地名の発音練習

先々週から始まったオランダ語教室A2-1。2週間休んで、昨日久しぶりに授業を受けました。

授業の最初に発音練習。先生が、「オランダ語を習っているんだから、オランダの地名は正しく発音できないとね!」といい、いくつかの地名の発音練習をしました。

マーストリヒトとか簡単そうで難しい。ドイツ人のクラスメートたちにも難しいようで、先生に訂正されていました。日本人にはスケベニンゲンと呼ばれている町の発音も難しかった。聞いてもスケベニンゲンとは聞こえなかったです。ガイドブックにはスヘフェニンゲンと書いてあるけど、正しい発音ではなんというのだろうか、耳が遠いのかよくわからなかったです。オランダの地名の発音難しいです。

そして、ドイツ語を習って、ドイツに住んでいるのだから、ドイツの地名も正しく発音できないといけないわけですが、いまだに正しく発音できません。

ミュンヘン。何度言っても通じません。ムンヒェンと言ったほうが通じます。でも、これは、ミュンヘンという表記が間違いだとどこかで読んだことがあります。子供の頃から、ミュンヘンというのに慣れてしまっているので、ドイツでもついついミュンヘンと言ってしまいますが、毎回、特に地名や名前は正しく発音するように気をつけたほうがよさそうです。

そんな感じで難しい地名の発音ですが、オランダ語の授業中、クラスメートのPさんが、ザクセン訛のドイツ人がポルトガルの都市、ポルトを発音したら、フランスのボルドーに聞き間違えられたという話をしてくれました。

私のドイツ語力がないからか、Pさんはオランダ語で説明したので、聞き取れなかったのか、詳しい内容がわからず、インターネットで検索したら、ニュース記事が出てきました。

ザクセン州ではなく、シュトゥットガルトに住むザクセン州出身の女性が、電話で、ポルトガルのポルト行きの飛行機チケットを予約したのに、フランスのボルドー行きのチケットを予約されてしまったと、裁判で旅行代理店を訴えたけど、敗訴したというニュース。
旅行代理店の人は標準ドイツ語で2度、ボルドーですねと確認したけど、女性は否定しなかったということでした。

私はまたPさんの冗談かと思っていたのですが、嘘みたいな本当の話だったようです。

私もいまだに日本語訛りのドイツ語しかしゃべれないので、気をつけないといけません。

そして、オランダ語もせっかくオランダ人の先生に習っているので、ただしい発音を身につけたいです。標準ドイツ語と標準オランダ語で話せるように日々努力しなくては、、、。







にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-10-02 19:24 | 習い事 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://rudern.exblog.jp/tb/26028320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。