<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

親戚づきあい強化月間

遠く離れてるので普段会うことのない夫の家族ですが、今月は2週連続で親戚づきあいをして疲れました。

先々週は義父とその奥さんが遊びにきました。夫の誕生日祝いを兼ねて、ついでにドイツ西部に住む休暇で知り合った人を訪ねたそうです。

たぶん、去年も同じことを言っていたので、もしかしたら12月の恒例行事になって、毎年やってくるのかもしれません。

先週は義母と義弟たちが夫の誕生日を祝うためにやってきました。

できたら、1度にまとめてやってきてもらいたいと思うのですが、義父は別れた妻と会いたくないらしく、義母も別れた夫とその妻に会いたくないらしい。おかげで2週連続で週末がつぶれました。

誕生日なのでまあしょうがないですが、私の誕生日は夫は祝ってもくれません。自分の誕生日で頭がいっぱい。

2週にわたる夫の誕生日という名の夫の家族との付き合いが終わってほっとしたのもつかのま、夫がクリスマス実家に行って、父親主催のクリスマスハイキングに行きたいというのです。

2週連続であんたの親戚づきあいして、またクリスマスも一緒に過ごすのか?私はハイキング嫌いなのに、どうしたらいいのか?しかも私クリスチャンでないので、敬虔なカトリック教徒の義母や義弟たちとクリスマスを過ごすのはとても苦痛です。

義母は義父主催のハイキングに行かないので、私も行かないと義母と二人っきりのクリスマスです。弾まない会話、どうしても無理です。なぜか、義父の奥さんとは楽しくおしゃべりができます。すごく興味深い人です。でも義母とは話すことがありません。義父の奥さんはハイキングに行くので、やっぱりハイキングに行かないのは義母と私だけ。

なので、どう考えても楽しくないし、今月、2週連続で夫の家族と会ったので、クリスマスは家で静かにストレスフリーで過ごしたいと言って、断りました。

夫の実家は日帰りでは行けなくて、1泊だったら1日目移動、2日目移動という感じで、全く何もする時間がないので、最低2泊はしないといけないのですが、夫の実家に2泊はきついです。でも、たいてい3泊4泊させられていますが、かなりきついです。

今年の夫の誕生日も義母の理想のプランは誕生日前の週末から私たちが義母宅にやってきて、週末は親戚とティータイムをして、火曜の誕生日当日、みんなで祝うというものでしたが、そうなると、金曜から水曜の朝までの滞在で5泊です。働き盛りの中年男になった息子の誕生日を5日もかけて祝うという発想はどこから生まれてくるのかとても疑問です。月、火曜日と有休をとれと言ってることだし、、、。

夫の実家に数日滞在するというのは、本当に気を使ってストレスだと思うので、極力さけたいとたいていの人は思っているはずです。

私の夫は私の実家に気を遣わず、3週間も滞在できるので、私のストレスと苦痛が理解できないようです。

前回、泊りがけで訪ねたときも、朝、いつまでも寝てたらいけないと、早起きしたら、足音が聞こえたので慌てて起きたと嫌味のようなことを言われてしまうし、かといって、ずっと寝てたら、やっぱり嫌味を言われそうだし、言われなくても、夫の実家で長いこと寝ていられません。

夫はうちの実家でも平気で毎朝10時くらいまで寝てて、両親もあきれていました。
病気だった父も最初のうちは夫が起きるまで朝食を待っていましたが、薬も飲まないといけないし、さすがに10時近くまで朝ごはん待てないです。起きてきても、すみませんとかの一言もなく、おはようございます、という日本語がなかなか覚えられず、手を振るだけ。ふざけた野郎です。私が嫁の父親だったら、激しく怒り狂うと思います。そんな感じで、嫁の実家でも全く気を使わないので、3週間も平気で過ごせるのだと思います。なので、私が夫の実家で気を使うしストレスがたまるというのが全く理解できないのです。

義母も、結婚生活短くて、義両親宅訪問なんてほとんどなく、親戚づきあいといえば、自分の親兄弟との集まりなので、やっぱり、嫁の立場がわからないのです。

とりあえず、今月2週連続で親戚づきあいをしたので、強化月間として、しばらくは親戚づきあいお休み月間を続ける予定。
今後何かあれば、何回かに1回は仮病という名の病気で欠席したい、、、、。








[PR]

by rudern | 2016-12-25 00:39 | ドイツ生活 | Trackback | Comments(0)

11月のうちに痩せておく

12月になって、チョコレートやクッキーなどをたくさん食べる時期になり、体重計にのるのが怖くて体重を測っていません。おそらくかなり太ってしまったと思います。

先日、クッキーを食べながら、友達に「この季節、ついついクッキーやチョコを食べ過ぎてしまって太ってしまう、、」と言うと、「そうなのよ、だから私は11月のうちに1キロ痩せておくの。アドベント期間になるまでは一切クリスマスのお菓子は食べないで我慢して痩せておくから、12月に入ってお菓子を食べても大丈夫」と言うのです。

今年は、愛犬が亡くなって、寂しくてついつい11月もお菓子を食べてしまって、痩せられなかったそうですが、毎年11月のうちにダイエットしておくので、12月はあまり体重を気にせず、クリスマスクッキーなどを食べることができるそうです。

私の場合、12月1ヶ月間、甘いものを食べたら2,3キロは軽く増えてしまうので、11月にもっと痩せておかないといけないのですが、たぶん、そんなに痩せられないと思います。

クリスマスが終わっても、大晦日、お正月といろいろ食べる機会があります。ただ、私の場合、パーティーやお食事会があってたくさんおいしいものを食べる機会が増える年末年始というよりも、クリスマス、大晦日、お正月という行事にかこつけて、自分でいろいろ作ったり、おいしいものを買って食べたりしてるだけなので、正月もクリスマスもいつも通りの食事をしたらいいだけなのかもしれません。

そうすれば、11月に1キロ痩せておくだけで、12月、ちょこちょこクリスマスクッキーやチョコレートを食べて1キロ太っても大丈夫なんだろうと思います。






[PR]

by rudern | 2016-12-19 16:16 | ダイエット | Trackback | Comments(0)

RITUALS のハンドクリーム

オランダに行くたびに見かけて気になっているお店、RITUALS
ボディローションとかハンドクリームなどのボディケア製品やルームフレグランスなどが売っています。
オランダのブランドですが、ドイツにも専門店があったり、デパートなどに置いています。

ハンドクリームのサンプルを塗ってみたのですが、とてもいい香りで、気のせいか、いつもがさがさ、しわしわの手がすべすべ。

桜というシリーズのハンドクリームはSPF15で外出するときに塗っていくと日焼け止め効果もあって一石二鳥だと思って買いました。

c0212741_05495404.jpg

チューブがピンク色なのもかわいいです。クリーム自体は白です。

私は年相応かそれ以上に手の老化が激しく、手の甲にもいっぱいシミができています。
シミはテニスのせいなのか、年のせいなのかはわかりませんが、おばあさんの手みたいです。
いちおう、外でテニスをする日は日焼け止めを塗っているのですが、忘れることも多いし、一日試合がある日でも塗りなおしをしないので、どんどん日焼けしてシミができてしまったのだと思います。それに普段の外出時には、真夏でも、日焼け止めを手に塗るのを忘れることがよくあるので、これからは、いつもこのハンドクリームを塗って普段から手の日焼けを防ぎたいと思います。







[PR]

by rudern | 2016-12-16 06:08 | スキンケア・ヘアケア | Trackback | Comments(0)

エメンタールチーズ

先日、エメンタールチーズを買って食べたのですが、口に合いませんでした。
しかも、以前にも食べて口に合わないと思ったことを思い出しました。

食感も味も好みではありません。

調べると、エメンタールはチーズの王様らしいです。
だからお店の人がすすめてくれるのかもしれません。

またしばらくしたら、忘れて、お店の人にすすめられて買ってしまいそうです。

エメンタールチーズはチーズフォンデュにいいそうなので、もしまたうっかり
買ってしまったら、チーズフォンデュに使おうと思います。





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2016-12-13 07:07 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(0)

オーガニックシャンプー lavera Glanz & Schwung shampoo

シャンプーはなかなか気に入るものがみつからず、あれこれ試している最中です。
今は、laveraの シャンプー。髪に艶がでるようですが、よくわかりません。
でも、特に支障もなく、普通に使えています。



c0212741_15331788.jpg
今、laveraのサイトを見てみたら、使用法のところに、指先にとって、濡れた髪をマッサージすると書いてありました。
泡立てなくてもいいということなんだろうかとちょっと疑問。それと、私は指先どころか手のひらにとって使っていたので使いすぎだったのかもしれません。

このシャンプーは新商品で、他にもいろんなタイプのシャンプーが発売されたようなので、次回は別のタイプのシャンプーを試す予定です。






[PR]

by rudern | 2016-12-06 15:52 | スキンケア・ヘアケア | Trackback | Comments(0)