<   2013年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ひさしぶりに日本の紅葉を満喫

先日、お友達と京都に紅葉を見に行ってきました。

ドイツに住むようになってから、一度も紅葉の季節に帰国したことがなかったので、
本当に何年ぶりに日本の紅葉を楽しめると期待。

当日は紅葉にはもってこいのお天気なうえ、日曜日だったので京都はすごい人でした。

今回は、銀閣寺から、哲学の道を通って、永観堂、南禅寺と見て回る予定にしてみました。

銀閣寺に来るのは、高校の修学旅行以来です。昔もこんなにお店が立ち並んでいたのかなあと
いうくらい銀閣寺のあたりはいろんなおみやげものやさんや食べ物屋さんでいっぱいです。
そして、観光客もたくさん。

まずは銀閣寺近くのイタリアンレストランでお昼を食べてから銀閣寺に。
c0212741_2121015.jpg

入場券を買って銀閣寺の境内にはいりましたが、すごい人だかり。
写真を撮るとかならず、人が入ってしまいます。

c0212741_2116381.jpg

c0212741_21142971.jpg

それでも、みごとな紅葉で、人が入ってしまおうがどうしても写真を撮りたくなります。
c0212741_2117944.jpg

c0212741_2118381.jpg


あまりに人が多すぎて、そして写真の撮りすぎで、境内を一周りするのに、時間がかかって
しまいました。


銀閣寺を後にして、てくてく哲学の道を歩きながら、永観堂を目指します。
哲学の道は、南禅寺付近から、銀閣寺まで続く琵琶湖疏水に沿って作られた遊歩道です。
紅葉の季節もいいですが、桜の季節もきれいだそうです。
c0212741_21214333.jpg

この辺りにもいろんなカフェがありました。私たちは、昼食がイタリアンだったし、
京都なので、お茶休憩にはケーキより和菓子が食べたいと思っていたので、途中でみつけた、
ようじやカフェでお茶休憩をしようと立ち寄りました。
でも、10組待ちと聞き、あきらめ、さらにてくてく歩くと、次に、叶匠寿庵があったの
で、こちらで、休憩をとることにしました。

ここでも、5組待ちと言われてしまいましたが、どこに行っても混んでいるだろうし、
もう南禅寺にも近かったので、ここで、30分近くまって、抹茶パフェを食べることができました。
抹茶アイスがとても濃厚でした。この叶匠寿庵も、お昼を食べたイタリアンレストランも
なんとなく、落ち着いた雰囲気で、写真を撮る気分になれず、写真はとれませんでした。

ここで長いこと待ち過ぎてから、お茶休憩をしたので、お店を出たころには、すでに4時半ごろ
になり、夕日が見えるくらい日が暮れてました。
c0212741_21291392.jpg


永観堂に到着したときには拝観の受付時間が終了し、中にはいることもできませんでした。
そして、すでに、夜のライトアップのための入場券を買い求める人の行列ができていて、
永観堂の入り口だけでも、とっても、たくさんの人。ライトアップされた紅葉の永観堂も
見てみたい気持ちもありましたが、ライトアップまで待っていると、京都市民ではないので、
帰りが遅くなってしまうし、お友達は翌日も早起きして会社に行かなくてはならないので、
今回はあきらめることにしました。

でも、永観堂の紅葉はとても美しくて有名なので、記念に紅葉した葉っぱなどをちょこっと撮影。
c0212741_21323299.jpg

c0212741_2133350.jpg


それから、すぐ近くの南禅寺に向かいましたが、もう薄暗くて撮影はできず。
友達のカメラは自然に夜景モードになってきれいな写真を撮っていましたが、
私のカメラの夜景モードがみつからず、何度とっても真っ黒な写真。

人もいっぱいだし、紅葉も見れないとあきらめ家に帰ることにしました。

帰りに途中の京都駅にある、伊勢丹で京都のおみやげを買って、満員電車に
ゆられて、帰宅。

この日は22000歩も歩いてくたくたになり、しかも久しぶりに人混みの
中を歩いたので、家に戻ると、激しい頭痛で起きていられず、鎮痛剤を飲んで
早々と就寝。

22000歩も歩いたのに、翌日体重を計ったら、1キロ増えていました。
抹茶パフェのせいでしょうか。すごい歩いたのに、太ってるなんてショックです。

でも、久しぶりに友達と会っておしゃべりできたし、京都の紅葉を楽しめたので
満足です。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-11-30 21:53 | 日本 | Trackback | Comments(0)

キッチンに立つ時は一人がよい。

日本もすっかり寒くなりましたね。
昨日は、母と外で夕食を食べる予定で、お店もちゃんと決めていたのですが、
急に寒くなったからか、風邪気味だったので、出かけるのはやめて、
家でご飯を食べました。

実家では、なるべく、私が料理を作るようにしています。
でも、母は、お手伝いしないと悪いと思っているからなのか、
それとも、私のことが信用できないのか、料理を作っていると、
そばに寄ってきては、あれこれ口を挟みます。

「何か手伝おうか?」と聞かれたときも、断るのですが、それでも、
キッチンから離れず、人の作ってるのを見ては、いちいち、文句や
注文を入れるので、正直、うっとおしいです。

確かに私の作り方は、おおざっぱで適当なので、野菜の切り方も
大きかったり、大きさが揃ってなかったりするのですが、
別に私は気になりません。母はかなり気になるようです。
それで、切り方について文句を言われ、そして、味付けでは
薄すぎると文句を言われます。

私は、ドイツで自炊をするようになって、どんどん薄味になって
しまいました。もう、病院食くらい薄味です。
あとで、ソースやしょうゆなどをかけて食べるものは、特に塩は
ほとんど使いません。

父の家系に腎臓病の人が多く、常に親戚のなかに2人は透析を行っている人がいるほど、
腎臓が悪い血筋です。なので、予防のためできるだけ薄味をこころがけたいのですが、
母は、あまりの味の薄さに我慢ができないようです。母もどちらかというと、薄味なので
私の味付けは本当に薄味というか味なしなのかもしれません。
できるだけ、だしで味をつけるように努力してるんですが、、。

作り方がおおざっぱなのは、認めますが、私にとって、大切なことは
化学調味料などを使わず、天然のものだけで、料理を作ることなので、
切り方がめちゃめちゃで、味付けがおかしくても、体に良い食べ物なら、
そんなに気にならないのです。

でも、母にはいろいろ気になるようで、作っている間もいろいろ
言われて頭にきます。

まだ、実の母なので、うるさいとか口答えもできるので、
大丈夫ですが、これが、姑だったら、口答えもできず、たいへんだろう
なあと思ってしまいます。

それでも、毎回うるさいので、どんどんストレス溜まってきています。
そんな口うるさい母を見てると、絶対嫁と同居とか合わないだろうなあと
心配になります。

本当に、今の心境は料理をするとき、キッチンには一人で立って、
好きなように料理を作りたいです。

まあ、私が文句を言われないようにきちんとお料理を作ったらいいだけ
なのでしょうが。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-11-30 11:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

京都のおみやげ、生麩

先日、京都に行ってきました。
京都に行くと、京菓子やお漬物など、何かお土産を買って帰りたくなります。
ここ数年は、父にお漬物を買って帰ることが多かったのですが、
父もいなくなってしまったし、今回は漬物以外でなにか探してみようと、
京都駅にあるデパートをぶらぶらしてみました。

パンプキンの生麩が目にとまったので、買ってみました。
生麩はめったに食べませんが、食感が好きです。

まずは、生のまま、おしょうゆをかけておさしみのように。
c0212741_173385.jpg


翌日は、熱湯の中にいれてから、黄粉をまぶして、あべかわ餅にみたいに
して食べてみました。

c0212741_17373749.jpg

やわらかい御団子という感じで、食感はとてもよかったです。
でも、蓬の生麩だったら、もっと黄粉とあっていたのかなあ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-11-29 17:40 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(2)

リンダーホフのバウムクーヘン

私はバウムクーヘンが好きで、ドイツでも日本でも気になるバウムクーヘンは
食べてみたくなります。

前回の一時帰国では、ドイツのハノーファーにあるお店、ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベの
バウムクーヘン
を食べ、ドイツでは今年の夏、ドレスデンのクロイツカムのバウムクーヘン
食べてみました。

今回は、以前から気になっていた、奈良のリンダーホフというお店のバウムクーヘン。
前回の一時帰国の時に、バウムクーヘンが好きだと知人に話したところ、このリンダーホフの
バウムクーヘンのことを教えてもらって以来、いつか食べてみたいと思っていたのです。
c0212741_1605385.jpg


聞いた話では、このお店は、一人で焼いてらっしゃるので、数をたくさん焼けないという
ことで、先着順の限定販売とのこと。
なので、長期で日本に帰っているときでないと食べれないと思い、先月、11月販売予定の
バウムクーヘンを1つ注文しました。

バウムクーヘンはプレーンなものと、月間限定のバウムクーヘンの2種類があるようで、今月は
ロイヤルミルクティー味。初めてなので、普通のバウムクーヘンにしてみました。

このお店は、以前は抽選販売だったようですが、今は先着順ということで、なんとか購入できて、
先日家に届きました。

箱の中にバウムクーヘン薄くすくうように削ぎ切りにしてくださいと書かれた紙が入って
いたので、正しく切れてるかわかりませんが、一応説明に従ってそいでみました。

c0212741_1683092.jpg


しっとりした食感で甘さも私にはちょうどいい感じでおいしかったです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-11-28 16:16 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(2)

わさび菜

また、散歩途中のパン屋さんで、食べたことのない野菜を見つけました。
わさび菜です。
c0212741_222508.jpg

わさびのようにちょっと辛いのかなと不安でしたが、生でもゆでても食べれるということで
まずは、生で食べてみました。
適当な大きなに切って、ツナとマヨネーズであえて、少しポン酢をかけて食べましたが、
くせもなくおいしかったです。ただ、葉っぱがふさふさで生ではあまり量が食べられません
でした。

翌日は、ゆでておひたしにしてみました。
ゆでるとかなりかさが減ってしまいました。生同様食べやすかったですが、たくさん
食べたいならゆでたほうがいいようです。
c0212741_2233190.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-11-27 10:48 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(2)

今年のかぼちゃの収穫

今年初めてかぼちゃの苗を植えてみましたが、結局3つだけ収穫があったようです。

一つの苗は植え替えのときに、茎を折ってしまって、ガムテープで補修したので
成長しないかとあきらめていたのですが、それでも、大きく育ってくれました。
ただ、この苗から実がなったかどうかはわかりません。

合計3つの苗で、実が3つなったのは少ないのかもしれませんが、初めてだし、
まあ実がなっただけでもありがたく思うことにしています。

c0212741_10101450.jpg

この写真はドイツに戻った同居人が10月にかぼちゃを収穫してから撮ったもので、
その後、食べてしまったのか、まだどこかに置いたままなのかは報告がないので
わかりません。たぶん、調理法がわからないと言っていたので、どこかにほったらかされ
ていると思います。

私はまだ日本にいるので食べることができないのが、とても残念です。
でも、うちの庭でもかぼちゃが育つとわかったので、来年も育ててみようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-11-26 10:11 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

ドイツ菓子店のケーキ

最近、実家でケーキを食べる機会がよくあります。

なぜかこのあたりはケーキ屋激戦区のようで、たくさんのケーキ屋さんがあり、
ケーキを買うときは、いつも、どこのケーキ屋にするか迷うくらいです。
以前はもっとありましたが、何軒かはなくなってしまったようです。
毎回違うケーキ屋さんのケーキを買って、味を比べてみようと思うのですが、
あんまり味の違いはわかりません。ただ、どこのケーキもおいしいです。

今回はたくさんあるケーキ屋のなかでも、昔からあるドイツ菓子店のケーキを母が
買ってきてくれました。

ドイツで修業された方が作っていると思うのですが、ショーケースの中のケーキは
ドイツっぽい素朴なケーキはあまりみあたりません。

でも、この季節になると、シュトーレンが店頭に並ぶので、やっぱり
ドイツ菓子のお店だなあと思うのです。

ここのケーキはどれもおいしいし、カフェも併設してるので、いつも駐車場は混んでいます。
父も元気なころは、近くに住むお友達とここのカフェにコーヒーを飲みにいっていました。

日本にいる間にドイツでは食べられないようなケーキをいっぱい食べたいけれど、これでは
全然痩せられそうにありません。

c0212741_17192867.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-11-25 17:30 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(2)

お気に入りの本、長靴下のピッピ。

本の断捨離はある程度まで順調に進んでいたのですが、だんだん、捨てたくない本
ばかりが残ってしまい、停滞しています。

残っている本の中でも、一度も捨てようと思ったこともない本は、何冊かあります。
その中で、一番古い本はスウェーデンのアストリッド・リンドグレーンの
長靴下のピッピという有名な児童文学です。

小学生のころ、NHKで放送されていたドラマも毎回楽しみに見ていたくらい大好きでした。

当時は本当にピッピが好きだったので、本も買ってもらい、それからずっと大切に本棚に
しまっていました。
たぶん、いつか子供ができたら、読んであげたいと思っていたので、そのときまで大切に
とっておこうと思っていたのかもしれません。

子供に読み聞かせる機会はありませんでしたが、これからも、大切に持っていたいと
思う本です。そのうち、ドイツに持っていって、時々読んでみようと思います。

c0212741_12114042.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-11-23 22:43 | | Trackback | Comments(4)

日野菜のお漬物

先日、スーパーで日野菜を見つけて、小さくてちょっとピンクがかっていて、見た目がかわいかったので、つい買ってしまいました。

以前京都で日野菜のお漬物をみたような気がしたので、ネットでレシピを検索して、桜漬けにしました。こちらのレシピを使ってみました。Cpicon 日野菜のさくら漬◇基本の漬け方 by まっちぃなー

お酢を入れることによって、日野菜が桜色に染まるようで、出来上がったら、しっかり色がつきました。

c0212741_9285975.jpg


簡単にできるし、化学調味料も入ってないし、着色料なしで、私の好きなピンク色になるのがうれしい。

日野菜の種を買って、ドイツで栽培したら、ドイツでも日野菜のお漬物が食べれると思うとうれしいです。とはいっても、ちゃんと日野菜が庭で育って収穫できたらの話ですが、、、。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-11-23 09:35 | 料理 | Trackback | Comments(2)

騒音対策

以前、母がテレビを見る時の音量がとても大きくて困っていると書きましたが
その後、以前使っていたパソコンについていたスピーカーをテレビに接続して
母の近くに置いてテレビを見るようにしてもらうようにしてみました。

よく聞こえて、本人も気に入っているようなので、やっとテレビの大音量から解放されました。
これまでは、朝から、NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」を大きな音で耳が痛くなりながら
見なくてはいけなかったので、それがなくなっただけでもほっとしました。

ただ、テレビが2台あり、小さいテレビのほうはパソコンのスピーカーで聞くと
よく聞こえてよいのですが、リビングに置いているちょっと大きめのテレビは
スピーカーでは音質が悪くなるのか、かえって聞き取りにくくなると言われたので、
こちらは、しばらくは大音量でテレビを見る日が続いていました。

先日、字幕をオンにしてドラマを見てはどうかと思い、母には言わずに、字幕をオンに
してみたのですが、これも意外と気に入ったようです。

最初は字幕が邪魔だと怒られるのかと思っていましたが、字幕をオンに設定した翌日から
自分から、特にドラマを見る時などは、字幕がはいるようにしてとお願いするようになったのです。

というわけで、ようやく、テレビの大音量から解放されました。でも、すでに私の耳も
悪くなってしまったのか、字幕入りでないと聞きとれなくなってしまいました。
そして、番組によっては字幕が画面のど真ん中に入るので、映像が見にくいのが難点です。
もうちょっと隅のほうに字幕がでるようにしてもらいたいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-11-22 11:32 | その他 | Trackback | Comments(4)