21時以降の葛藤

母は夜の9時ちょっと前になると慌ててお菓子をちょこっと食べます。そのときいつも、「もうすぐ9時になるからお菓子食べとかな」というのです。母いわく9時以降お菓子を食べると太るし、かといって夕食後何も食べないと、夜おなかがすいて寝れなくなるときもあるので、9時前にお菓子をちょこっとつまんでおきたいらしいのです。

私は毎日9時前に慌ててお菓子をちょこっとつまむ母の姿が滑稽に見えるし、8時58分にお菓子を食べるのと9時1分にお菓子を食べるのにどんな違いがあるのかと思うのですが、ちゃんと9時以降何も食べない母は痩せています。そんな母と違って、おかまいなしに、欲求のおもむくままに寝る直前まで何か食べている弟と私は太っています。お友達でも9時以降は何も食べないという人は痩せています。やっぱり9時以降に食べないというのはダイエットには大切なことなのでしょうか。

以前、寝る3時間前から何も食べないのがよいと何かで読んだので、食べてから3時間は寝なければよいのではないかと、夜の11時とか12時にお菓子を食べて、その後3時間起きていようと試みたことがあるのですが、食べると眠くなるのか、もう12時以降は起きていられないか、夜遅く食べてその後3時間起きていることは私にはできませんでした。

相変わらず、体重は増え続けるばかりなので、昨日から母を見習って夜9時以降何も食べないようにすることにしました。

9時前にその日スーパーで買ったクリームブリュレを食べようかどうか迷いつつ、おなかがすいてるわけではないので、やめておこうと思い、遅くまでおきていたらおなかがすきそうだと10時にはベッドに入ったのですが、そのあたりから、徐々におなかがすいてきたり、クリームブリュレのことが気になったりで、眠れなくなってきて、太ってもいいからクリームブリュレが食べたいという気持ちと、こんなことであっさりお菓子を食べていたらいつまでたっても痩せないぞという気持ちが葛藤していました。

なんとか、昨夜は痩せるためにクリームブリュレはがまんという気持ちが勝ちましたが、毎日この気持ちが勝つかどうかはわかりません。

でも、ドイツの食生活のせいなのか、弱い心の持ち主の自分のせいなのか、中年だからなのか、体重の増加は止まることがありません。テニスでもう少し機敏に動くためにも、そして、かわいい洋服が似合うようになるためにも、そして、気がつくともうどうにもできないくらい太ってしまったということにならないためにも、今すぐに真剣にダイエットを始めないといけないのです。

c0212741_19225668.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-10-01 19:26 | ダイエット | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://rudern.exblog.jp/tb/24754645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。