カテゴリ:手芸( 10 )

やっと完成しました。

いつから作り始めたか思い出せませんが、パッチワークキルトのベッドカバーがやっとできあがりました。
c0212741_157026.jpg

子供のころから何でも中途半端で最後まで仕上げたものがほとんどなかったのですが、今回は完成させることを目標にがんばってみました。もともとパッチワークのピースも大きめだし、キルティングも細かくなかったので、完成できたのかもしれません。それに、私のキルティングも縫い目も大きめだし、、、。一応完成はしましたが、すごい出来が悪いです。縫い目も粗いし、人には見せれません。本当にとりあえず、作ったという感じですが、高校生のときに担任の先生に、「女子なのに家庭科の成績悪いねえ」と言われたくらいなので、出来あがっただけでも私にしては上出来です。

家庭科は苦手でしたが、若い頃、お嫁入り道具に自分で作ったウェディングリングのパッチワークキルトのベッドカバーを持っていきたいなあという夢がありましたが、実現しないままです。でも、もうベッドカバーは作りたくないです。初心者で自己流でベッドカバーは無謀でした。これからは、丁寧に作ることを目標にポーチや鍋つかみなどの小物をいくつも作って練習したいと思います。でも、暖かくなってきたので、パッチワークはしばらくお休みかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-04-20 02:00 | 手芸 | Trackback | Comments(4)

指貫いろいろ。

実家の自分の部屋で皮の指貫を見つけたので、ドイツに持ってこようと思い、すっかり忘れてきたようで、去年、ドイツで買った金属の指貫も見つからず、何もつけずに、しばらくキルティングをしていましたが、何度も指に針が突き刺さって痛くてたまらなくなり、指貫を買いました。

市内の布屋さんやデパートの手芸売り場を何軒か探しましたが、金属のものしか見つからず、とりあえず、買ってみたもの、一番小さいものを買ったのに、私の指には大きすぎてすぐに抜け落ちてしまい、あまり役に立ちません。

仕方なく、いつものネットショップの手芸屋さんで3種類も指貫を買ってみました。

二つはフリーサイズでしたが、それでも一つは大きすぎ。もう一つはなんとか使用できます。
残りの1つはSサイズで、私の指にちょうどよかったです。
c0212741_6193597.jpg


中学生のときに学校で買った裁縫箱に入っていた指貫もまだあります。
ずっと指貫を探しているうちに、だんだん陶器のアンティークの指貫がほしくなってきました。。。

指貫ってシンブルというんですね。カタカナはもう覚えにくいので、指貫でいいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-03-13 15:58 | 手芸 | Trackback | Comments(6)

私にもできた、ビニールコーティングのポーチ。

これまでローラアシュレイの化粧ポーチを使っていたのですが、
お気に入りだったので、何も考えずに、ずっと同じものを使っていました。

でも、改めて見ると、あちこち、擦り切れて、すごいボロボロ。
よく考えてみると、20代半ばに買って以来ずっと使っているのですから、ボロボロになっても当然です。

そろそろ新しいものにかえたほうがいいなと思ったとき、友達が、自分で作った簡単なビニールコーティングのポーチを見せてくれました。家庭科の先生をしてる人から教えてもらって作ったもので、本当に簡単にできるというのです。

なら、私も自分で作ってみようかな、と日本で、ビニールコーティングの布とファスナーを購入しました。日本にいる間に作る予定だったのですが、結局時間がなくて、できず、昨日、ミシンを出したついでに作ってみました。

今はインターネットで作り方を検索すると、たくさん出てきます。しかも丁寧な説明が写真付きで。
本当にありがたいです。いろいろあったなかから、一番簡単で、私にも作れそうな形のものを選びました。

ビニールコーティングの布をミシンで縫うのは初めてだったので、慣れなくて上手く縫えませんでしたが、一応完成です。マチもあります。考えてみると、ファスナー付けも、中学の家庭科以来かもしれないです。。。でも一応、開閉できます。
c0212741_344784.jpg

ビニールコーティングの布だと、ポーチを作るときにも裏布が必要ないので楽です。
まち針をさせないので、仮止めをクリップとかでしないといけないようですが、クリップみつからず、セロハンテープでちょこっと仮止めしてなんとかできました。
ミシン縫いもコツがいるようですが、きっとコツがわかれば、なんとかなりそう。

私は子供のころから、料理も裁縫も編み物も苦手で、私にはできないと思っていました。でも、初めてみると、上手とはいえませんが、自分で何か作るのは楽しいものだということがわかりました。

なので、これからも、ちょこちょこ作っていこうと思います。

ところで、母に、20代から使っているポーチがぼろぼろで、自分で作ろうと思うと、話したところ、不器用で、飽きっぽくて、これまでも、作りかけのものをいっぱい押し入れに眠らせていた私が自分で作るのは無理だろうと思ったのか、パッチワークが趣味のお友達に作ってもらったポーチをひとつ譲ってくれました。
c0212741_353311.jpg

私の大好きな、サンボンネット・スーのアップリケがついています。
かわいいので、こちらには、口紅やコンパクトなどのお化粧直し用のものを入れて、自分の作ったものは、歯磨きとか洗顔ソープなど入れて、旅行用にしようと思います。









にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]

by rudern | 2014-02-06 03:11 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

ようやくパッチワークキルト再開

もう長いことほったらかしになっていたパッチワークのベッドカバーの作りかけ。
やっと再開しようと思い立ちました。

去年の春ごろ、ピースワークを終えて、夏の間何もしてなくて、その後4ヶ月も日本に帰っていたので、存在すら忘れていました。袋に入ったピースワークとキルト綿などを見て、「これって何?」って思ったくらいです。

今日は日曜だったので、同居人に手伝ってもらってリビングに裏布とキルト綿、ピースワークを並べてみました。不器用で飽きっぽい初心者なのに、巨大な作品を作ってしまったことに後悔しています。かなり大きすぎます。
c0212741_202530.jpg

ポーチとかマチ付きのバッグなどのような立体的なものを作る自信がなく、平面なベッドカバーなら私でも作れると思い、どんどんつなげてこんなに大きなものができてしまったのですが、キルティングが大変だということに今になって気づきました。

それと、ピースワークの色あわせも失敗です。全然模様が浮かび上がりません。Monkey Puzzle というパターンで、お猿さんが手を広げてるようなイメージのはずなんですが、、、、。

本当はこのままやめてしまいたいのですが、材料費ももったいないので、とりあえず、完成させることを目標にキルティングがんばります。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]

by rudern | 2014-02-03 02:09 | 手芸 | Trackback | Comments(6)

ネクタイのリメイク、練習。

父が使っていたネクタイが、たくさんあり、捨てるのはもったいないので、ネクタイを使って何か作ってみたくなりました。

とりあえず、初めて作るので、粗品でもらった全然使ってなさそうなネクタイで練習がてら作ってみることに。

お手本にしたのは、「ネクタイのリメイク小物」という本に載っていたポシェット。本に載っていた写真では形がかわいかったし、材料が少なめで、作りやすそうだったのです。

バッグなどを作ったことがないので、作り方の説明を読んでも、しっかり理解できなくて、時間がかかったうえ、不器用なので、なんか形もいびつで仕上がりも雑なのですが、一応、なんとかできました。

c0212741_22141485.jpg


あとは、ふたの部分をきれいに少し仕上げて、ボタンと肩ひもをつければできあがりです。
それから、中袋の布は、ワイシャツを作った時の残り生地を使いました。

不器用でめんどくさがりなので、作り始めるまで時間がかかるのですが、始めてみると、思ったより、楽しいですね。

ネクタイはまだまだたくさんあるので、今度はいろんな柄のものを数本使って、もう少し大きなバッグを作ってみたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-11-03 22:24 | 手芸 | Trackback | Comments(4)

Maison Sajou の糸

ドイツ人はパッチワーク用の糸、何を使っているのかなと思って、ネットで検索しているうちに、みつけた、フランスのMaison Sajou の糸。

先日、Manufaktum行くと、たまたま特別セールをしていて、のぞいてみるとMaison Sajou の糸のセットが半額以下になっていたので、買ってみました。

使うのがもったいない。でも、使わないともっともったいないのですが、、、、。
c0212741_0453346.jpg

この糸のセットを見ていたら、しばらくほったらかしにしていたピースワーク途中のパッチワークのベッドカバーのことを思い出し、久しぶりにちくちくしました。おかげで、やっと、ピースワーク終了。次はしつけとキルティング。。。完成するのはいつかなあ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-07-31 15:50 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

子供の頃の夢

中学生の頃、雑誌で見たパッチワークのベッドカバーにとても憧れていました。
いつか、自分で作ってみたいという願望もありました。家には、小学生の頃、習字の先生のお母さん
から人形の服でもお母さんに作ってもらいなさいと、みかん箱いっぱいのハギレをいただいて、
押入れに使わずに残っていたので、たぶん、中学生か高校生の頃、ちょっと我流で布つないで
みたこともあります。作り方がわからなかったので、正方形に切った布を縫い合わせただけ。しかも、2,3枚で終わり。

今もそうですが、いろんなことに興味を持つのですが、飽きっぽいのです。布を数枚縫い合わせただけで、
単調な作業で、完成までの長い道のりを想像すると嫌になってしまったのかもしれません。

大人になって、近くに住むパッチワークの上手な両親の知り合いの方に教えてもらったことも
あるのですが、ベッドカバーという大作を作る気力も時間もなく、いつかお嫁入り道具に自分で
ベッドカバーを作りたいという夢だけ持ったまま、今に至ります。

最近時間に余裕ができたので、思い切ってパッチワークでベッドカバーを作ってみようと
思い、3月ごろからちくちく縫っています。幸い、冬が長く寒かったので家でちくちくするのに、
ちょうどよかったのですが、今年は風邪で寝込んでいたことも長かったので、予定より完成が
かなり遅れています。

最近やっと、ピースワークがもうすぐ終わるめどがたったので、先日、キルト綿とキルト糸注文して、昨日、品物が届きました。

ピースワークは好きですが、キルトは苦手なので、ここからも、まだまだ道のりは遠いです。
でもがんばって完成させたい。。。
c0212741_2133472.jpg

余談ですが、注文したものをDHLの人が届けてくれましたが、「あなたのお荷物お届けにきました!」
とさわやかな笑顔で男性が持ってきてくださいました。そして、よい週末を!とにっこり言ってもらったのですが、それだけで、本当に良い週末になりそうだと思えました。なにかと評判の悪いDHLですが、幸い、私のところに届けてくださる方たちはみなさん感じがいいです。それに、荷物もいつも無事に届いています。といってもドイツ国内で注文したものばかりですが、、、、。

では、みなさんも良い週末を!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-06-08 21:40 | 手芸 | Trackback | Comments(2)

ちょっと早いイースターのプレゼント

最近利用し始めたネットショップの手芸屋さんがあります。先日、注文したものが届いたのですが、その中に注文していない小さな鳥の形のかわいいボタンが入っていました。他のお客さんが注文したものが間違って私の注文したものに混じってしまったのだと思い、お店の人に返送しましょうかとメールしたところ、少し早いイースタープレゼントとしてお受け取りくださいとお返事いただきました。なのでありがたくいただくことにしました。

何に使おうかなあ。。。
c0212741_1734324.jpg

[PR]

by rudern | 2013-03-22 17:40 | 手芸 | Trackback | Comments(4)

イースターの飾り

昨日、DEPOTという雑貨屋さんで安くなってたタマゴの飾りを見つけたので買ってみました。ついでに鳥の巣箱みたいなイースターの飾りも一緒に。。なので、それらを飾る木の枝を朝市の花屋さんで物色していたら、ねこやなぎみたいな木の枝が2ユーロとお手ごろなのをみつけました。

たまごと巣箱の飾りのほかに、先月作った鳥の飾りも一緒につけてみました。鳥の飾りはクリスマスプレゼントにもらった北欧のソーイングブックみたいな本に載っていたイースターの飾りです。本には目とくちばしもつけると書いてありましたが、ないほうがかわいい気がしてつけませんでした。というかちょっとめんどくさかっただけだったりもします。

もうちょっと器用で飾り付けのセンスがあれば、もう少しましになるかもしれませんが、まあ家が春らしくなればそれでいいかな。。。
c0212741_1274947.jpg

[PR]

by rudern | 2013-03-08 06:39 | 手芸 | Trackback | Comments(4)

ギッターマンの糸

昨年の秋からパッチワークを始めてから、家にある糸がどんどんなくなってきたので、糸でも買おうとネットで糸について調べていました。これまでは普通の糸で縫って、キルティングだけ専用糸など使っていたのですが、ピースワークにも専用糸などあるのかなと思っていたら、ドイツのサイトでは別に人それぞれで、どこそこの糸がいいとか、その辺のディスカウントショップで売ってる安い糸で十分だというひとまで本当にいろいろでした。日本語で調べると、パッチワークキルトで有名な先生がおすすめしていた糸の名前がなんだか聞き覚えというか見覚えのある名前で調べてみたら、ドイツの糸でした。ギッターマン(Güttermann)です。

最近よくデパートの手芸、裁縫用品コーナーに行くのですが、そこでよく目にしていた名前だったのです。有名な先生いわく、ギッターマンの糸は、ピースワークにも、キルティングにも使えて、ミシンでも使えるというので、さっそく買ってみました。

私は初心者なので、糸の使い心地はよくわかりませんが、今は布を縫い合わせるのに使っていますが、問題ないです。そして、一番いいのは、デパートで買えることです。なくなってもすぐに買いにいけるというのが便利でいいです。さらに、いろんな色の種類があるのもいいです。

それにしても、ドイツの糸が日本のパッチワークをする人の間で有名だなんて意外でした。ただ、不思議なのは、日本で買ったほうが、ドイツの値段より安いか同じくらいなことです。なんでだろう?ドイツは消費税が高いから??
c0212741_1703758.jpg

[PR]

by rudern | 2013-03-05 17:09 | 手芸 | Trackback | Comments(0)