カテゴリ:おでかけ( 49 )

ウクレレの集い

先日、お友達に誘われてウクレレの集いに行ってきました。

友達はギターが趣味で最近ウクレレにも興味があるとのことで、このウクレレの集いも以前行ったことがあり、とても楽しかったので、私にも声をかけてくれました。私はウクレレには興味がなく、ウクレレと言ったら、牧伸二くらいしか思い浮かばないくらいなので、行っても楽しくないかもと思い、乗り気ではありませんでした。

でも、毎週テニスの試合が続いていてしかも負けてばかりでストレスたまっていたので、気分転換に行ってみました。

思ったよりたくさんの人が来ていてびっくり。ウクレレ持参してる人も多かったです。
c0212741_17485887.jpg



来てる人は主に中高年でしたが、中にはウクレレ持参してる高校生くらいの男の子たちもいました。

前半はみんなで一緒に歌ったり、演奏して、後半はコンサート。

前半の曲も、誰もが知ってる曲ばかり。サイモン&ガーファンクルの明日に架ける橋やジョン・デンバーのカントリーロードやクィーンの曲など懐かしいものばかり。日頃のストレス発散とばかりに熱唱しました。

後半のコンサートも知ってる曲が多く、ウクレレでこんな曲も演奏できるのねと意外に思った曲ばかり。ウクレレなのでハワイアンな曲ばかりだと思っていましたが、そうでもなく、思ったより楽しいコンサートでした。

なので、しっかりCDも購入。家でリラックスしたいときに聴いています。

今回、ウクレレの集いに行って、興味がないことでも、意外に楽しめることもあるとわかったので、これからは、あまり興味がないことでも時間があれば、どんどん出かけてみようと思いました。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-15 17:55 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

牡蠣やムール貝を食べる旅

夏ごろからずっと牡蠣が食べたくてしょうがなくて、Rがつく月まで我慢とか思っていました。

生牡蠣を食べにフランスまで行けないので、というかもうドイツ、オランダ、ベルギー、フランスと4カ国の高速道を走り続けるのは本当に恐ろしいので、隣国オランダに生牡蠣を食べに行くことにしました。

牡蠣のことを考えていたら、欲張りなので、ついでにムール貝も食べたくなってきました。

一昨年オランダでもムール貝を食べたのですが、フランスで食べたときのような感動もなく、やっぱりオランダ人が調理するのとフランス人が調理するのは違うのだと思ったのです。

なので、ムール貝もせっかくならおいしいムール貝料理が食べたいと思い、ベルギーに食べに行くことにしました。きっとベルギー人ならオランダ人よりおいしくムール貝を料理してくれるはず。そんな気がして、生牡蠣は調理しなくていいので、新鮮なものをオランダで食べて、ムール貝はベルギーのレストランで食べるという計画を立てました。

牡蠣の養殖で有名なのはオランダのゼーランドのYersekeです。

ここはベルギーとの国境ともそんなに遠くないです。アントワープが近いです。

ということで、Yerseke とアントワープの中間くらいにあるオランダの街、Bergen op Zoom (ベルヘンオプゾーム)という街に宿泊して牡蠣とムール貝を食べる旅の計画を立てて、先月行ってきました。





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2016-01-13 07:31 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

買い物はオランダでなくてもベルギーでもよい

月に1回はオランダに行きたいと思っていたので、去年はしょっちゅうオランダのどの町に行くかネットで調べていました。

アムステルダムやゴーダ、デンハーグ、デルフトなど行きたい街はたくさんあるのですが、日帰りでは遠すぎるので土曜日に日帰りで気軽に行けるドイツ国境付近の街をあれこれさがしてはでかけていました。

ネットで調べるときは、オランダ、買い物というキーワードを入れていました。

そして、去年、いつものようにオランダのどこに行こうか調べていたら、とあるサイトに出くわしてしまったのです。

そこには、オランダに買い物に行くドイツ人は多いけど、昔に比べると、それほどオランダがドイツより安いわけではなくなっているし、ドイツに売っていないものを買いたいのなら、なぜ、ベルギーに行かないのですか?ベルギーのスーパーにもドイツのスーパーにないものが売っているし、ドイツより安いものもある、そして、なによりベルギーのいいところは食べ物がおいしい。だからオランダでなくベルギーに買い物に行くことを薦めると書いてあるのです。(これを書いた人も私と同じ州に住む人でお隣の国がベルギーがオランダなのだと思います。フランスに近い州なら間違いなくフランスをおすすめされてたでしょうが、私の住む州には選択肢がオランダかベルギーしかないのです。残念ですが、、、。)

そういわれると確かにそうだと、単純な私は納得。

オランダの食べ物はドイツとそう変わらないし、やっぱり食べることが好きなので、久しぶりにおいしいものが食べたくなって、知らないドイツ人の意見に従って旅の目的地を久しぶりにベルギーにしてみました。

最近オランダばかりでちょっと飽きてきたので、ちょうどよかったです。

ベルギーへの旅については、また後日、ブログに書こうと思います。






にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-01-11 22:17 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

久しぶりの秋晴れ

今日は天気がいいだけでなく気温も上がりました。

こんな日は外に出て太陽を浴びたくなるドイツ人の気持ちがようやく理解できるようになってきました。

家にいるのはちょっともったいないくらいのいい天気。でもすることがいっぱいあったので、でかけたのは用事がてらちょっとだけでした。

でも週末もいい天気だったら久しぶりにちょっと遠出してみたいです。できたらオランダまで。もう3ヶ月近くオランダに行っていないので、久しぶりにオランダに行きたくなってきました。

c0212741_1403487.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-10-28 01:42 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

かぼちゃだらけの農園

2015年、happyハロウィン!私の楽しみ方

家庭菜園のズッキーニやかぼちゃに注意と放送していたテレビ番組で、2週間ほど前にかぼちゃについて放送した回があったのですが、その時かぼちゃがいっぱい飾られている農園が映っていてすごく気になりました。

ドイツのテレビ番組は日本の番組と違って、お店とかレストラン情報とかていねいに紹介してくれません。日本ならお店の住所、電話番号。さらには営業時間まで教えてくれるのに、ドイツではそれがほとんどありません。気になったら、自分で調べるしかありません。もしかしたらテレビ局に問い合わせたらすぐに教えてくれるのかもしれませんが、電話でドイツ語で問い合わせる勇気がありません。それにインターネットのおかげで結構簡単に検索して見つけることもできるようになったので自分で調べてみました。

この農場がどの町にあるかだけは番組で紹介していたので、グーグルで街の名前とかぼちゃ、農場と入力したらすぐに見つけることができたので、さっそく行ってきました。
c0212741_20575752.jpg

テレビでみたとおり、どどーんとかぼちゃが並んで、きれいにデコレーションされています。

c0212741_2101548.jpg

いつか自分の家もこんな風にかぼちゃを飾ることもあるかもしれないので、参考になるかと写真撮影。
c0212741_2103031.jpg


なんだかかぼちゃ王国という感じ。
c0212741_20581835.jpg

外には、ハロウィンの飾りにぴったりな大きなかぼちゃがならんでいます。ドイツではもともとハロウィンの風習はないのですが、最近は少しずつ取り入れられてきているようにも思います。

店内はいろんな種類のかぼちゃが売られています。ハロウィンの飾りのためのかぼちゃをくりぬく道具も売っていました。
c0212741_20584294.jpg

ドイツでよく売っている品種のほっかいどうも数種類ありました。

とりあえず、2個買いましたが、おいしかったら、また買いに来ようと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2015-10-24 05:04 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

夏の旅行。車での長距離移動は疲れました。

すっかり秋になっていましましたが、夏に南ドイツに旅行に行ったことを記録しておこうと思います。

南ドイツまでは車で移動。ちょうど夏休みの真っただ中だったので、ドイツだけでなく北欧やオランダから来た車でアオトバーンは渋滞。ここのところ、車で出かけるのはオランダばかりで1時間も走るとオランダに入るのでそこからは制限速度が時速130kmになるので、爆走する車に出会うこともほとんどなく気も楽だったのですが、ドイツをひたすら南下する間にいったいどれだけの爆走する車をみて恐ろしい気分になったことか。外国から来てる車はせっかくほぼ無制限のドイツにいるときくらい思いっきり飛ばしてみたいという気持ちになるのか、それとも長距離移動でできるだけ早く目的地に到着したいからなのか、みんなどんどん飛ばしていて怖かったです。隣の車線をすごいスピードで車が通り過ぎるだけで夫の車が吹き飛ばされるかと思うくらいでした。それに夫の車は古いので飛ばすと車が壊れそうなのでできるだけ120キロで走るように指示。


さらに夫の車は冷房も入らないくらい古い車で、真夏の長時間の旅はちょっとした罰ゲームのようでした。ただでさえ冷房が入らず暑いのに、渋滞で車がどうにかなったようで、一度暖房まで入れられて、顔に熱風が当たって、もうまさにサウナのようでした。そして夫に対する怒りがどーんとこみあげました。

いつももう少し新しい車に乗り換えようとか、夏の長旅はせめて、レンタカーにするか電車で移動したいと頼んでいたのに、冷房のない夫の車で出かけて8時間もサウナ状態の車に閉じ込められての移動です。おまけに顔に暖房の熱風を当てられて。。。。

夫には、「あんたはこのおんぼろ車にしか乗ったことがないからこれが普通だと思ってあまり気にならないだろうけど、私なんてお父さんの動く応接間みたいな豪華な車(ウソです)に乗り慣れているから冷房もなくてテレビもなくて座り心地の悪いシートのこのおんぼろ車なんてとてもじゃないけど耐えられないのよ。」と言うと、それなら自分で車買えばというのです。腹立たしい。免許がないので、車買っても乗れないのです。免許あったとしても車運転できないし。でも悔しいので、「じゃあ車買うけど、ピンク色で車の中も外もハローキティちゃんでいっぱいの車か青色で中も外もシャルケ04仕様の車にしてやる(夫はサッカーが嫌いなので。)、そしてあんたが車に乗るたびにレンタル料もぶんどってやるからな」そんなことをいいながら、ただでさえ暑くてイライラするのに、夫の車がぼろいし、運転はあらいしで、イライラしてとんだ1日でした。朝9時ごろ家を出て、宿泊先についたのは、夕方6時を過ぎていました。1日目からまったく楽しくない旅です。

途中で無理やり立ち寄った街、ウルムで撮った大聖堂の写真です。アオトバーンの途中でやたらとウルムまで何キロと言う表示があって気になり、せっかく南ドイツまで来たのだからちょっとウルムによって、有名な大聖堂を見ようかなと思ったのです。
c0212741_4473692.jpg

想像していたのと全然違っていました。

こんな大きいとは思ってなくて、ただ高さだけある大聖堂だと勝手に想像していたのです。

夕方の4時を過ぎていたし、まだ目的地まで1時間以上あるようだったので、外から大聖堂を見て写真を撮っただけでウルムの街をあとにしました。

今度また南ドイツに来た時には、半日か1日かけてじっくり観光してみたいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-10-03 04:57 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

秋晴れの朝市でお茶とランチ

昨日の土曜日は秋晴れで家にいるのがもったいないと思ったので、朝市に行ってきました。

お天気のいい土曜日だったので、朝市が開催されている広場は人でいっぱい。

きのこなどの秋の味覚もいっぱいで見て回るだけでも楽しかったです。

夫が迎えにきてくれることになっていたので、ちょっと重いものも買ってみようかとかぼちゃや瓜みたいなキュウリや卵にとうもろこしなどを買って、気がつくと荷物がどんどん重くなって朝市の広場で立って夫を待つのがしんどくなったくらいです。

ちょっとカフェで座って待ちたかったのですが、土曜日のお昼すぎなどどこもお店がいっぱいだろうしと、本屋の店内にあちこち置かれている椅子に座ってぼんやりしながら時間をつぶすことにしました。

30分ほど本屋で座って時間をつぶしたあと、夫が1時ごろには来れると言っていたので1時ごろ朝市の広場に戻ったのですが、まだ来れないというので、しょうがなく、最近、店を始めたばかりのコーヒーやケーキ、パンを売るスタンドでコーヒーを頼んで座って待つことにしました。

これまで朝市に来ることがあっても買い物をしてそのまま家に帰っていたので、朝市でお茶をするなんて初めてのことですが、結構気持ちがよかったです。買い物したあとさっさと帰らず、ちょっと一人でお茶して帰るのもよさそう。カフェと違って、気軽に一人で座って飲んで帰れるし。夏と違って暑くもないし、ハエもスズメバチもこないし、快適でした。

やっと夫が着たころには、おなかがすいてきたので、ついでに、朝市の魚屋さんで魚料理を食べることにしました。みんなが注文してる魚のフライがおいしそうだったので同じものを私も注文。衣がさくさくでおいしかったです。いつも朝市ではなぜか魚屋さんで何か食べる人が多くてすごい混んでいます。みんな白ワインと一緒に魚料理を食べています。一人でワインを飲みながら魚料理を食べてるおばあさんも結構いました。

ドイツ人って魚は高いのであまり食べないという印象があったので、魚屋さんに行列ができて、みんな魚料理を注文してるのは意外でした。でもよくく考えると、レストランで魚を食べることに比べると朝市の魚屋さんではお手ごろ価格で魚料理が食べれるのだと気づきました。

実際、私は魚のフライにディルのソースをかけたものを、夫は魚のフライにじゃがいも料理を添えたもので、二人で12ユーロほどでした。気軽にお手ごろ価格で魚を食べたいときには朝市はいいかもしれません。

これまでも旅先で朝市に行くときは、野菜や果物を買う代わりに朝市で軽く何か食べていましたが、これからは、普段の買い物で朝市に行くときも、お天気がよくて、時間があるときは、お茶をしたり、お昼ごはんを食べてみようと思います。冬になると寒すぎて、外でお茶や食事という気分になれそうにありませんが、お天気がよければ、今の季節はちょうどいいです。

(たくさん買いすぎて荷物が多かったので、写真撮り忘れました。)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-09-27 19:03 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

涼みに行ったはずが、、、。

週末も猛暑で家の中は冷房どころか扇風機もないので、どこか涼しいところに連れて行ってくれと夫に頼んだのですが、涼しいところが浮かばないといわれ、そのうえ、ケーキでも買ってこようかというのですが、私はもともとそれほどケーキが好きなわけでもなく、しかもこの暑いときにケーキなんて食べたら、口の中が暑苦しくなってしまいそうでいやだったので、ケーキを買ってきて家で食べるのではなく、涼しげなカフェでお茶でもしようと、ネットで見つけたガーデンなんとかと書いてあったカフェに行ってみました。

ガーデンなんとかと書いてあったので、てっきり涼しげな庭園の中のカフェをイメージしてたのです。

が、ガーデンなんとかというのは、ガーデンセンター、というか園芸センターのことでその中のカフェということだったのです。

園芸センターの中は、植物がいっぱいなので、涼しげな感じはちょっとだけしました。夫がケーキを注文したので、私は食べるつもりはありませんでしたが、目の前で食べられると自分も食べたくなる、ちょっといやしい性格なので、食べたいケーキもなかったのに、バタークリームのケーキを注文。
c0212741_20381255.jpg

ガーデニングセンターは壁も天井もガラス張りだったので、天井から陽がさしてきて、ケーキを食べてる間に、どんどんバタークリームが溶けてきて、とても暑苦しかったです。涼しいカフェでお茶なんて思っていたのに、温室みたいなところのカフェに行ってしまって、大失敗です。

それから、暑い日はケーキはちょっとくどすぎますね。こういう日は冷たい麦茶に煎餅とかが良いわと思いました。あとはカキ氷。実家に子供の頃からあるカキ氷を作る道具があったのですが、これは今度ドイツに持ってこようと思います。あとは、果物を凍らせて食べるというのもいいかもしれない。

今日も暑いですが、この暑さいつまでつづくことやら。。。。7月に入ったばかりですが、すでに夏バテ気味です。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-07-07 20:42 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

一人で街歩きは楽しい

久しぶりに一人で電車に乗ってミュンスターまで行ってきました。

夫が一緒だとすぐ機嫌が悪くなるので、いろんなお店に寄って好きなだけ見ていたりということができないので、一人で気楽に好きなだけお店を見て回ったり、あちこち街の中を歩き回りました。

私の住む街にはないようなおしゃれなお店がいっぱいあって、何度も来ているわりに入ったことのないお店や新しいお店もたくさんあり、何も買わなくても見て歩くだけでも楽しかったです。

ただ、自転車が多すぎて、オランダ並みに多くて、かなり怖いです。
c0212741_6271361.jpg

そして、有名なプリンチパルマルクトの道路は石畳なので、つい歩行者天国かと思って道路のど真ん中を歩いてしまいそうになりますが、バスやタクシーが通って、ああ、ここは車道だったと気づくのです。

ミュンスターへは一人で気分転換によくやってきましたが、お友達と一緒に来たこともあり、街歩きをするたびに、ああ、ここでだれとお茶したとか、お昼を食べたとか、思い出しながら歩けるのもいいです。

よく考えるとお友達とどこかの街に行くというのはめったになく、一緒に行った場所は全部ミュンスターだったりします。まあそれくらい、このあたりに素敵な街はミュンスターくらいしかないということなのかもしれませんが。

日本から遊びに来てくれた友達とも、ブロ友さんとも、こっちで知り合った友達とも、学校が一緒の人たちとも、ミュンスターに来ています。なので、街のあちこちでいろいろなことを思い出してしまいました。

それに人じゃないけど、アー湖に住んでいた黒白鳥のPetraさんのことも思い出しました。今は別の街に住んでいるそうですが、とても有名な白鳥で、アー湖の白鳥ボートのことが大好きでいつもそばに寄り添っていたそうです。人気者だったので、私がアー湖に行ったときも、通りがかったおばさんたちが持ってた食べ物を揚げていました。それに、白鳥ボートとPetraさんのことも通りがかったおばさんが教えてくれました。ミュンスターの人はPetraさんにまたミュンスターに戻ってきてもらいたいようですが、Petraさんは別の町で同じ白鳥たちと仲良く暮らしているそうなので、そのほうがいいのでしょう。

2万歩も歩いて十分にミュンスターの街歩きを堪能して家に帰りました。でも、また、近々来たいな。今度も一人か、お友達と。夫とはごめんです。街歩きは女同士、もしくは一人がよいです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-06-25 21:49 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

ケルンで美術館 Museum für Angewandte Kunst Köln

今日は天気がよかったからか、街にはいつもより人が多かったような気がします。

そして、なんか朝からサッカーのサポーターの集団みたいな人たちがあちこちにいて、朝市の広場にも、その場に似つかわしくないサポーターの男性の集団がいました。よく見ると、というか話している言葉を聞くとイタリア人のようです。

街中のあちこちで大声で騒いでいたようで、チワワをつれたご婦人が地下鉄の駅のホームで、あまりの騒々しさで犬が心臓発作を起こしかけたみたいなことを言ってました。たぶん、私のドイツ語の聞き違い?

さて、もう2週間ほど前のことですが、ケルンに行ったときのことです。

普段あまり美術館には行きませんが、ケルンで1日一人で外をふらふらするのも疲れそうなので、美術館にも行ってみました。

以前、チョコレート博物館と駅前のローマ・ゲルマン博物館に行ったし、絵画に興味があまりないので、家具や食器などを展示している Museum für Angewandte Kunst Köln に行ってきました。ホームページはこちらです。

この美術館、日本語でなんと訳すのかわかりせんが、応用芸術美術館という表記をみつけました。

この美術館は、常設展が家具、食器などの展示で、それ以外にも数種類の展示会場があり、入場料も別々でした。2種類組み合わせると安くなったりとかでしたが、見たいものが家具と食器だけだったので、常設展のみで6ユーロの入場料を払いました。

この日はケルン市民なら常設展が入場無料になる日で、ケルン市民でなくて残念でした。なので、他の人は無料だけど私は6ユーロも払ったので、しっかり見ようといつもより時間をかけてじっくり見学。

普段は入場料がもったいないくらいのスピードでささっと館内を移動するだけですが、今回はじっくり、しかも2周しました。


展示は古い物から新しいものという年代順に展示されていて、古いマイセンやフランスのルーアン焼やオランダのデルフト焼の陶器の展示が興味深かったです。

なかでも、ウエッジウッドのジャスパーの陶器で1700年代終わりごろのものが展示されていたのが印象的でした。そんな古くからあるシリーズとは知らなかったので、、、。

あと、一番気に入ったのは、マイセンのアールヌーボーのクロッカスと言うシリーズ。クロッカスの花のようなほっそりとした形のカップとポットがとても素敵でした。やっぱりマイセンはいいですね。

あと、学芸員の人お勧めの現代のコーナーで見つけたimac 。ほしいと思っていたパソコンだったのでとても懐かしかったです。

結局2時間ほど時間をかけてみました。家具や陶磁器などに興味があると楽しめる美術館だと思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-03-19 03:49 | おでかけ | Trackback | Comments(0)