<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ドイツ語の文法間違いで誤解される

今月からテニス三昧で、テニスが原因でオランダ語のクラスを2回も休んでしまいました。
それに祝日もあったので、今月初めてクラスに参加したのが、今週のレッスン。

続けて休んでいたので、いつも一緒に帰るKさんも心配してメールをくれました。

今週休むと、よくあるパターンでそのまま辞めてしまうのではないかと思い、なんとか出席しました。

直前に、宿題についての先生からのメールに返事をしていなかったので、宿題は全部できなかったけど、今日は授業に行きます。今日行かないと、もう、授業にこれなくなりそうなので、頑張っていきますみたいな意味合いのことを書いたつもりのメールを送りました。

先生は、渋滞に巻き込まれて、授業の前に私のメールは読めなかったようで、後日私のメールを読んだようで返事がきました。

先生のメールには、あなたが授業にもうこれなくなるのは本当に残念です。
ドイツ語で授業を進めるので、他の人に比べるとあなたには大変だったと思います。
でも、あなたはとてもよい生徒でした。
またいつでも戻ってきてください。いつでも、大歓迎です、、、。と書かれていたのです。

私が辞めると勘違いした先生。
でも、自分が送ったメールを再度読み直すと、先生が誤解してもおかしくない文章でした。

仮定法で書くところを、思いっきり現在形で書いているので、どう理解しても、もう来ることができませんとしかとれません。

来週の授業に行くのがとても恥ずかしいです。

そして、先生は思ったはずです。あなたはオランダ語よりまずドイツ語を勉強しなおしたほうがいいのではないですか、と。
そして、ここにドイツ語の先生もいますよ、と。
オランダ語のクラスには、同じ教室で、オランダ語の授業の前にドイツ語を教えているPさんがいるのです。
来学期はPさんのドイツ語の授業も受けるべきかなと本気で思い始めています。

最近、ドイツ語をちゃんとしていないので、本当にやり直したほうがいいとつくづく思います。
こんな失敗をするのは本当に恥ずかしいことなので、手を抜かず、いつも正しいドイツ語を普段から使うように心がけないといけないと反省しました。






にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-05-27 23:37 | ドイツ生活 | Trackback | Comments(0)

テニスのシーズンが始まって1ヶ月近くになります。

今年は4月がとても寒かったので、外でテニスをするようになったのは5月になってからです。
5月になると、同じチームで去年よく一緒に練習したCさんから連絡が来てまた今年も一緒に練習始めました。

先々週、先週は週3回もテニスをして、結構調子を取り戻しつつあります。(どんな調子なんだという感じですが)

でも、あいかわらず、サーブが入りません。去年から、セカンドサーブも入らなくなって、いつもほとんどダブルフォールト。もう泣きそうになります。

先週から、1年ちかくずっとテニス肘でお休みしていた、Pさんも練習に参加。1年休んでいたのに、サーブがすごい。狙ってるのかバックハンド側にスピードのあるサーブを打ってきます。おそらく、こんなにすごいサーブを打てる中年女性はあまりいないと思います。なので、いいレシーブの練習になります。

そして、練習でもダブルフォールトばかりだというのに、来月には団体戦の初戦があります。

出たくないなあと思いつつ、出ないといつまでたっても上達しないし、でも、まあチームの中では下位で補欠なので、上位の人が全員出ると私は出なくてもいいポジションにいます。

ただ、初戦は故障者も2名もいるので、人数が足りないとのことで、出場しなくてはならないようです。

サーブが入らないので、なんとかしないといけないし、練習ももっとしたいんだけど、グループの練習に来る人がいつも少なくて、全然練習になりません。

下手な人とは練習したくないってことなのか、練習あまりしなくても勝つ自信があるのか。
あまり練習しなくても、試合に出ると勝てる人がうらやましいです。

練習しても、試合になると緊張して普段普通に打てるボールも打てなくなるし、サーブはダブルフォールトの嵐だし、どうしてよいのかわかりません。

4月の寒い時に買った7分袖のテニスウェア。
c0212741_4333261.jpg


細身なので、ちょっとやせて見えるし、上品です。
おなかのポッコリが目立つのがちょっと難ですが、、、。

このウェアを買ったときに、お店の人に手に汗をかきやすいようで、ラケットのグリップが滑りやすいと
話すと、そういう人用のクリームを紹介してくれました。

掌に塗ると、乾燥して手が汗でべたつかないそうです。
ただ、その手で額の汗をぬぐったら、顔が白くなるので、気を付けないといけないとのこと。

私は間違いなく、白くなった手で顔を触りまくるので、顔が白くまだらになって、みんなに笑われそうなので、そのクリームを買うのはやめておきました。

でも、そんな白くなった顔をみたら、対戦相手もテニスに集中できず、入るサーブも入らなかったり、ミスが増えていいかも。

大学受験前に予備校の冬期講習を受けたのですが、そこで先生が、試験の当日は周りの人の目がちかちかして気が散るくらい派手な色や模様のセーターを着ていけというアドバイスをくれたことを思い出しました。

実際には恥ずかしてできないんだけど、試合で相手の打ったボールがインでもアウトとコールしたり、点数をごまかしたりすることに比べたら顔を白くマダラに塗ることは全然問題なさそうで、かわいい作戦だと思います。

先日、試合で不誠実なことをする人がちょこちょこいるというのを目の当たりにして、かなりショックだったのです。テニスというスポーツ自体が汚されたような気がしたくらいです。

でも、そういう人はほんの一部だと信じて、練習に励んで、上達しようと思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-05-26 06:54 | テニス | Trackback | Comments(0)

Rudelgucken

先週の土曜日は、サッカーのDFB杯決勝でしたね。

夫がサッカー好きでないし、最近はサッカーの興味も薄れてそんな
大試合があるとは知らなかった先週の初め、テニスクラブから、
土曜日の夕方、ダブルスの試合をして、その後Rudelguckenをするという
催し物の連絡がきました。

Rudelguckenと言うドイツ語を初めて見たので、意味がわからず、guckenは
見るという単語だということは知っていたので、何を見るんだろうかと気になりました。

辞書には載っていなかったので、夫に尋ねると、みんなでテレビとかでスポーツの
試合を見ることを言うみたいだと教えてくれました。

面白そうだから行ってきたらと夫は言うのですが、何のスポーツかもわからず、行ける
わけがない、もし重量挙げとかシンクロナイズドスイミングだったら、面白くないし、と
いうと、テニスクラブだからテニスじゃない、というのですが、フレンチオープンにしては
早すぎるし、ドイツでみんなでスポーツ観戦といったら、サッカーしかないとは思ったのです。

たまたま義弟も家に来ていて、二人揃って、サッカーのヨーロッパ選手権に違いないと
言うのですが、それは6月開催だというと、黙り込んでしまいました。

ドイツ人男性二人揃っていても、ヨーロッパ選手権の日程も知らず、DFB杯の決勝が
あることもしらないという珍しい兄弟です。

なので、一人でネットで土曜日にあるのは何の試合か調べ、Rudelguckenについても
調べてみました。

Rudelguckenはパブリックビューイングの類義語で、2011年にドイツの辞書、DUDENに
掲載されたという比較的新しい言葉のようです。Rudelは群れ、一団という意味。
みんなで群れになって試合をみるという感じ、、、。

義弟はこの言葉すら聞いたことがないと言っていたのですが、新しい単語だし、ドレスデンに
住む義弟は周りの人もRudelguckenをする人がいないのだと思います。

というのも旧東ドイツには、強いサッカーチームはなく、ブンデスリーガの1部に旧東ドイツのチームは
入っていないので、サッカーもそんなに盛んじゃないのかも。ドレスデンのチームも3部リーグか2部リーグだし、、。

それに類は友を呼ぶで、サッカーに興味のない義弟の友達たちもみんなサッカーに興味がないのかもしれません。

ドイツ人と接していると、少しずつでも新しい単語を学べるのはいいことです。
私が以前ドイツ語を勉強していたときは、ドイツ人との接触も少なく、ほとんど読み物を読むばかりだったので、こういう日常で使われる単語などは全く触れる機会がなかったので、テニスをしてドイツ人と接するのもある意味ドイツ語の勉強になるなと思いました。





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-05-25 05:16 | ドイツ生活 | Trackback | Comments(0)

ベアトリクス

近所の野良猫だか外猫。勝手にミミ子と呼んでいたのですが、早朝、アパートの軒下で寝ていたり、夜遅く家に帰ってきて、車から降りると、どこからともなく走ってきて、「今夜泊めてくれないかしら?」みたいな顔をして玄関ドアのところまでついてくるので(一応、中に入っていいよと言うのですが、夫が以前、アパートの中に入ろうとしたミミ子をすごい怒ったようで、いつも玄関の前までしかついてきません。)、やっぱり家のないかわいそうな野良猫なのだと思って、せめて名前くらいもっといい名前で呼んであげようと、勝手に改名しました。

テレビドラマで出てきた、シャンタールというのが、なんだか良い響きだと思ったので、シャンタールと呼ぶことにしたのですが、反応が悪い。シャンタールと呼んでもほとんど無視。

夫もシャンタールって下品なイメージがあるとかいうし、、、。

じゃあ、オランダの元女王と同じ、ベアトリクスならいいんじゃないかって勝手にベアトリクスと呼ぶことにしました。


のんびりひなたぼっこしてるベアトリクスに声をかけると、起き上がって、のびをしてから、ゆっくり私のほうに歩いてきます。

c0212741_1542883.jpg


シャンタールと呼んだとき以外は、いつもけだるそうにではありますが、ちゃんと近くにやってきます。
律儀な猫。

まあ、呼ばなくても、通りがかる人に自分から近づいていくので、単に人懐っこい猫なのかもしれませんが。

そして、ベアトリクス、お座りと言うと、ちゃんとお座りもします。

c0212741_15431747.jpg

下を向いて顔がみえないととてもかわいい。。。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-05-21 20:04 | 動物 | Trackback | Comments(0)

テニスボールに目印

友達とテニスをするときなど、同じメーカーの同じボールを使ったら、誰のボールかわからなくなるし、すぐに自分のボールがわかるように、油性マジックでイニシャルを書いています。

昔からそうしているのですが、今のテニスクラブでは誰もボールに目印などつけていないので、もしかして、油性マジックで大きく自分のイニシャルを書くなんて恥ずかしいことなのかな?と思ったり。

でも、数年前、自分のボールを拾いに行ってるのに、隣のコートの若い女子大生に、「それ、私のボールじゃない!」と怒鳴られたことがあるのですが、そういうときに、油性マジックで書いたイニシャルが役立つのです。

私のイニシャル書いてあるので、というと、相手も納得します。女子大生も自分のボールでないと認めるしかなかったです。

どちらも同じメーカーの同じ製品を使っていた場合、私は小心者なので自分のだと言い切れる自信がなく、ひいてしまうのですが、ドイツ人女性はなんの根拠もなくても、自分のものだと主張する人が多いので、小心者の私には油性マジックで書かれた自分のイニシャルがないとドイツ人女性に勝てないのです。

昨日も、私たちのグループのボールが隣のコートの後ろのフェンスに転がっていったので、グループの一人がすぐにボールを追って取りに行ったら、すかさず、隣のコートのご婦人が大声で、「それ、私たちのボールよ!」と怒鳴ってきました。

私たちのコートから今転がっていったボールだと言っても、相手は自分たちがさっき打ったボールがフェンスにあたってそのままにしておいたボールだと主張。

偶然、ご婦人たちと私たちのボールが同じメーカーの同じタイプのものだったので、区別できなくて、でも、明らかに私たちのボールだと私たちは確信していたので、そういうと、ご婦人は「じゃあ、私たちのボールはどこに行ったのよ!!」と大激怒。

結局、ご婦人たちのボールはフェンスのすぐ外に落ちていたのですが、、、。

私一人だったら、このご婦人の強気な態度におびえてしまっていたと思いますが、一緒にテニスをしていたのが普通か気の強そうなドイツ人女性二人だったので、ご婦人に負けることなく普通に対応できてよかったです。

反対側の隣のコートにいたおじいさん二人組は紳士で、自分たちのボールが私たちのボールにまぎれてしまったら、普通に「僕たちのボールがそっちに1個あるんだけど」みたいに声をかけてくれました。おじいさんたちのボールと私たちのボールはメーカーが製品が違っていたので、もめることもなくちゃんとおじいさんに返すことができましたが、なんでドイツ人女性もこんな普通の対応ができないのかなと思ってしまいます。

このご婦人は、試合でもよく勝たれるようで、普段は上手な人だけが使えるクラブのセンターコートで練習されています。センターコートの周りにフェンスがあるので、こういうことはめったにないのですが、たまたまこの日は子供の大会でセンターコートが使えず、普通のコートを利用されたようです。

でも、まあこのご婦人だけでなく、ドイツ人女性はかなり攻撃的で怖いので、またボール一つでギャーギャー大騒ぎされたり、自分のボールなのに、私のボールだと怒ってボールを持っていかれるのもいやなので、恥ずかしいけど、また新しいボールを買ったら、油性マジックで大きく、IKAKOと書こうと思います。イニシャルだったら、偶然同じイニシャルの人が隣のコートを使ってるかもしれないけど、IKAKOなら私だけだから、絶対大丈夫なはず。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-05-19 15:32 | テニス | Trackback | Comments(2)

Khadiの毛染め

最近また、髪の分け目や生え際の白髪が目立ってきました。

前回の栗色は元の黒髪との色の違いがありすぎて、染まっても白髪は目立っていたので、
今回は、ダークブラウンで染めてみました。

本当は、白髪をインディゴで染めてから、毛染めするとしっかり白髪が染まると言う
情報を聞いたので、そのつもりでインディゴも買う予定でしたが、お店の人から、イン
ディゴで染めると、元の黒髪より更に黒く染まるので、私の黒髪が更に真っ黒になる
のでおすすめしないと言われ、khadiの毛染めならしっかり染まるので、ダークブラウン
だけで十分だとのことなので、ダークブラウンだけ購入。

c0212741_029574.jpg


khadiもヘナで、今回も紅茶で溶かしてみました。

いつものようにラップで巻いて、ドライヤーで温めたあと、アルミホイルで巻いて
その上から毛糸の帽子をかぶって2時間。

自分の頭の写真を上手くとれないので、写真はありませんが、お店の人の言った
通り、しっかり染まって白髪は茶色になり、黒髪ともしっかりなじんでいい感じです。

また次もkhadiのダークブラウンで染めてみるつもりです。

ただ、生え際と髪の分け目はなんとか染まるのですが、後頭部の白髪がなかなか
自分では染めにくいのが悩みなのですが、慣れたらもう少しちゃんと染めれるように
なるのかもしれません。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-05-10 05:24 | スキンケア・ヘアケア | Trackback | Comments(0)