カテゴリ:その他( 230 )

長寿の祝いと迷信

母の長寿の祝いの件でそろそろ弟にメールか手紙を出して、レストランの予約をしなくては
と思っていたのですが、母から気弱なメールが来ました。

最近調子も良くないし、長寿の祝いをしたとたんにお迎えがくるみたいなことがよくあるので
祝いたくないとのこと。

確かに母はこれまでも、長寿の祝いはしないほうが長生きできると信じていて、祖母の祝いも
していなかったような。セーターか何かプレゼントするくらいで大きな祝いはしていません。

うちは家族が少ないので祝いといっても、家族4人で食事会なのですが、それでも、
不安そうなのでお食事会はしないことに決めました。

ただの迷信かもしれませんが、気にする人には実際に起こりそうな気もするので、
何もしないのがよさそう。

母にはまだまだ元気でいてもらいたので、弟の都合がいい時があれば、いつも通り
近所にご飯を食べに行く程度にしようと思います。

母も見た目は年齢より若く見えて、水泳も頑張ってるので元気そうですが、
病院で言われたことがいちいち気になるようで、最近は、高血圧だとか
不整脈だとかそんなメールばかりです。

高齢になると誰でもそうなのかもしれません。

家が近所なら、ちょこちょこ立ち寄って、様子をみれますが、メールだけなので
ちょっと心配。

父が病気になってからは1年に1回の一時帰国してますが、そろそろ1年に
2回くらいのペースで帰ったほうがいいのかもしれないと思い始めています。





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2016-04-07 19:46 | その他 | Trackback | Comments(0)

弟とのつきあいが難しい

つきあいとは言わないのかもしれないけど、なんと言ってよいのか???

今年は母は長寿の祝いの一つにあたる年なので、家族でお祝いでも
しようと思いつき、母にメールしてみました。

でも、よく考えると、母本人でなく、家族である弟と相談すべきだったと
気づいたのです。

ただ、弟とはあまり交流がなく、子供の頃からよく喧嘩してて、こういう
時に弟になんと連絡してよいのかわかりません。

母はものはいらないので、食事に行くのがいいというので、そうする
つもりなのですが、弟はあまり外食が好きでない。

そして、店選びも勝手にしてしまっているのですが、自分がその店
に行きたいだけなんじゃないかと弟に思われそうで、、、。

実際そうなんですが、家から車で20分ほどだし、とすでに弟に
車を出してもらう気でいるところもちょっと厚かましい、、、。

接客も料理もいいらしいというので、せっかくのお祝い事なので、
ここがいいのですが、決めてから弟の相談って、それはもう相談じゃ
ないという感じが自分でもしています。

弟は仕事も忙しいし、年老いた両親を押し付けたような形になって
しまってちょっと弟から恨まれてるような気もして、なんとなく、
兄弟の関係がよけいにぎくしゃくしているわけで、そんなときに
のんきに母の誕生日においしいお店でお食事会をと明るく相談
できなかったりします。

母から弟に言ってもらうのが楽なのですが、祝ってもらう本人から
言うのも変だし、ここは、お手紙作戦か会社の忘年会のお知らせ
みたいなものを作成して送りつけようかと思っています。

こんなとき、妹か姉だったら、もう少し気軽に相談できたんじゃな
いかと思ったりしてしまいます。

幼稚園に入るまで弟は、「お姉さんが女の子だから私も女の子」
とか言って、自分が男だとは思っていなかったのですが、幼稚園に
入って、自分が男だと気づいてしまって、こんなことなら、
ずっと女だと思ってくれていたほうが、女同士、いろいろ話やすか
っただろうなあなんて、とんでもないことまで思ったり。

姉、弟でも、もっと仲のいい兄弟はいるだろうし、うちが単に仲が
あまりよくない兄弟ということなだけなのかもしれませんが、本当に
弟との付き合い、というのか、関係、難しいです。








にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-03-23 23:23 | その他 | Trackback | Comments(0)

長旅おつかれさま.

去年の一時帰国でやっとお雛さまを持ってくることができました。

母が人形供養に出そうと思っていたようなので、ドイツに持っていくので
それだけはやめてほしいとお願いしていたのです。

とりあえず、今回はお雛さまとお内裏さまだけです。

立派なものではないのですが、母方の祖父母からの贈り物なので
これだけは簡単に手放したくはなかったのです。

祖父が援助して買ってくれたピアノは父が病気になって介護ベッドを
置くなどして家が手狭になってきたときに、母が処分してしまいました。
それがとても残念だったので、お雛様だけは祖父母の思い出として
残しておきたかったのです。

でも、ピアノは運よくピアノ教室の生徒さんの練習用ということでひきとって
もらえたので、長年弾くことがなかったピアノもやっと誰かに弾いてもらう
ことができるので、それはそれでよかったと思います。

そんなわけで、ドイツまで手荷物にいれて持ってきたお雛さまを飾って
みました。


今年のひな祭りは久しぶりに私のお雛様と一緒です。

人形だけ持ってきたので、置く場所がなく、ちょうどいい大きさだったので
人形を入れてきた箱の植えに乗せて飾っています。

今度の一時帰国では大阪のまっちゃまちに行ってちょうどいい台とかぼんぼり
とか買ってこようと思います。

母は引越しのたびに、人形ケースとか雛人形の小物とか少しずつ処分してしまった
ようなので、実家にも人形しか残っていないよう、、、。ちょっと悲しいです。

c0212741_2024393.jpg


ずっと箱にしまってあったり、飛行機の長旅で髪の毛がぼさぼさですが、あまり
いじって壊れたらいやなので、そのままで。

今日は一人で、おひなさまとお内裏様とひな祭りを祝おうと思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2016-03-03 20:06 | その他 | Trackback | Comments(2)

長い間はいていない靴を久しぶりに履くと、、、、

トヨタ博物館での出来事です。

本館を一通り見学して、トイレ休憩をして出てきたら、母が、「靴の底が外れてしまった」というのです。みたら、底の部分が一部がぱかっと剥がれてしまっています。

歩くたびに靴底が剥がれてぱかぱかするので、夫が持っていたガムをかんで、接着剤代わりにつけてみましたが、全然役に立たず。

歩くたびにぱかぱかするので、新館には行かず、玄関ロビーで母は一人で座って待つことにしました。

なんでも、天気が悪くなるというので、もともと履いていこうと思っていた靴をやめて、雨にぬれてもいいように、何年も履いていなかった靴を履いてきたようです。

ハイキングの時には紐を常に持っていって、靴底が外れたら靴に巻くようにと言われていたようですが、今回はそんな紐も持ってきていなかったようです。

そういえば、以前、知り合いの人が、阪神大震災のときに、ボランティアをするために神戸まで歩いて行こうとして、何年、それどころか10年以上はいていない靴を履いて歩いていたら、どんどん靴が分解していって、とてもじゃないけど、神戸まで歩けない状態で、一人家に引き返したと言っていましたが、本当に何年も履いていない靴を久しぶりに履くときには気をつけないとと思いました。

それに、昨年、アシックスのウォーキングシューズを買ったときに、普通の靴は革靴を買うのですが、ウォーキングシューズだったので、合成皮革にしてみたのですが、合皮は履かなくても劣化していくので、ちゃんと履いてくださいとお店の人に言われたことを思い出しました。わかりませんが、皮の靴より、合皮のほうが、何年も履いていない場合、底がはがれたりしてしまうのかもしれません。

底がはずれかけてぱかぱかした靴では歩けないということで、トヨタ博物館のあとは、母の靴を買いに名古屋に戻りました。

幸い、博物館を出たら、雨も降っていなかったので、なんとか靴をパカパカさせながらでも歩くことができてよかったです。

そして、名古屋に戻って、歩きやすような靴をすぐに見つけられることができたようです。母は、足の大きさも普通サイズで幅も普通なので、靴選びは簡単ですが、私は、足は小さいけど、かなりの幅広なので、こんな場合すぐに履く靴が見つかる可能性は低いので、大変困ることになりそうです。

そんな出来事があったので、実家に置きっぱなしになっている10年履いていない靴は思い切って処分しました。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2015-11-29 22:45 | その他 | Trackback | Comments(2)

おしゃれな地区のアルトバウ

アルトバウと呼ばれる古いアパートが立ち並ぶ、人気の地区でひときわ目立つアパートを見つけました。

c0212741_2156549.jpg

外観が私の好きな紺色。金色のアクセントがゴージャスな感じを漂わせていました。

どんな人が住んでるのかなあ、とか、私も住みたいなどと思いながら、写真撮影。

ここは、市の中心部にも近いし、素敵なアパートが多いので、人気があり、家賃も高いです。

なので、ドイツ人の友達に、あの地区に住みたいというと、決まってみんな、いいけど、家賃が高いし、車を停めるところを見つけるのが大変だと言います。

私は車を持っていないので、車を停める場所が見つからないのはどうでもいいのですが、家賃が高いのはちょっと大変。

知り合いの60代の男性がこの地区に住んでいて、素敵な地区に住んでいるんですね、というと、この地区が好きだから住んでるんだとおっしゃっていました。

普段、その男性の名前を忘れて、早期定年退職した人と呼んでるときがあって、普通の地味なおじさんなのですが、、そのときはちょっとそのおじさんが素敵に見えました。うちの夫はそういうタイプでなく、素敵な地区は高いから、家賃の安い素敵でないところに住んでても、平気などころか大満足できるタイプだし、、、、。

私も家賃と相談して家を決めるのではなく、好きな地区に住めるように頑張って働きたい、、、、。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2015-11-21 06:08 | その他 | Trackback | Comments(0)

着物?

たまたま通りがかったショーウィンドーに飾られていたドレス。

c0212741_21422845.jpg


着物で作ってあるようで、模様もきれいに合わせていて見とれてしまいました。

私の身長では着こなせないデザインです。そして今の体重では太すぎて着ることすらできません。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2015-11-19 21:52 | その他 | Trackback | Comments(2)

泥棒??

今日、夜出かけるときに、用心のため、部屋の電気をつけたままでかけたのですが、
数時間後に帰ってきた時、家の前に来て、ふと自分の部屋を見たら、つけてたはずの電気が消えていて部屋が真っ暗。

なんでだろうと思って、泥棒だったら嫌なので、電球が切れたのかもしれないと思いながら、部屋に入ると電気のスイッチが切ってあり、つけると電気がついたのです。

でも、荒らされた様子もなく、現金は全部持って出かけたし、貴重品も置いていないので、取られるものも元からないのですが、とても気持ち悪いです。

玄関の鍵もちゃんとしまっていて、夫はまさに秘密警察のしわざと同じだというのです。

確かに旧東ドイツの秘密警察はどうやってか知りませんが、家の人が留守中に忍び込んで、洗面所のタオルを交換したりして、「今朝、洗面所のタオルはピンクだったはずなのに、なんで水色のタオルがかかってるの??」とその家の住人を混乱させることをしていたそうです。フランス映画のアメリでもアメリが似たようなことをしていましたが。

気持ち悪いので、玄関ドアを交換するか、ビデオで侵入者がくると、メールだかなんだかで知らせてくれる装置を買うかしたほうがいいのかと思っています。

何も取られなくても、留守中に他人が家の中に勝手に入っていると思うと怖いです。

電気をつけっぱなしで出てきたつもりが、うっかりいつもの癖で消して出かけてしまったのかもしれませんが、、、、。

最近、日が沈むのが早くて、泥棒が多く、空き巣対策の番組をよく見かけるので、余計に気になります。

テレビを見ていても、高級住宅地だけでなく、普通のアパートにも結構泥棒が入っているようだし、しかも泥棒はたいてい東ヨーロッパからやってくるようで、わざわざそんな遠くからやっていて、金目のものもなさそうな家に入って、いったい何を盗んでいくんだろうか?といつも疑問に思っています。

そして、金目のものがない私の家にやってきて、わざわざ鍵をかけて出て行くって何が目的なんだろうか?本当に気持ち悪いです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2015-11-19 05:51 | その他 | Trackback | Comments(2)

傘寿

もうすぐ伯母の80歳の誕生日です。

父の姉ですが、父の兄弟はたくさんいたのに、今は伯母ひとりだけ。父が亡くなった数時間後に父の一番上の姉のもう一人の伯母も亡くなったので、伯母は3日間休まず、姉と弟のお通夜とお葬式と関西と九州を行ったりきたり。伯母にはかなり辛かったと思います。

それに父が病気のときも、いい病院を見つけたら教えてくれたり、がんに効くという食べ物を調べては送ってくれたりと父のためにいろいろ気を使ってくれただけでなく、そのうち、父のことが気になって眠れなくなってしまったくらい心配してくれた伯母なので、お礼も兼ねて、何かお祝いをと考えています。

80歳は傘寿なので傘がいいのかもしれませんが、80歳にもなるともうすでにいろんなものを持っていてもう何も新しいものなどほしいとも思わないような気がします。

もともと伯母は物欲とかなさそうで、節約して家にあるものを再利用していろんなものを作ったりするのが好きな人のようです。

なのでお花が無難かなとお花の宅配のサイトを見てみると、いろいろありすぎてわからなくなってきました。

白いゆりの花がきれいなんだけど、ちょっとお葬式みたいなイメージもあるし、いいなあと思った鉢植の花はお盆の贈り物にぴったりとか書いてあって、80歳なので、地味だけど上品な花が良いと思っていましたが、それはそれで別の用途に使われるものなので、この際派手な花を贈ろうと思います。
贈り物のセンスはないのですが、ちょっとでも伯母に喜んでもらえたら良いのですが、、、。

カードはすでに購入ずみ。
c0212741_0462482.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-10-21 19:10 | その他 | Trackback

つけまつげ

ドイツのアオトバーンであおってくる黒い車が意地悪そうな顔に見えて仕方がありません。そして、そんな意地悪顔をした車が最近増えてるような気がします。

でも、先日とてもかわいい顔に見える車を見つけました。
c0212741_5181826.jpg

まつげまであってとてもかわいいです。

それから、先週、別のかわいい車を見つけました。かわいい顔に見える車ではないのですが、水色の古いフォルクスワーゲンのビートルです。

車の上に、アンティークっぽい小さなトランクと木でできたかわいい小さな子供用の自転車が載せていて、思わず見とれてしまいました。道路を走って通り過ぎていったので、写真を撮る時間はありませんでしたが、もう一回じっくりみてみたいくらいかわいかったです。

自転車もトランクも飾りとして載せているんだと思うのですが、車にとても似合っていました。

古くてもそんなかわいい車なら、冷房が入ってなくても許せそうです。そして、そんなかわいい車でのどかな田園風景が広がる村のほとんど他に車が通っていないような道をのんびり運転したくなってきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2015-10-12 05:36 | その他 | Trackback | Comments(0)

辞書を見るのがきつい

気がつくと3ヶ月くらいオランダ語の勉強をしていませんでした。

また、オランダ語のクラスの続きが始まったので勉強を再開しましたが、老眼が進んできているようで、辞書を見るのがつらいです。

これまでドイツ語はほとんど電子辞書を使っていましたが、オランダ語は紙の辞書を使っていて、しかも蘭独辞書でアルファベットばかりで文字も小さくてみにくい、、、、。

辞書をひくたびに焦点があわず、文字がぼやけてみえたり、そのうち目が痛くなって頭痛になりそうなくらいです。そんなことを言い訳にオランダ語の勉強は長時間続けてするのが無理でちょこちょこ細切れに勉強しているので宿題も予習復習も全然進みません。

そろそろ老眼鏡を買ったほうがいいのか、それとも遠近両用めがねを作るべきか、悩んでいます。

c0212741_0463418.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-09-24 00:49 | その他 | Trackback | Comments(2)