<   2013年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2週間ぶりの白アスパラガス

旅行前は、アスパラガスの季節にドイツを1週間離れるなんて、
アスパラガスの季節を1週間損したようだと思っていたのですが、
フランスに旅行に行くと、すっかりアスパラガスのことも忘れて、
ドイツに戻ってきてからも、アスパラガス熱は冷めてしまったよう
でした。

でも、シーズンが終わるまでにあと1回は食べたいかなと思い、
昨日、買い物で別の街に行った際、近くの農場の直売の
お店、Hofladenによって、白アスパラガス購入しました。

c0212741_15155896.jpg

お店の入り口には古いキッチンのコンロとお花が飾られていて
かわいい。不便だということはわかっていますが、こんなコンロが
キッチンにあるとかわいいかなと最近、このタイプの古いコンロに
興味があります。単なる飾りとしてほしいくらいです。

アスパラガスは中くらいの太さのものがほしかったのですが、売り切れていたので、
一番太いサイズのものを購入。このお店はその場で皮をむいてくれる
サービスもありましたが、皮はアスパラガスをゆでる時に一緒に入れて
出汁にするので、むいてもらわずに帰りました。

そのお店で超薄切りのおいしそうなハムも売っていたので、アスパラガスに
添えてみました。
c0212741_15162981.jpg

アスパラガスはご飯のおかずにならないし、パンもなんか合わないような気がして
いつもジャガイモを添えます。というかアスパラガスにはジャガイモが一番合うと思います。
ソースはいつもどおり、溶かしバターのソース。

次はてんぷらかフライにして食べてみたいなあ、、、。

今回のアスパラガスは、Hof Niermann (Recklinghäuser Strasse 191,
45731 Waltrop) というHofladenで購入。おいしかったです。
そして、やっぱり、市場で買うより安い。1キロ9ユーロくらい。そして、市場より新鮮。
アスパラガスは新鮮なものがおいしいと思うので、なるべく家から近い農場で買うのが
一番いいと思いました。
[PR]

by rudern | 2013-05-31 15:25 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(2)

将軍、徳川綱吉に謁見したドイツ人の生まれた街、Lemgo

Blomberg に行った日に、私の住むノルトラインヴェストファーレン州のオストヴェスとファーレンリッペ地方にある街Lemgoにも行ってきました。こちらも、州内の人気の街ランキングで8位に入っています。

ドイツ人のお友達の住む街なので、彼女の家に招待されたときにちょこちょこ旧市街地も連れて行ってもらったことがあるのですが、人気のある街と聞き、出かけたついでに、改めて訪れてみました。
c0212741_6273517.jpg

魔女狩り市長の家。豪華の家ですが、1667年より市長をしていたヘルマンコートマンは魔女狩りでたくさんの人を処刑した悪名高い市長だったそうです。その市長のお家です。

そして、この街は江戸時代に日本にやってきて、当時の将軍、徳川綱吉と謁見したことのあるというドイツ人医師エンゲルベルト・ケンペルの生まれた街です。友達の家にはケンペルの旅行記のような分厚い本があり、中に彼の日本での体験なども書いてありました。そして、当たり前ですが、日本までの道のりが長いです。私は正直、飛行機で12時間もつらいのですが、ケンペルはいろんなアジアの国を滞在しながらなのですが、何年もかかって日本にやってきています。私にはとうていできません。
c0212741_6291663.jpg

たまたま入った教会で、訪れてる人に教会内のことをいろいろ説明しているガイドさんみたいなおじさんがいたのですが、私を見て、どこから来たか聞いてきました。どこから来たかという質問をされると、今住んでる街を答えるべきか、日本から来たというべきか悩みます。このときは日本と答えると、おじさんが説明を始めてくれました。
c0212741_6294296.jpg

この教会、聖ニコライ教会はケンペルのお父さんが牧師をしていた教会だったので、中に彼の記念碑があったのです。なので、おじさんは日本人の私にケンペルの話をして、記念碑を見せたかったようです。

c0212741_6303172.jpg

地元の学校、Gymnasium も彼の名前がついていました。
名前もいいけど、建物がすごい素敵ですね。こんな学校で学びたかった。。。
この街は通り名もケンペルの名前がついていたりしました。

この街も魔女狩り市長とケンペル以外は特に何もない街なのですが、人気があるのは
街並みがきれいなのと自然に囲まれているからでしょうか。このあたりも、Blomberg同様に、
トイトブルクの森という巨大な森の近くにあるので、トイトブルクの森をハイキングしながら
近隣のかわいい町に宿泊という感じで人気があるということなのかもしれません。
c0212741_6385462.jpg

c0212741_6392325.jpg

[PR]

by rudern | 2013-05-30 00:49 | | Trackback | Comments(2)

テニスのレッスン

春になると、テニスの季節が始まるようで、いろんなテニスクラブが一日オープンデーのような催し物をしているということを去年教えてもらったので、今年は3月くらいから市内のテニスクラブのホームページをいろいろ調べてオープンデーのあるクラブを探して、2つのクラブを見学しました。

ひとつのクラブは家から歩いていけるところ。比較的大きくて、専属のトレーナーもいて、オープンデーも子供の体験教室が開催されていました。

もうひとつのクラブは地下鉄とバスを乗り継いでいかなければならないところで、ボートクラブの最寄のバス停のひとつ先のところ。規模が小さくて、なんとなくゆるい感じで、地元の中高年の人が少々いて、オープンデーだけど、会員でない人が私しかいなくて、しかも、別に新しい会員探してる様子もなく、私の家がちょっと遠いとわかると、家の近所にもテニスクラブあるでしょってつめたい対応でした。ここのクラブはたぶん、ボリスベッカーとシュテフィグラフが全盛期の頃はたくさん会員もいたけど、今はその後も残って続けている地元の人たちだけで楽しくこじんまりとテニスをしているだけという感じでした。こじんまりとしたところのほうが私もなじみやすいかなと思ったので、ちょっと残念です。

一つ目のクラブは興味のある人は後日レッスンのお知らせをしてくれるということで、先日連絡が来て、今日レッスンに行ってきました。

私以外に2人参加者がいたのですが、一人は欠席。もう一人の女性と二人で、若いコーチに習いました。もう一人の女性は以前、どこかのテニスクラブのチームに入っていたらしく、上手かったです。しかもかなり力もあり、男性並みに強いボールを打っていました。

今日は主にトップスピンの練習。全然できません。フォアハンドも長年のくせがあるのですが、直すように言われました。難しかったです。

たいていもう一人の人と交互にコーチが打つボールを打ち返す練習だったのですが、時々、もう一人の女性と打ち合うように言われると、かなり緊張しました、彼女は力があるので、彼女が打ったボールを打ち返すのは結構大変です。彼女はちょっとゆるめに打ってくれたようですが、それでも、どう見ても、日本人男性より大きそうな彼女の打つボールは男性並みに強かったです。

非力なのはわかっていましたが、ドイツでドイツ人とテニスするのも大変だと改めて実感しました。でも、せっかくテニスをする機会がみつかったので、がんばって続けてみたいです。
c0212741_4532162.jpg

これは、オープンデーの子供体験教室の様子。テニスクラブもボートクラブもドイツでは才能のある子供発掘に力を入れていて、大人の新会員集めにはあまり力を入れてないのだなあと思いました。
[PR]

by rudern | 2013-05-29 04:56 | テニス | Trackback | Comments(0)

雨の日のパリは、、、、。

先週フランスに旅行に行ってきました。計画当初の目的はテニスの
フレンチオープン観戦とロワール渓谷の古城巡りでした。なので、
フレンチオープン開催期間に合わせて旅行を計画し、パリまで
電車で1時間ちょっとの街のホテルを予約したのですが、だんだん
予定が変わってフレンチオープン観戦はあきらめました。
というのも、フランス語が全然しゃべれないうえ、この期間多くの観光客が
パリにやってきて観光客目当てのすりとかたくさん居たらなど、考えていたら
怖くなってきたのです。

でも、どうしてもパリに一日は行ってみたいと同居人が言うので、一日だけ
パリに行ってきました。祝日で雨の日のパリに。。。。

フレンチオープン開催前日だからか、いつもそうなのか、パリは人でいっぱいでした。

とりあえず、凱旋門に。。。
c0212741_0254391.jpg

パリには20年前に旅行に来たことがあります。なので、パリの主要な観光名所は
全部見学済みなので、特に行きたいところもなく、雨ふりで風もきつかったし、祝日で
お店は閉まっているので、できたら、パリには行きたくはなかったのですが、同居人が
どうしてもというので、その同居人にただついて行っただけなので、パリでは1日中テン
ション低かったです。

凱旋門にも以前のぼったことがあるので、同居人に一人でのぼってきたらと勧めて
みましたが、雨で見晴らしも悪いのでのぼらなくてもよいとのことで、写真撮影のみ。
c0212741_0272837.jpg

次にノートルダム大聖堂に行きました。すごい行列ができています。教会好きな同居人は
どうしても中に入りたいそうで、列に並びました。20年前にはこんな行列に並ばなくても
大聖堂にすんなり入れたような気がしますが、、、。
c0212741_0411688.jpg

大聖堂見学後はお昼休憩に、ルーブル美術館すぐ横というか下のショッピングセンターのような
ところのセルフサービスのフードコートのようなところに行きました。ここならお手ごろ価格で
気軽に食べれるのではないかと思っていたのですが、高かったです。フードコートなのに
17ユーロくらいしました。そして人がいっぱい。

このショッピングセンターに来た理由はお昼を食べるためと、紅茶と買うためです。
ここにマリアージュフレールのお店が入っているのです。ここの紅茶が好きで、
20年前も本店で紅茶買いました。
久しぶりにマリアージュフレールの紅茶が飲めるのがうれしいです。


紅茶を買うと私のパリに来た目的は終わりなのですが、まだ帰りの電車まで時間があるので
どこに行こうかと考えましたが、すぐ隣のルーブル美術館もやっぱりすごい行列ができていた
ので、入りませんでした。私は昔旅行に来たときに、見学済みだったので、別によかったのです
が、同居人も特に入りたいという感じではありませんでした。パリといえば、ルーブル美術館で
モナリザを見たいと思わないのかな???

ルーブル美術館にはそんなに興味がなかった同居人が、ポンピドゥーセンターに行ってみたい
というので、行ってみました。
が、やっぱり、入り口には行列が、、、。どうしようか悩みましたが、並んで中に入って見学すると
帰りの電車の時間に間に合わなくなりそうだったので、外側から写真撮影のみ。20年前も
ポンピドゥーセンターの中に入ろうかどうか悩んでやめましたが、今回も中には入れず。。。
c0212741_0331997.jpg
c0212741_034083.jpg

ポンピドゥーセンターあたりを散策していましたが、雨も風もひどかったうえ、人が多すぎて、
気分が悪くなってきたので、予定より早めの電車に乗ってホテルのある街にもどりました。

この日はなんとなくもったいない1日でした。パリってもっと素敵な街のイメージがありましたが、
人が多すぎて、しかも雨の祝日なんかに来たので、あまり楽しめなくて残念です。
c0212741_0362996.jpg

[PR]

by rudern | 2013-05-28 01:07 | フランス | Trackback | Comments(0)

旅行に行っていました。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。コメントのお返事が遅くなりすみません。
1週間ほど、フランスに旅行に行っていました。車で出かけたので、ドイツのアオトバーンだけでなく、
フランスやベルギー、オランダの高速道路も通ったので、怖かったです。でも、フランスの旅は
よかったです。

昨日の帰り道、高速道路で、土曜日にイギリスで行われたサッカーのチャンピオンズリーグ決勝戦
観戦か応援に行ってきたと思われるドイツ人の乗った観光バスや車をたくさんみました。
c0212741_15525315.jpg

途中で寄ったベルギーの高速道路のガソリンスタンドにはドイツ人の乗った観光バスも休憩中で
たくさんのドイツ人がいました。1週間ぶりに太くて大きい男性たくさんみましたよ。

フランスでは太い男性を見かけなかったのです。改めてドイツ人は太くて大きい人が多いと実感しました。何を食べたらそんなに太れるのか気になります。

c0212741_15535781.jpg

ドイツの高速道路のパーキングエリアでみつけた看板?イギリスからサッカー観戦の帰り道と
思しきドイツ人男性たちがこの看板を写真にとっていたので、私も一応写真撮っておきました。
[PR]

by rudern | 2013-05-27 15:57 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

今年の家庭菜園2013

庭を少し耕したので、野菜の苗などを少し買いました。
きゅうり、ズッキーニは去年少しですが、収穫できたので、庭と
相性がいいのかもと今年も育てることにしました。

それから、ほっかいどうかぼちゃ。去年かぼちゃの苗をほとんど
ナメクジに食べられてしまい、収穫ゼロだったので、今年こそ
収穫したいなと思って、、、。

それと、スイカ。これは収穫できたらいいなあくらいであまり
期待していませんが、試しに買ってみました。

苗は小さいうちに地植えしたら、去年、全部なめくじに食べられて
しまったのである程度大きくなるまで、日当りのとてもよいキッチンの
窓辺で、育てるつもりです。

あまり期待していませんが、今年はどれだけ収穫があるのか、
ちょっとだけ楽しみです。
c0212741_2005630.jpg

[PR]

by rudern | 2013-05-26 12:03 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

母が好きな色の花

先日、朝市で庭に植える花の苗を二つ買って、家に戻ってから気づいたのですが、どちらも似たような色。紫色は、母の好きな色です。私は紫よりピンクが大好きですが、年を取って、母に好みが似てきたのかなあなんて、思ったのですが、祖母もそういえば、紫が好きだったので、これって、高齢の女性の好む色なのかなあなんて思ったりもして。。。

c0212741_23963.jpg

c0212741_233759.jpg

[PR]

by rudern | 2013-05-25 16:00 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

宿泊場所

アスパラガス農場に収穫の仕事にやってきている外国から来ている人たちの宿泊場所です。
収穫の仕事の期間はコンテナで二人くらいずつ相部屋で生活していると数年前に
テレビでみたことがあるのですが、実際に見ると複雑な心境です。
といいつつ、そのあとすぐ、アスパラガス食べ放題でおなかいっぱい食べたんですけどね、、、。

c0212741_2213818.jpg

[PR]

by rudern | 2013-05-24 20:14 | その他 | Trackback | Comments(0)

ミュンスターラントのお城めぐり。 Wasserschloss Steinfurt

ミュンスターラントのお城めぐりの続きです。Wasserschloss Steinfurt 。城の内部の見学不可とは知っていましたが、Steinfurt という街も古い町並みが残るきれいな街のようだったし、お城の外観がかなり素敵で大きなお城だったので、外から見るだけでもいいかなと思って立ち寄りました。
c0212741_17183214.jpg

でも、外観工事中なのか、足場が組まれていて、なんか工事中の建物って感じで、お城の正面写真撮りませんでした。それから、ここは、一般の私宅となっているので、敷地内にも入れなくて、一般道や周りの公園からしか写真撮影できませんでした。
別の角度から撮ったお城。
c0212741_17223428.jpg

c0212741_17234678.jpg

お城の入り口の門がある建物。門の建物だけでも私の家より大きい。。。。
c0212741_17165097.jpg

お城の入り口の門。
c0212741_17172477.jpg


たまたま、車で人が入っていきましたが、お城の持ち主の家族なんでしょうか?かなり大きなお城なのに、美術館やホテルなどとして利用せず、普通に住居としてどなたかが住まわれているということなので、かなりの資産家の方が住んでいるということなんでしょうか?お城は維持費も大変なので、お城を相続した人とか結構いろいろ維持するのがたいへんだと聞きます。なので、美術館などにして入場料などの収入を維持費に当てたりするそうなんですが、こんな大きなお城に普通に住んでいる人というのはいったいどんな人なのかかなり気になりました。

インターネットでみつけた、お城の写真のサイトです。
[PR]

by rudern | 2013-05-23 16:50 | お城 | Trackback | Comments(0)

もらいました。

c0212741_0373454.jpg

去年、ボートクラブでこんなバッジもらいました。
一昨年、漕いだ距離が州かドイツのボート連盟の
定める成人女子の漕行距離の500km以上、そのうち
遠漕100kmか150kmという基準を超えたからだそうです。

もらった人はうちのクラブは私以外では女子はあと一人と、男性は5人ほどでした。
私以外の人は毎年もらっていると思います。

More
[PR]

by rudern | 2013-05-22 22:30 | ボート | Trackback | Comments(2)