<   2016年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

歯科医選び

毎年欠かさず、歯の検診に行っています。

ここ数年通っている歯医者は夫から紹介してもらった夫が通っている歯医者で、夫は気に入ってるようですが、私は気に入っていません。

というのも、なんだか内装にお金をかけていて、水が流れる壁があったり、受付の壁に医院のロゴマークのネオンサインが掛けてあって、なんとなくカフェのカウンターみたいになってたり、無駄にお金をかけてるように見えるのです。

それに先生はインプラント患者しか診ないのか、いつも、私は若い女の先生の診察で、この人がまだ医者になったばかりでわからないことだらけ。しかも歯科衛生士の女の子も仕事始めたばかりの新人コンビ。1時間以上治療し続けて、結局わからないということで、上司の医者が来る日に再度くるようにといわれたり、あまりに不安なので、今年こそ新しい歯医者を見つけなければと思っているうちに、もうすぐ10月。あと3ヶ月の間に今年の検診をしなくてはなりません。

先日、その歯医者から今年の検診のお知らせの手紙が届きました。今年はあんたのところには行かないぞ!と心に決めて、患者による医者の評価がわかるjamedaというサイトで必死に調べて、家から通えそうなところで評価の高い歯医者を探してみました。

そしたら、昨日の夜、デンタルフロスを使っていたら、歯の一部がぽろっと落ちてきて、すぐにでも歯医者に行かなくてはならない状況になり、家から一番近い結構いい評価の歯医者にとりあえず、行こうかと思って、もう一度評価をみたら、いい評価も多いけど、最低の評価をつけて、2度と行かないと書いてる人も数名いたので、なんだか怖くなり、家から歩いて30分のどの人も悪いことを書いていなくて、たくさんの人が評価している医院に行くことにすることにしました。

でも、夫は自分のお友達の通ってる歯医者を勧めるのです。髪の毛を後ろで束ねている気さくな歯医者で、器具もあまりないとのこと。

私は医院の内装に無駄にお金をかけている歯医者はいやだと夫には言いましたが、機械や器具にはお金をかけてほしいので、器具や機械があまりない歯医者もちょっと心配です。

単なる定期健診ならいいのですが、歯が欠けてしまって、ちゃんと治療してもらわないといけないので、器具はある程度持っていてほしいものです。なので、夫の友達の通う、長髪の気さくな歯医者は遠慮しました。

朝、歩いて30分の歯医者に電話をかけたら、今日も明日も予約がいっぱいなので、何時間待つことになるかわからないけど、とりあえず、来て下さいということだったので、3時間くらい待つつもりで日本語の本2冊持参していきました。

歯医者さんは大きな看板もなく外観も地味でしたが、内装も地味。滝のように壁の上のほうから水が流れていたり、受付がバーやカフェのカウンターみたいなことにはなってなくて、カウンターに造花と花瓶が置いてあるくらいで、無駄なものがまったくなくて、ほっとしました。

受付の人も、歯科衛生士の人もみんなおばさん、先生もおじさん。よかった。若い人ばかりだと自分が無駄に年をとってきたので、なんだか不安になるのです。それに、歯科医をしている義弟の奥さんも、歯医者さんを選ぶときは、若すぎる人と年寄りは避けたほうがいいかもと言っていたので、ちょうどいいくらいの年齢の先生でした。

そして、問診表を書いて一休みしたくらいで、ちょうどいい具合に先生の時間があいたようで、1時間も待たずに先生に診てもらえました。

歯を一通りみてもらって、写真とレントゲンをとり、クラウンをかぶせないといけないので、すぐに治療を始められないとのことで、とりあえず、歯を削って平らにして終わり。

そのうち保険会社から手紙が届くので、届いたら、また来て下さいとのことです。

なので、先生の腕がいいのかどうかは不明。あちこち歯医者を探したりするのはめんどうなので、この先生がいい先生であってほしいです。
受付の人たちもとても愛想がいいというわけではありませんでしたが、きっちり対応してくれて、私の治療も1000ユーロくらいかかり、おそらく保険会社が半分負担してくれるだろうとということも教えてくれました。不快な思いもしなかったし、地味な医院だったので、すごいお金儲け主義という感じではないようだし信頼できそうな気がします。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-30 00:44 | 健康 | Trackback | Comments(0)

外国語の辞書

オランダの本屋さんで子供用のオランダ語辞典を買ってきました。

オランダ語の辞書はドイツで買った蘭独辞典を使っていましたが、オランダ語のわからない単語を調べる時、ドイツ語の説明が分からないと、さらにそこから独話辞典をひいてドイツ語の単語の意味を調べなくてはいけないという2段階方式がめんどう。

なので、楽するために日本でオランダ語辞典を買えば、一つの単語を調べるのに、二つの辞書を使う必要がないのではと思ったのです。

でも、オランダ語辞典は種類も少なく、値段も気のせいか高め。他にも買いたい本があり、辞書はあきらめることにしました。

代わりにオランダ語の文法の本は買いました。

文法は日本語で説明してくれてるほうが理解しやすいのです。

そして、辞書はオランダの子供用の辞書を買うことにしました。

以前、英語の勉強をしているときも、ドイツ語の勉強をしているときも、ネイティブの先生から、日本語の辞書を使わず、ネイティブが使う辞書を使うようにと言われていたのですが、単語の意味が書かれている英語やドイツ語の中に知らない単語がたくさんあって意味が理解できないことがよくあり、そのたびに、日本語の辞書をひかなくてはいけなくていけないのが面倒で、ついつい楽な日本語の辞書を愛用していました。

そのせいもあってか、語彙力が伸びなかったのではないかと思っています。

なので、オランダ語は心を入れ替えて、オランダ人用の辞書を使おうと思ったのです。

大人のでは難しいので、子供用を買いました。10歳以上対象。オランダで辞書といえば、van Dale というくらい、有名な出版社の辞書です。ドイツのDuden みたいなものです。

最初にひいたのは、レストランのメニューに出てきて、何かわからなかった食べ物の名前。

辞書には、アニスの香りのする野菜とオランダ語で書いてあり、これはフェンネルのことだとすぐにわかり、子供用の辞書は結構使えるかもしれないと喜んだのですが、その後調べた形容詞や動詞などオランダ語の語彙力が少なくて意味が理解できないことが多かったです。

それでも、せっかく買ったので、時間があるときはなるべくこの辞書を使おうと思います。





c0212741_21482605.jpg





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-29 00:42 | 習い事 | Trackback | Comments(0)

高い罰金

今シーズンのテニスの団体戦の試合も終わって、来シーズンまでまたお休みなのですが、
今頃、うちのチームが規則違反をしているので、罰金というか過料を150ユーロも支払わないといけないというメールが届きました。

一度、メンバーが足りないということで、同じクラブの別のチームの人に参加してもらったことでの何か規則違反をしているとのこと。自分のチームで2試合以上試合に出た人は他のチームに参加できないらしい。でも、その人2試合でたそうで、、、。

別のチームの責任者の人もうちのチームの人もそんな規則を誰も知らなかったし、別のチームの責任者の人はテニス歴40年以上くらいのベテランの人なので、そんな人も知らないくらいの規則だったようです。

それなのに、150ユーロって、、、。参加してくださった方はダブルスで勝ったので、その勝ち点を無効にするだけなら納得いくのですが、150ユーロも過料っていうのはとみんなお怒り。しかも、私たちが参加しているのは一番下のリーグのその下。そこでの規則に反したことでの過料にしては高すぎるとみんな言ってました。

車の運転しながら携帯いじってる場合の罰金ですら、60ユーロなのに。だいたい、この罰金は安すぎると思います。趣味でテニスしてる人の試合の規則違反で150ユーロなら、車運転しながら、携帯いじった人に対する罰金は6万ユーロくらいにしたらといいたいくらいです。

それに、ラインジャッジの不正とかポイントごまかしたりする人のほうが、そんな些細な規則違反よりよっぽど悪いと思うんだけど、それは野放しっていうのも納得いかないです。

そんなにお金とるなら、試合会場に一人くらい人を派遣してちゃんと監督したらどうかと言いたい。言えないけど。

クラブの役員の人が話し合って、半分テニスクラブで負担するので、残りの75ユーロをチームのお金から払うということになったそうです。

今回のことで、いろいろ知っておかなければならない試合に関する規則があるのだと、知りました。ドイツ語の勉強も兼ねて、暇な時にしっかり熟読したほうがいいのかもしれません。







にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-28 01:38 | テニス | Trackback

若くないけどオイリー肌

昔からずっとオイリー肌です。

乾燥したドイツに住むようになっても、中年になってもオイリー肌のまま。
もしかしたら混合肌かもしれませんが。

年相応の化粧品を使うと肌がさらにべたついたりします。
なので、10代、20代の人用のものを使うことが多いのですが、最近、しわとかシミとかが気になりだして、年相応の化粧品を使うべきかなあと思い始めています。

それで今回買ったのは、30歳からの肌用化粧品。

c0212741_16130745.jpg
私の年をご存知のかたは、えっ?って思われたかもしれませんが、30歳以上ということには変わりないですし、10代、20代用の化粧品を使ってきたので、次は30代です。

ドラッグストアdmの商品でお手ごろ価格なので、試すのにはちょうどいいです。
さらっとした触感も気に入っています。それに一応オーガニック化粧品です。

シミやしわにいいかどうかわかりませんが、とりあえず、さっぱりしているので、中年だけどオイリーな肌の人に向いてるような気がします。





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-23 16:21 | スキンケア・ヘアケア | Trackback | Comments(0)

レッスンを続けるかどうか

今のテニスのレッスンを続けるかどうか悩んでいます。

10月から冬シーズンで室内コートになるので、コート利用料も支払わないといけません。
そしてなぜかレッスン料も消費税分くらいわずかですが、高め。なぜ冬はレッスン料が高いのかはわかりません。

レッスン料が高くなるから続けるかどうか悩んでいるわけではなく、今のコーチが好きでないから。
人としても、コーチとしても好きでない。

レッスンの内容もその日の気分で行っているという感じだし、自分たちのレベルにあったものとも思えない。
フォームについてなど、細かい注意はいっさいなし。なので、この3年フォームは全く改善されず、ストロークも安定しないまま。そして、知識などを出し惜しみしてると思う。肝心なことはわざと教えてくれていないような気がします。試合での戦術は教えてくれるけど、技術についてはまったく教えてくれません。

そして、暑い日はやる気ゼロになるようで、ほとんど何もしない。1時間30ユーロにあたいするレッスンではないと思う。それなら、いっそ、今日は暑いのでレッスンしないということにしてくれたほうがいい。無駄なお金は払いたくないのです。

それに、人としても、平気で見え透いた嘘をつくので信用できないし、なぜか、ラケットを生徒に売る。誰にでも、ウィルソンのJUICE 100 UL(ウルトラライト)というとても軽いラケット。
私も勧められました。練習中に使ってみろとしつこく言って、そしていいだろうというのですが、軽すぎるラケットは持ちたくないので断りました。軽いにこしたことはないというのですが、、、。

テニス肘が治ってきて、ご主人と軽くテニスをしにきた、Pさんと見つけるとやっぱりこのラケットを勧めていました。Pさんも軽すぎるラケットはいらないということで興味なし。それでも私の周りの人はコーチからこのラケットばかり買わされています。ラケット売るといくらかお金もらえるのかな??

クラブ内で別のコーチに替えれるならそれがいいのですが、今コーチ不足。一番レッスンを持ってるのが今のコーチ。他のコーチ二人は本職があって、夜少しレッスンを受け持つ程度だけど、おそらく私が受けているコーチはほかに仕事してないとか、早期年金受給者なのか、結構暇みたいで、ほとんどのレッスンを一人で受け持っています。なので、クラブ内で別のコーチに替えてもらうこともできません。

でも、クラブのテニススクールの責任者は私が受けているコーチに任せられないというのがクラブの役員の人たちの考えらしく、どこからか若い有能なコーチを見つけてきてテニススクールを任せたいようだけど、他のクラブ2つほどすでに掛け持ちしているコーチでうちのクラブではまだほとんどレッスンはしていないよう。

最近見つけたのですが、テニスコーチ派遣会社があるようで、いろんなテニスクラブにコーチを派遣しています。うちのクラブもいつから本格的にレッスンを始めらるかわからない有能なコーチを待ち続けるより、この派遣会社からコーチを派遣したらどうかとクラブに提案したいくらいです。

他のテニスクラブにうつるということも考えましたが、たいていどこのテニスクラブも車がないと不便なところにあるし、今のクラブは徒歩15分もかからない近所にあるので、なかなかクラブをうつるということはできそうにありません。

それから、コーチがたくさんいたとしても、グループレッスンだと同じレベルの人がいない場合が多い、というか、みんなの都合が合わないとかでなかなかちゃんとレベルの合った人たちとのグループレッスンができない。

もうこうなったら、いいコーチがいたら、高くても個人レッスンにしてもいいかと思っています。全然だめなコーチのグループレッスンで無駄なお金を払って、時間を無駄にするより、いいかもしれない。

でも、とりあえず、あと1週間くらいで10月からのレッスンをどうするか決めないと。今日は長い愚痴になってしまった、、、、。





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-23 06:11 | テニス | Trackback

じゃがいも料理用の香辛料

近所の薬局は、買い物をすると、必ず何か粗品をつけてくれます。

先日もらったのは、じゃがいも料理用の香辛料と塩が入った袋。

c0212741_00384072.jpg
オリーブオイルと混ぜて、切ったじゃがいもを入れて、オーブンで焼くだけというもの。


冷蔵庫にあったインゲン豆やパプリカ、マッシュルームも一緒に入れてみました。

写真撮り忘れましたが、薬局でくれたものだからか、なんだか薬のような苦い味がして、ちょっとつらかったです。

そして塩味はまったくしなくて、あとから塩をふりかけて食べました。

スーパーでみかけたことがないので、買うことはないと思いますが、一回食べたらもういいという味です。

また薬局で粗品として入れてくれそうになったら断ろうと思います。それか、他の粗品くださいというつもり。たぶんそんなずうずうしいこと言えませんが、、、。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-22 00:47 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(0)

トマトの出汁マリネ

久しぶりに料理のこと。

料理を作っていなかったわけではないのですが、新しいレシピを試したりしていませんでした。

ずっと、肉や野菜を焼いて、塩、コショウ、しょうゆなどで味付けするだけの料理ばかり。簡単だけど、おいしい。シンプル イズ ベスト です。

でも、先日、やっと久しぶりに作ってみたくなるようなレシピをたまたまネットで見つけたので作ってみました。

c0212741_20534523.jpg

トマトの出汁マリネです。

しばらく、テニスの試合が続いていて、苦手な炭水化物を大量に摂取していて、もう、元々好きでないパンやご飯だけでなく、好きだった麺類も見たくないくらいだったので、このレシピを見つけて、これなら食べれそうと思ったのです。

冷たくて、さっぱりしてて、食べやすくておいしかったです。夏の食欲のないときにもぴったりです。







にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-19 21:06 | 料理 | Trackback | Comments(0)

試合に持っていく食べ物

テニスの試合のとき、一応、パンとかエネルギーバー、シリアルバー、バナナなどを食べ物をいっぱい持っていきます。

私のお気に入りのエネルギー補給食品は、以前ブログにも書いた甘いベリー味のものだったのですが、
もう売っていないのかいろんなお店を探しましたがどこにもみつからず。

すごく気に入っていたので、とても残念です。しょうがないので、別のもので代用しようといろいろ買いそろえ
ました。

c0212741_04442526.jpg



試合の合間に全部食べ切れませんでしたが、右側に写っているCLIFというのが良かったです。
1試合目の途中で食べましたが、食べたあと、ちょっと復活できたような気がします。
アメリカのものらしく、初めてみましたが、日本でも発売されたようです。
甘すぎず、食べやすいです。なんとなく腹持ちもよさそう。

あとは、試合中はジェル状のものがさっと食べられるのでよかったです。最後のシングルスの試合は1セットめのあとの休憩ちゃんとベンチに座って食べる時間があったけど、最初のシングルスのときは、1セット目のあとも相手の人がさっさとコートに戻ってしまうので、何も食べる時間もないどころか、ベンチに座ることもできなかったので、こういう休憩しないタイプの相手と対戦するときは、さっと食べれるジェルタイプがよいです。

左端のゴマのお菓子はドラッグストアのdmで買いましたが、アジア食料品店でも普通のスーパーにも売っています。痙攣予防にゴマがいいということだったので買ってみました。普通のおやつとしてもおいしいです。

それから、先日買ったココナッツウォーターは問題なく飲める味でした。ちょっと高いけど、試合のときにはいつも持って行こうと思います。






にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-16 16:34 | テニス | Trackback | Comments(2)

ウクレレの集い

先日、お友達に誘われてウクレレの集いに行ってきました。

友達はギターが趣味で最近ウクレレにも興味があるとのことで、このウクレレの集いも以前行ったことがあり、とても楽しかったので、私にも声をかけてくれました。私はウクレレには興味がなく、ウクレレと言ったら、牧伸二くらいしか思い浮かばないくらいなので、行っても楽しくないかもと思い、乗り気ではありませんでした。

でも、毎週テニスの試合が続いていてしかも負けてばかりでストレスたまっていたので、気分転換に行ってみました。

思ったよりたくさんの人が来ていてびっくり。ウクレレ持参してる人も多かったです。
c0212741_17485887.jpg



来てる人は主に中高年でしたが、中にはウクレレ持参してる高校生くらいの男の子たちもいました。

前半はみんなで一緒に歌ったり、演奏して、後半はコンサート。

前半の曲も、誰もが知ってる曲ばかり。サイモン&ガーファンクルの明日に架ける橋やジョン・デンバーのカントリーロードやクィーンの曲など懐かしいものばかり。日頃のストレス発散とばかりに熱唱しました。

後半のコンサートも知ってる曲が多く、ウクレレでこんな曲も演奏できるのねと意外に思った曲ばかり。ウクレレなのでハワイアンな曲ばかりだと思っていましたが、そうでもなく、思ったより楽しいコンサートでした。

なので、しっかりCDも購入。家でリラックスしたいときに聴いています。

今回、ウクレレの集いに行って、興味がないことでも、意外に楽しめることもあるとわかったので、これからは、あまり興味がないことでも時間があれば、どんどん出かけてみようと思いました。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-15 17:55 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

今シーズン最後の試合は後味の悪い試合だった

2時間近くかかったシングルスの試合の後は、恒例の勝者が敗者に1杯おごるという行事でお蝶夫人にコーラをごちそうしてもらいました。本当はりんごジュースの炭酸水割りを飲みたかったけど、売り切れとのこと。しょうがなく、持ってきたおにぎりを少しかじりながらコーラを飲んであんまり休めず続けてダブルスの試合。

ルールでは最後のシングルスの試合が終わって15分後にはダブルスの試合を開始しなくてはならないということで、2時間も試合したのに15分しか休憩なくすぐダブルスの試合はきつかったです。

しかも、相手ペアの一人はシングルスの試合はしてないので全然疲れてないはず。

私はコーラでカフェインを補給して少しすっきりはしたけど、もう限界に近かったです。
試合前のウォーミングアップも適当な人で、しかもストロークもこういっては悪いけどうまくなかったです。
それでも、彼女はチーム内では私のシングルスの対戦相手より上位です。

休憩のときにお蝶夫人のような対戦相手が、私はチームのみんなより年上だからチーム内での順位は
下位なのと悲しげにおっしゃっていた意味がそのときわかりました。

これは結構つらいですね。私だったら泣けてくる。年上だからという理由だけで実力無視って、、、。
お若く見えたけど、1950年代生まれらしいのです。それでも、正しくボールを打てて2時間試合をしても疲れた様子もなく涼しげな顔をされていて、まさにお蝶夫人のような人だったので、自分より実力のない若い人がチーム内で上位にいるのはプライドが傷ついていることと思います。

相手のペアはいまひとつのレベルだったので、1セット目は余裕で最初4ゲームとったのですが、最初から一人がとても失礼な人でペアを組んだGさんもいやなタイプの人だと感じていて、なるべく相手のペースに乗らないように冷静にしていようと話していたのですが、そのうち、私たちのボールがインでもアウトコールしたりするのでいらついてきてだんだん私たちのペースも落ちてきました。

結局1セット目を7-5で落とすという悲しい結果。。。。

Gさんは初めてのダブルスの試合だったので、私がもっとカバーしてあげれたらよかったのだろうけど、また、2セット目の途中で私が前衛にいたときに緩いボールが飛んできたので、張り切って、走って少しジャンプしてボレーしたら着地するときに、右足ふくらはぎが痙攣。そのまま転んでお尻とか腕を地面で打ってしまいました。

カリウムたっぷりのココナッツウォーターを飲んでいたので、痙攣は軽いものでだったので、なんとか試合は続けましたが、前回のダブルスの試合と一緒で、また痙攣したらと思うともう怖くてあまり走れなくなってました。

そしてストロークの安定してないGさんが狙われて、私もあまり走れず、ラインジャッジの不正もされたりして、2セット目は調子もでず結局負けました。

一人の人は正直者のようで、自分が打ち返せなかったボールがアウトかインか見えなかったと言ったので、私はネット際にいて、きわどくもなくしっかりインしていたので、そう言ったのですが、相手チームのもう一人がアウトだと怒鳴ったので、これ以上何も言えず。

この人は自分のペアが打ってアウトになって私たちがアウトだとコールしても、インだと叫んだりする人でかなり不愉快でした。でも打った人が今のはアウトだと自分でも認めてパートナーに言ってくれる人だったことは救いでした。なのでこのパートナーの人がちょっと気の毒にも思えました。

結局大して上手くもなく、ラインジャッジも不正をするし、暴言ははくし、最低の対戦相手に出会ってしまってがっかりです。おまけに負けてしまって。

こんな勝ち方をして何がうれしいのか私にはわかりません。
連敗記録更新中の私ですが、こんな勝ち方はしたくないです。

でも、こんな相手にも負けてしまった自分が不甲斐なく思えてかなり落ち込んでいます。
そしてこういう相手と試合して負けたときは精神的にかなりショックが大きくなるようで、身体の疲労以上にあとに残って寝込んでしまいました。

今後はもっとメンタルの部分も強くならないと勝てないと感じました。

そして、今後、こういうたちの悪い人に出会ったら、獰猛なイノシシに出くわしたくらいの気持ちで無視しようと思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-15 02:07 | テニス | Trackback | Comments(0)