練習

今日も朝6時起きでボートの練習に行く。天気予報では雨だったが快晴だ。058.gif
更衣室で、先週の練習で一緒だったリザさんと会う。リザさんはノルディックウォーキングなどしていたが、ちょっと軽すぎるのでもう少し別のスポーツもしてみたいと思って9月の体験コースを受けたそうだ。土曜日の練習以外に彼女は火曜日の夜のエアロビのクラスも受けてるらしい。アクティブな人のようだ。

今日は初心者はリザさんと先週一緒に練習したシュテファンさんと私だけであとの人はちょっと上のレベルの男性たちだったので、上のレベルの男性のうちの一人に一緒に乗ってもらうことになった。

私は朝は苦手で午前中は脳があまり働かない、特にドイツ語だと余計に難しいので、今日も最初のうち何度も先生の指示どおりにすぐ反応しなくて注意される。先生はたぶん、私がドイツ語の指示を理解してないから反応しないのだと思ったのと、先週、ベッティーナさんが先生に私の問題はテクニックより言葉の問題のほうが大きいと言ったのもあるのか、英語で説明しましょうか?と言った。確かに時々長い説明は半分くらいしか理解できないのだが、ドイツ語上達のためには英語よりドイツ語で通してもらったほうがいいのだがな。というか私がドイツ語をもっと上達したらいいのか。。。

今日は手のちからを抜いて足の力で漕ぐようにしましょうと先生は言った。手首をあーしてこーしてなんて考えずに楽に漕ぎましょうという。極端な話、指一本でも漕げるんですと、上級者のトーマスさんに手本になってもらって一人で漕いでもらった。でも、どうしても力がはいるのだった。
練習中に右手側がうまく漕げないことを質問すると、利き手でないほうはなかなかうまくいかないものですという返事だったが、私は右利きなんですがと言うと、それは変ですね、という答えが返ってきた。007.gif 以前からよく人に左利きですかと聞かれるし、能も右脳のほうが発達してるらしいので、母親は完全否定しているが、もともと左利き説は間違いなさそうだ。母が無理やり右利きに変えさせたに違いない。

自分で漕ぎながら気づいたが、足を伸ばす動作が、手がオールをひっぱる動作より先に始められたら手に力を入れずに漕げるようだ。少しでも手の動作が足の動作より早かったら、手に力がはいるようだ。これが正しいのかどうかわからないが。

今日は、競技用選手育成の人のトレーニングの付き添いのモーターボートと何度もすれ違って、そのたび波が来た。先生に波がきたときのブレードの位置を注意された。もっと大きな波が来たときのためにどうしてブレードをその位置におくのか先生は私に身振り手振りをまじえて説明してくれたが、さっぱりわからなかった。そして、水面なのか水上のどっちにあるべきなのかもわからないままだった。008.gif

後半はまた、先生と上級者のトーマスさんがシートの場所を交代した。トーマスさんはそんなことは始めてするみたいだった。また先生はトーマスさんのまたの間を潜り抜けていた。それにしてもボートの上で、こんなアクロバティックなことはしたくない。本当はアクロバティックでないのかもしれないが、少なくとも私にはアクロバティックな動作だ。

トーマスさんの掛け声は勢いがありすぎて、なんだかボートを漕ぐのに力がはいってしまう。先週のベッティーナさんの場合は控えめだったので、掛け声は単にみんなと合わせるためという感じだったが、今日のはなんだかもっと力強く漕げと言われてるような気になってしまった。ボートを続けていると、いつかこのSteuermann もしないといけないのかと思うとちょっと憂鬱だ。私には向いていないポジションだ。
Steuermannは日本語だと、コックスというのか。というか英語のままやん。よくコックスという言葉を目にしたので、広辞苑で調べてしまった。舵手と書いてくれたらなんのことかわかるのに。私はカタカナがちょっと苦手なのだ。

後半は力を抜いて漕ぐのとしっかり漕ぐのを交互に行った。説明を正しく理解してるかわからないので、私が正しく言われたとおりに漕いでいるのかはわからない。

練習の後、リザさんは英語でしゃべったほうがわかりやすい?それともドイツ語でゆっくり話したほうがいいと聞いてくれたので、ドイツ語でゆっくりでお願いしますと答えた。じゃあ、わからないときは別の単語を使って言い直したほうがいいわねと言ってくれた。よくわかってくれている。ありがたい。そうなのだ、同じことを何度言われてもわからないことがよくある。わからない単語があるからだ。別の単語を使ったりして表現をかえてくれるとわかることもあるのだ。001.gif

それにしてもここで知り合う人はみんなフレンドリーで親切でよかった。今度の先生のブルーノも愉快なおじさんで初心者指導向きでいろいろわかりやすく教えてくれるのがいい。

帰りにりんごを買おうと思っていたら、私の食べたいフジがなんと1キロ99セントで売っていた。ついている。フジが売ってる店は限られていてしかもお値段も普通1キロ2,5ユーロくらいだ。ドイツにはいろんな種類のりんごが売ってるが、りんごはやっぱりフジが一番おいしい。ただ残念なのは日本産でないことだ。来週から、土曜のレッスンの後は、ここの町の朝市で野菜や果物を買って帰ろう。001.gif
[PR]

# by rudern | 2009-10-24 15:41 | ボート | Comments(0)

かぼちゃ

今日は朝市でかぼちゃを買いました。これは、北海道かぼちゃ。日本でそんなかぼちゃは見たことがなかったけど、ドイツではよく売られています。
c0212741_2393457.jpg



昨日買ったかぼちゃの種を乾煎りして塩を振ってみました。塩味のお菓子を買うのをがまんしてしばらくはこれをおやつ代わりにたべることにします。
c0212741_23112297.jpg


買ったかぼちゃとかぼちゃの種を使って、かぼちゃと人参のスープを作ってみました。
マギーブイヨンのお店で食べたものがおいしかったので、お店に置いてあったレシピをもらって帰ってじぶんでも作ってみたのですが、簡単でおいしくてビタミンがいっぱいなので気に入っています。
c0212741_21551232.jpg

それにしても私の料理はどうも見た目がおいしくなさそうなのが自分でも気になります。
[PR]

# by rudern | 2009-10-23 23:15 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(0)

かぼちゃの種のせっけん

今日、見つけた石鹸。
羊のミルクとかぼちゃの種のオイル配合の石鹸。
c0212741_5472276.jpg


とりあえず、手を洗ってみたが、今使ってる日本の普通の浴用石鹸で洗ったときは手がぴりぴりしてたけど、この石鹸だとぴりぴりしない。
[PR]

# by rudern | 2009-10-21 05:50 | スキンケア・ヘアケア | Comments(0)

早起き

今日は久しぶりに目覚ましをかけて6時に起きた。今日から土曜日のクラスに参加するためだ。風邪気味だし体調もよくないので、休みたかったが、木曜日も練習できなかったのでできたら今日は参加したほうがいいと思い、頑張って早起きして出かけた。先生も知らないし、参加者も誰も知らないので不安だったが、昨日先生にはメールで連絡しておいた。

寒かったが、天気は良かった。誰かが先生にこれからの寒い季節の服装について相談していた。先生は下半身は厚着する必要はないけど、上半身は暖かくするのがいいと言っていた。そして手袋については、ばかげてると言っていた。漕いでいるうちにあたたかくなるから手袋不要だというのだ。でも私は手がもともと冷たいので途中でかじかむんだがな。


今日は土曜日のクラスをずっと受講してる男性と女性とベッティーナさんと先生と一緒のボートに乗った。いつもは一番のシートだが、今日は3番のシートでベッティーナさんの後ろだ。先生はベッティーナさんの動きを見てまねてくださいという。今度の先生はまた前の二人の先生とは違うタイプのようだ。

漕ぎ出すとベッティーナさんはやたらと早かった。そういえば、この人、前回もみんなに早いって言われたとかいってな。体験コースのときは速く漕がされたけど、ディーター先生の時はゆっくりだったので、最初からちょっと疲れた。おまけに今日は地下鉄の駅から走ってきたので、もう練習前から疲れてたんだ。その上、今日はボートを二つも運ばされた。でも前に上手な人がいるとなんとなくいい。

今日はなんだかわからないけど、始めてする練習をした、名前は忘れたけど、フリップフラップとかプラッチ、プラッハみたいな感じの名前だった。なんていってたんだろう。まあいいか。先生の合図で、手を放したりして
Blaetterを水中に入れたり、水面に出したりした。これで手の力加減を見るらしいが、よくわからなかった。
もうひとつは、Blaetterを垂直にしたまま漕ぐという練習だ。これは何のためか説明聞いても良くわからなかった。でもこの先生はいろいろ復習をかねていろんな合図についてとか教えてくれてよかった。

途中で、先生とベッティーナさんが位置を変えた。ベッティーナさんが足をボートのふちに置いて、彼女のまたの間を先生が潜り抜けた。ボートで旅行したときとかよくこうして移動したと彼女は言ったけど、私はこれはしたくないと思った。大体私の短い足では大きなドイツ人がくぐり抜けれないし。

練習の後は、土曜日だからかボートを洗った。土曜日はすることが多いようだ。服を着替え終わるともう12時半だった。来週はもう一時間早い電車で来て、駅前のマクドナルドでゆっくりしたほうがいいかなと思った。練習前に地下鉄の駅から20分も荷物を抱えて走ってすぐ練習はきつい。でもそうすると、7時の電車に乗らないといけないので、5時か5時半には起きないと。それもきついな。
[PR]

# by rudern | 2009-10-17 23:18 | ボート | Comments(0)

木曜日最後の練習

今日は朝から天気がいい。木曜日最後となるだろう練習も雨降らなくて良かった、なんて思ったのもつかのま、5時半になっても誰も来なかった。来たのは先生だけだ。私一人ではボートは漕げないので、先生に駅まで送ってもらって帰りました。

先生はボート歴50年以上だそうで、いつから始めたかは聞かなかったけど、長い間ボートにかかわってきたんだなあ。先生は木曜のみ担当な上、来年の春からまた木曜日の練習受け持つのか聞くとわからないという返事だったので、先週が最後の練習だったのかもしれない。ちょっとさびしい気分だ。体験コースの陽気なギュンター先生と違ってなんだか優しい感じの先生だったので、ボートを漕ぐのもなんとなくのどかな雰囲気でよかったんだけどなあ。

1週間ボート漕がないとまた忘れそうなんで、土曜日は頑張って早起きして10時からの練習に参加しようと思う。

それにしても今日はとても寒かったけど、お天気よかったのでボートの練習ができなかったのは残念だ。
[PR]

# by rudern | 2009-10-16 04:15 | ボート | Comments(0)