちそうになりお話しましたが(このテニスクラブの人たちは相手に飲み物を1杯ごちそうするようです。もしかしたら、ホーム試合の場合、シングルスの試合の後対戦相手に飲み物をごちそうするのが普通なのかもしれません、、、)、子供の頃8年テニスをして、最近またテニスを再開したとのこと。

子供の頃8年テニスをしていた人は大人になってテニスを始めて8年の人より、基礎がしっかりできていそうなので上手な気がしました。


シングルス、2試合続けて負けてしまったけど、この日の対戦相手の人も、とても感じがいい人で、テニスも上手だったし、前日の試合に比べると少し自分のテニスができる相手だったので、負けても楽しく試合ができてよかったです。負け続けるともうテニスがしたくないなんて思うかもなんて思いましたが、子供のころからテニスが好きなので、少々のことでは嫌いにならないようで、試合のあとも、テニスはもうやめようなんて気持ちには全くなりませんでした。

もう少し、試合の練習をして来シーズンに向けていろいろ努力しようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-09-13 22:50 | テニス | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://rudern.exblog.jp/tb/24678900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。