<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Xanten 観光

先日、私の住むノルトラインヴェストファーレン州でガイドブックに載ってるけどまだ訪れていない街、クサンテン(Xanten)に行ってきました。

ガイドブックによると、"クサンテンはドイツ最古の都市のひとつで、紀元100年ごろ、ローマ皇帝ウルピア・トラヤヌスが居住地として身を落ち着けた場所" だそうです。

クサンテンで有名なのは、考古学公園とローマ式大浴場ですが、考古学に興味ないし、世界史にもうとくウルピア・トラヤヌスって誰って感じなうえ、考古学公園は古代ローマのテーマパークのようだという批判もあるとガイドブックに載っていたので、近くまで行きましたが、見学しませんでした。

ローマ式大浴場も現在も利用可なら行ったかもしれませんが、浴場跡というだけのようでしたので、こちらも見学せず。

なので旧市街をぶらっと観光してみました。

まずは、聖ヴィクトル大聖堂(Dom St. Viktor)。
c0212741_026548.jpg

c0212741_1452289.jpg


クサンテンの旧市街地には市壁や塔門が残っていました。
c0212741_14454650.jpg

c0212741_5261868.jpg

c0212741_526556.jpg


市壁のそばにあった風車。
c0212741_5332669.jpg

1階はビオのお店とパンが売られていました。奥のほうにパン工房があり、ここで挽いた粉でパンを焼いているようです。1ユーロ払うと、上に登ることができます。せっかくなので登ってみたのですが、はしごみたいな階段で、とても怖かったです。
階段を上がった上の階の内部。
c0212741_144113.jpg

外にでると、テーブルといす(ベンチ?)もあり、風車がくるくる回る横でお茶もできるようです。
c0212741_1442326.jpg

風車もすごい勢いで回っていて見てるだけでも怖くて、そんなところで休憩する気にはなれませんでした。
風車の上からみた街の様子。
c0212741_14442524.jpg

登るのも怖かったですが、降りるのはもっと怖くて、後ろ向きにしか降りれないようなはしごのような階段。今後このようなはしごのような階段は登らないようにしようと思ったくらい怖かったです。

市役所。
c0212741_5342945.jpg

広場。 まわりにカフェやレストランが並んでいて、人でにぎわっていました。
c0212741_5351348.jpg

お昼ごはんを食べていなかったので、広場に面したレストランで昼食。
先週から肉を控えようと決めたので、選択肢が少なくなってしまいました。添加物の入ってないものをなるべく選んで、さらに肉を避けると残っているものがほとんどありませんでした。なんとか選んだのは、ベークドポテトのアンズタケのクリームソースかけ。
c0212741_14393621.jpg

クサンテンの街は見所が多いわけではありませんが、レンガ造りの家が多く、木組みの家が並ぶ街並みとは違う雰囲気がありました。市壁なども残っていて中世の面影が残る街でした。
c0212741_1504498.jpg

c0212741_14402039.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-09-06 15:01 | ドイツ | Trackback | Comments(4)

スペルト小麦とアーモンドの飲料

9月になったというのに、昨日は30度くらい気温があがったようです。ちょっと出かけましたが、あまりの暑さに用事を済ませたらとっとと家に戻ってしまいました。

先週、もうサンダルを履くような暑い日はこないだろうと、片付けたところですが、今日、明日と夏のような暑さが続くようです。せっかくなので、どこかに行ってみたいけど、家の片付けもしないといけないので、出かけられるかどうか。。。

さて、私はたまに牛乳の代わりに豆乳やお米の飲料を飲んでいますが、今回はスペルト小麦(ドイツ語ではDinkel)とアーモンドの飲料を初めて買ってみました。
c0212741_14482453.jpg

牛乳や豆乳はいつもコーヒーにたくさん入れて飲むだけなので、このスペルト小麦の飲料もコーヒーにたっぷりいれて飲んでみました。

豆乳より飲みやすいです。最初、粉っぽい感じがしたのですが、飲みなれるとアーモンドが入っているからか、豆乳よりほんのり甘くて飲みやすいです。

日本にいるときは乳製品はほとんど摂取していなかったのですが、ドイツに来てからは、毎日ヨーグルト、チーズ、バター、牛乳を摂取し、料理にも、生クリームなどの乳製品をよく使ったり、アイスクリームをたくさん食べたりと、急激に乳製品の摂取が増えたと思います。それが体重増加にも影響しているような気がするし、健康上の理由からも、これからはなるべく乳製品を控えようと思っています。

なので、これからは牛乳の代わりに、もっと豆乳、米の飲料、そしてこのスペルト小麦の飲料などを積極的に使ってみようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-09-05 14:52 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(2)

Schloss Moyland

日曜日、出かけたついでに寄ったBedburg-Hau という街にあるお城。Moyland。
c0212741_18423241.jpg

外観がとても素敵です。

入り口の階段のところの動物の置物?がなんとなくかわいいような気持ち悪いような。。。
c0212741_179187.jpg

c0212741_1794180.jpg

c0212741_1710088.jpg

c0212741_17102312.jpg

内部は改装されて美術館になっていました。

現代美術を集めた美術館のようで、主に、Joseph Beuys という画家のコレクションがたくさんありましたが、私には全く理解できないものばかり。できたら、美術館になってるより、昔のお城の調度品などを展示してほしかったです。外観があまりに素敵だったので、お城の内部も期待しすぎてしまい、ちょっとがっかりです。

お城の塔に登ることができますが、高所恐怖症の人は登らないよう注意書きがありました。
螺旋階段のくるくるがちょっとめまいがしそうで怖かったのですが、登ってみました。
塔からの景色。
c0212741_17113592.jpg

このあたりは緑も多く、近くにゴルフ場やテニスコートなどあり、なんとなく優雅な感じ。
お城に着いたのが、遅く、美術館を見学し終えたころ、ちょうど閉館時間となり、お庭を見てまわれなかったのが残念。手入れの行き届いた素敵な庭のようです。
c0212741_17135131.jpg

c0212741_17122858.jpg

私が住んでる州は有名なお城などほとんどなさそうに思っていましたが、探してみれば、素敵なお城がまだまだありそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-09-04 18:46 | お城 | Trackback | Comments(2)

たまねぎのケーキ、Zwiebelkuchen

ドイツ料理に日本語に直訳すると玉ねぎのケーキという、Zwiebelkuchenというのがあります。
甘いケーキではなく、キッシュのような感じ。

日本にいる頃、作ってみたのですが、母はたまねぎのケーキと聞いただけで気持ち悪がって味見もしてくれませんでした。

その後、特に理由はありませんが、ずっとたまねぎケーキを作っていませんでしたが、たくさんのたまねぎを農場で買ったので、久しぶりに焼いてみることにしました。ちょうどたまねぎケーキの季節でもあるし。。。

前回は、NHKテレビドイツ語で紹介されていたレシピを使いましたが、今回は、ネットでいろいろ探して、Marions Kochbuch という料理サイトの中にあった数種類のたまねぎケーキのレシピの中で一番簡単そうな基本のものを作ってみることにしました。

このレシピはイースト生地ではなく、小麦粉と氷水、塩、ワインビネガーでこねた生地を使います。
30分冷蔵庫でねかせた生地を広げて、その上に、炒めたたまねぎとベーコンをのせ、その上から卵とCrème fraîche、塩、コショウを混ぜたクリームのかけて、200度のオーブンで35分焼くだけ。
意外と簡単にできました。
c0212741_17542817.jpg

今回はブラウニーの型に入れて焼いてみました。
量は大人二人分くらいしかできず(もしかしたら日本人だったら3,4人分なのかも)、ドイツのレシピにしては少なめな感じ。夕飯に二人で全部食べてしまいました。味は焼きたてだったからかとてもおいしかったです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-09-04 15:14 | 料理 | Trackback | Comments(4)

ビザの更新手続き

10月末で切れるビザの更新のためのアポイントが10月1日に入っているのですが、事情があり、日本に一時帰国しなくてはならないので、予約の日をもっと早くに変更してもらいたくて、7月末に、直接外国人局に訪問してお願いしたのですが、断られ、その後もしつこくメールや電話を同居人にしてもらって、やっと先週アポイントがとれて、今日朝早くにビザの更新手続きに行ってきました。予約の時間は7時15分と受付開始時間の7時半よりも早かったです。緊急のときは時間外に予約を入れてくれることもできるということなのかもしれません。

前回行ったときは、飛行機のチケットを持ってきたら、なんとかできるかもということでしたが、必要なかったです。もう9月だから更新してもよい時期に入っているからなのかもしれないし、緊急で日本に帰らないといけないとアピールしてみたからかもしれないです。

必要書類を提出して、2年間のビザを更新してもらいました。約1ヶ月後に新しいビザを受け取りに行かないといけないのですが、その頃はまだ日本にいることになりそうなので、代わりに以前のようにパスポートに貼るビザをつけてもらいました。

私はビザが切れる10月末以降にドイツに戻ってくる予定なので、ビザが切れたらドイツに戻ってくるのがややこしくなるとすごく心配していましたが、パスポートに貼り付けるビザをつけてくれたので、これでビザの心配をせず、安心してドイツに戻ってこれそうです。

新しいビザは受け取りにくるまでちゃんと保管してくれているので、ドイツに戻ってきたら、取りにいけばいいそうです。私のビザではドイツ国外には6ヶ月以上滞在できないので、6ヶ月以内にドイツに戻ってきたら、何の問題もないとのことでした。

とりあえず、ビザの問題が解決してほっとしています。ビザの手数料、80ユーロ、プラス、パスポートに貼る紙のビザ代30ユーロ、合計110ユーロかかりました。ちょっと高いけど、仕方ないですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-09-03 16:53 | その他 | Trackback | Comments(4)

Burg Blankenstein

ボーフムのHaus Kemnade というお城に行ったついでに、近くにあるHattingen という街にある Burg Blankenstein というお城に寄ってみました。
c0212741_22534659.jpg

お城の近くまで来て、街並みを見たときに、一度ここに来たことを思い出しました。でも、せっかくなので、お城の塔に登ってみました。

お城はレストランになっていて、塔にだけ自由に登れるようになっていました。
c0212741_2255453.jpg

元工業地帯に引越ししてからはこんな緑が多い場所に憧れます。引越ししてくれば不便なところに来たと後悔しそうですが、自然豊かなところでのんびり暮らしたい願望が今はとても強いです。
c0212741_22562935.jpg

c0212741_22553745.jpg

お城の近くにちょっと家やお店が建ち並んでいたので、アイスを食べて休憩しました。
c0212741_2257575.jpg

10歳くらいのときに初めてパフェを食べて気分が悪くなって以来、ほとんど食べたことがありません。アイスと生クリームいっぱいのバナナアイスパフェ。おいしかったけど、やっぱり全部は食べれませんでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-09-02 23:03 | お城 | Trackback | Comments(2)

Haus Kemnade

1週間ほど前、ボーフムという街にあるお城、Haus Kemnade に行ってきました。
今はレストランと美術館になってるお城です。
c0212741_18312438.jpg

美術館に入ってみましたが、今は古い楽器の展示となぜか貯金箱コレクションになっていました。
c0212741_1832032.jpg

どんな音がするのか弾いてみたかったのですが、お手を触れないでくださいという注意書きもなければ、ご自由にお弾きくださいという張り紙もなかったので、音色の確認できませんでした。まあ弾くというより、鍵盤をひとつ押して確認したかったというだけなのですが。。。。
貯金箱コレクションはちょっとだけ面白かったです。

普通なブリキの貯金箱。
c0212741_18345640.jpg

なぜかたくさん展示されていた首から上だけの貯金箱。ちょっと気持ち悪いです。
c0212741_18354392.jpg

鼻が上むいた女の子の貯金箱。
c0212741_18362047.jpg

眠ってる豚の貯金箱。これは普通っぽいですね。
c0212741_1838649.jpg

お城の中では結婚式というか届出婚のお部屋もありました。この日もここで式があったのか、お城の敷地ないで結婚パーティーが開催されていました。
c0212741_18391167.jpg

住んでる街にお城があると、お城で結婚式が挙げれていいですね。一応、住んでいる街以外でも、どこでも好きなところで結婚式挙げていいのですが、よその街で届出婚をする場合、別途料金かかります。ドイツのお役所、何か手続きするたびにお金がかかるような気がします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-09-02 18:42 | お城 | Trackback | Comments(0)