タグ:おでかけ ( 40 ) タグの人気記事

Tongeren

だいぶ、間があいてしまいましたが、ベルギー、Tongeren に行ったときの話の続きです。Tongeren、どう発音するんでしょうか、トンゲレン、トンヘレン??ウィキペディアではトンヘレンとなっていました。

Tongeren は蚤の市で有名ですが、ベルギー最古の街の一つだそうで、蚤の市のあと、古い町並みを散策してみました。

まずは、バジリカ聖堂。
c0212741_2185430.jpg


中世の城門
c0212741_21135780.jpg


有名なペギン会修道院もあり、写真を撮ったつもりでしたが、なぜか写真が見つかりません。同居人が、昔、ベルギーでは独身の女性は修道女にならなくてもいいけど、ペギン会修道院に住まなければならない、、みたいなことを言ったので、なんで、女性だけが、とか思って、私も当時ベルギーに住んでいたなら、ここに住まなきゃならなかったんだわ、とかいろいろ思っていたからか、肝心の修道院の写真を撮り忘れたのかもしれません。

あとから調べると、未亡人や未婚の女性の生活を守るために設立されたものだそうです。
c0212741_21272611.jpg

修道院近くにあった古い建物。
c0212741_21275170.jpg


c0212741_21282216.jpg

1600年代に建てられたものが今でも人が住めるなんて、すごいです。建物の中が気になります。住んでみたいけど、実際住むと不便なんだろうなあ。
c0212741_21293266.jpg

建物の前にいた猫。顔をちゃんと撮れなかったのですが、日向ぼっこしていて可愛かったです。家の近所の猫と毛の色が似てるけど、全然違う。。。

蚤の市を見たあと、市内観光すると、もう蚤の市を回ってくたくたになっているので、あまり市内を歩いてまわりたいという気持ちもなくなり、たいした観光ができないようです。Tongeren にももっと見所があったのかもしれませんが、午前中ずっと蚤の市を見て回ってちょっと疲れてしまってさくっと要所を見て回って終わりでした。それに日曜日でお店も閉まっていて、蚤の市が終わったあとは小さい町が閑散としていて、ちょっと寂しい感じがして、観光という気分になれなかったのかもしれません。

あと、それから、旅の記録は旅から戻ったらさっさと書いてしまわないとだめですね。時間がたつとどんどん忘れてしまいます。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-08-12 21:51 | ベルギー | Trackback | Comments(0)

Kasteel Eijsden

5月、6月とブログをお休みしていたころにちょこちょこ出かけたときのことを思い出しながら書いてみることにしました。

5月オランダのマーストリヒトに行ったとき、近くの街にあるお城に立ち寄ってみました。Eijsdenという街にあるKasteel Eijsden というお城です。なんと発音するのかわかりません。オランダの地名難しいです。

建物には数世帯住んでいるようでしたが、門のところに、日中は庭園など敷地内に入ってよいという案内があったので、敷地内に入ってみました。

門というか城壁というのか、この建物にも何世帯か住んでいるような感じでした。
c0212741_449065.jpg

お城。ここにもどなたかが住んでいるようで、関係ない人は立ち入り禁止の表示がありました。こんなところに住めるなんてうらやましいです。中はどんな感じなのかとても興味があります。
c0212741_4495953.jpg


もう夕方遅かったので、お庭の中までじっくり歩いてみて回りませんでしたが、手入れの行き届いた庭園のようです。
c0212741_4504963.jpg


5月だったので、バラの花がきれいに咲いていました。
c0212741_4513146.jpg

こんなお城が近所にあったら、毎日散歩にでかけたくなりそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-08-02 04:59 | お城 | Trackback | Comments(0)

炎天下のなか、2万歩歩きました。

この週末、ドイツは本当に暑かったです。
土曜日は、猛暑になるとわかっていましたが、雨よりましかと思い、朝から一人電車に乗って出かけてみました。私の住むノルトラインヴェストファーレン州は学校の夏休みの真っ最中ということもあってか、朝から電車は混みあっていました。

電車を乗り継いで、2時間半ほどかけて向かった先はボン。お昼ごろ通りかかった薬局の前の温度計は35度を表示していました。一日中歩いて、家にたどり着いたのが、電車が遅れたせいもあって、もう夜の9時半過ぎ。

この日の歩いた歩数は20079歩。こんな暑い日に2万歩も歩いたのだから、脂肪も燃えて溶けたんじゃないかと思ったのですが、そんなわけにはいかないのですね。体重は全く、減っていませんでした。おなかの贅肉もぶよぶよのままです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-07-21 18:41 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

Maastricht

もうだいぶ忘れかけてしまっていますが、5月にオランダのマーストリヒトに行ってきました。
お店もたくさんあって買い物にもよさそうな街で、ドイツ人もたくさん観光や買い物に来るようです。

土曜日だったからか、駅前の通りで蚤の市が開催されていました。どれもちょっと高いような気がして何も買えず、見るだけ。

c0212741_1842513.jpg

マーストリヒトで見たかったもの。世界一美しい?本屋さん。
私の写真が下手なので、そんなに美しく見えませんね。教会の建物を本屋さんとして使っているので美しいといえば、美しいのですが、私には図書館のように見えます。

外観はいたって普通の教会です。
c0212741_18422718.jpg


マーストリヒトの観光名所の一つ、地獄門。
c0212741_18312536.jpg


どうしても、太宰治の羅生門が浮かんできます。ガイドブックによると、ペストを患った人がこの門を通って、向かいに建てられた隔離施設に送られ、その後戻ることはなかったというのが、門の名前の由来だそうです。

それから、市庁舎。
c0212741_1838313.jpg

私はどの街に行っても、市庁舎の写真撮影をしています。特に理由はないのですが。。。毎回いろんな市庁舎の写真を撮っているわりに、いつもいい写真が撮れません。どの角度から撮ったらいいのかがわからないからなのでしょうか???

マース川。時間があったら、マース川を船に乗って観光してみたかったです。
c0212741_18355277.jpg


マーストリヒトで入ったカフェで食べたLimburger Vlaai というケーキ。
c0212741_1836559.jpg

リンゴとくるみかヘーゼルナッツが入っていました。素朴な味で、とてもおいしかったです。カフェは日本のガイドブックにも載っていた Bisschopsmolen というオーガニックのパン屋さんのカフェです。こういった素朴なケーキはもともとあまり好きではありませんでしたが、このお店のケーキはあっさりしていて、とてもおいしかったです。

マーストリヒトはドイツに近いからということもあるのか、どこでもドイツ語が通じました。夫はドイツ語しかしゃべれないので、オランダでもドイツ語しかしゃべりません。見た目もドイツ人とオランダ人違いが特にないし、陸続きで国境を越えたという感覚もないので、よけいに外国にいるという感覚もなく、普通にいつもどおりドイツ語。というかドイツ語しかしゃべれないだけなのですが、、、。夫以外にもドイツ語で普通にお店の人に話しかけるドイツ人たくさんみかけました。

ドイツ語のオランダのガイドブックを買って読んでいると、オランダ人は英語もドイツ語も通じるので、言葉で困ることはないが、ドイツ語で話しかけると、横柄な印象を与えると書いてあったので、なるべく英語で話すように頑張ってみました。ドイツに住むようになって英語をどんどん忘れていってるので、とっさに簡単な文章もいえないことが多いのですが。

確かにマーストリヒトで見たドイツ人はドイツ語で話しかけていて、どことなく横柄な態度に見えました。でもオランダの人たちは普通に接してはいましたが、、、。

それから、マーストリヒトの人はなんとなくおしゃれな気がしました。まあ、デュッセルドルフに行っても私の住む街のドイツ人とは明らかにセンスや洋服の質が違うと思うのですが、マーストリヒトの人もみんな男性もおしゃれな感じがしました。そもそもドイツ人のようなビール腹のおじさんをあまり見かけなかったような気もします。それに、ドイツだったら、カフェやレストランのテラス席でビールを飲んでる人を多く見かけるのですが、マーストリヒトではビールよりワインを飲んでいる人が多かったです。

マーストリヒトは私の住む街からだと2時間ほどだし、今回は半日くらいしか観光ができなかったので、また遊びに来たいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-07-18 18:54 | オランダ | Trackback | Comments(2)

オランダまで

金曜日はKarfreitag (聖金曜日)で祝日だったので朝からオランダまで行ってきました。
c0212741_2195367.jpg

家から車で1時間も走ると、オランダとの国境です。写真は国境を越えたところ。本当は国境で写真を撮るつもりでしたが、うっかり見逃してしまいました。

ドイツは聖金曜日は祝日ですが、オランダは祝日ではないとのことで買い物してきました。

予想以上の人ごみで家に帰ってからも激しい頭痛がしたくらいです。昔から人ごみに酔うようで、大阪の梅田に買い物に行くと家に戻ってから激しい頭痛に悩まされたものですが、本当にびっくりするくらいの人がオランダの小さい街に押し寄せていたので、久しぶりに人に酔って頭痛がしました。

続きはまたあとで。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-04-21 19:18 | オランダ | Trackback | Comments(0)

今日のお買い物、たまねぎ入れ

最近ずっと天気がいい日が続いていますが、明日からちょっとお天気も下り坂という予報だったので、ほしいものもあったし、家から歩いて40分ほどのところで開催されているフリーマーケットに散歩がてら行ってきました。

今日のフリーマーケットでの目的はたまねぎを入れる陶器の入れ物を探すことです。
たまねぎ入れる容器を先日、雑貨屋さんで見てほしいなと思っていたのですが、お店で買う前にフリーマーケットで安いのが見つからないかなって思ったのです。

平日でしたが、結構人もたくさんいて、お店もたくさんでていましたが、あちこち見て回っても、全然見つからず、そのうち、たまねぎを入れる容器を探しに来たことを忘れて、ポットなど見とれていたら、なんだかわからないけど、かわいい植木鉢カバーのようなものを見つけて、値段を聞くと3ユーロ。

植木鉢カバーは十分あるし、ほしいのは玉ねぎを入れる容器なので、やめておこうと思うと、3ユーロでも買うかどうかまだ悩むのかみたいな、失礼なことを言われてちょっとむっとしました。

これまでも、安いからってとりあえず買ってつかわないがらくたもいろいろあったので、これ以上無駄な買い物はしたくないって思っただけなのに、、、。それに今日探していたのは玉ねぎを入れる入れ物だったからなのに。

その後も、糸つむぎとか木の可愛い箱、たぶんお菓子が入っていたようなフランスの缶などかわいいものは見つかりましたが、玉ねぎをいれる陶器の入れ物はみつかりません。

ほとんど一通り見て、もうないかなとあきらめかけたとき、ふと、たまねぎの形をした陶器の入れ物が目に入りました。

間違いなくたまねぎ入れです。側面に穴があいていて、通気できます。

本当は、もっとつぼみたいな形で、玉ねぎってドイツ語で書いてあるかわいい入れ物がほしかったのですが、そんな可愛いものが見つからず、唯一見つけた玉ねぎ入れだったので、値段が妥当なら買うべきだなと思い、値段を聞くと、なんと50セント。今1ユーロ140円ちょっとなので、日本円にしたら70円くらい。

ふたのふちのところが少しだけかけているからだそうですが、食器ではないし、とりあえず、玉ねぎ入れる容器がほしかったし、50セントなので、買いました。

お店の人が新聞紙で包んでくれている間に、ちらちら見たり、手にとって見ていた、小さなホーローの入れ物も、「じゃあ、これもおまけにどうぞ。」といただきました。

50セントの買い物に、おまけまでつけてくれて、おじさん、もと取れるのかなって心配してしまいました。もしかしてただで手に入れたものなのかな??

これまでも、フリーマーケットでは子供のお小遣いくらいの金額で、買い物してきましたが、今日はとりあえず、ほしかった玉ねぎ入れが50セントで買えたので、大満足で、また40分ほど歩いて家に帰ってきました。

c0212741_5445439.jpg

ホーローの入れ物は家に帰ってよく見ると中国製だったのですが、掃除などに使う重曹を入れるのにちょうどいいです。

玉ねぎ入れは、中くらいの大きさの玉ねぎが10個くらい入ります。本当は20個くらい入る大きなものがよかったのですが、あんまり大きいのも場所をとるし、狭いキッチンなので、これくらいの大きさでいいのかも。

それから、フリーマーケットに行くたびに思うのですが、食器やいろんなものがたくさん売っています。まだ十分使えそうなものも新品ではないけど、たくさんあります。きっといろんな家の地下とか物置とかにも使ってないものがたくさんあるんだと思うのです。なのに、次から次へと新しい製品が作られてて、もったいないなあと思ってしまいます。新しく物を作るのにも、原材料の資源や燃料も必要なのに。。。それに今でも有り余っていそうなのに、まだまだ作り続けるのってどうなんだろうか。フリーマーケットに行くたびに考えてしまいます。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-03-14 06:20 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

give and take

Tauschring という交換サークルと訳したらいいんでしょうか、そんなサークルを見つけました。ガーデニングのお手伝いをする代わりに、ズボンの裾上げをしてあげるというような、お互い助けあうサークル。英語だったら、give and take になるんでしょうか。

そんなサークルの月1回の集まりというのがあったので、見学に行ってきました。
初めての人、興味がある人は30分前に行くと詳しい説明をしてもらえるというので、行ってみました。私以外に興味ある女性が2人。

説明によると、まず、会員になって、入会金10ユーロを払うということ。
会員になると、サイトの掲示板にアクセスできて、庭仕事手伝ってほしい、とか翻訳してほしい、とかパソコンを教えてほしい、とか掲示板に書き込めるようです。それから、自分でも裁縫ができます。とか、朗読します、とかも書き込めるということ。

掲示板を見て、自分にできることがあったり、してもらいたいことがあると連絡してみるとのことです。お金の代りに1時間くらいの仕事に対して、10ユーロくらいに値する、20ポイントとか何か別の単位のもので換算して、誰が誰にどれだけのことをしたかを会に報告しないといけないようです。もし、誰かに何かしてあげると、自分の口座にポイントがつき、逆になにかをしてもらうと、マイナスのポイントが加算されるというもの。

いろいろ手伝ってもらってばかりで、他の人に何もしないと、マイナスポイントになっていくようで、そういう人はそのうち、顔もださなくなっていなくなるようです。

私は今特に何かしてもらいたいこともありませんが、私が他の人に何ができるのかもわかりません。

ドイツで私は何年も一人で暮らしてきて、こういうものがあれば、本当に助かるだろうなと思っていたので、とても興味があり、出かけてみましたが、実際にはそう簡単ではなさそうです。

月1回の集まりには、不用品を持ち寄ったり、食事やケーキを持ち寄って、これらも、それぞれ、持ってきたらポイントがつくようです。食べるとマイナスポイント。この日も見学に来た私たちはもちろん何も持ってきていませんが、食べたければ食べてよいけど、マイナスポイントがつく、と言われてなんだか、ちょっと嫌な気分になりました。その人いわく、奥さんが作ったサラダはオーガニックの食材を使っているし、奥さんは障害があって、サラダを作る労力を考えると、1皿いくらかのポイントをもらうのは当然だというので、まあ、そうなのかもしれませんが、、、。

いろいろ調べても、どこのTauschringもポイント制でお金の換わりにポイントで計算するようですし、交換サークルなので、それはそれでよいのですが、月1回も集まりの持ち寄りの食べ物までポイント制というのはちょっと私には納得いきませんでした。

そこまで、なんにでもポイントつけると、お金じゃないけど、お金みたいな感じがして、いやな気分になりました。それに食べ物持ってきたけど、誰にも食べてもらえないと、ポイントゼロかな??なんて。。。

この日やってきた会員の人もほとんど中高年の女性。男性は二人だけ。もしかしたら、食べ物持ち寄りなので、自分で何か作ってきやすい女性ばかりになってしまったのかな。料理苦手な男性は来るたびに食べてばかりで、マイナスポイント加算されちゃうから、来ないのかも。

見学に来た二人の女性のうち、一人はその場で会員になっていましたが、私ともう一人の女性はまだよくシステムがわからないという理由で、検討中ということで帰ってきました。

パッチワークの会で知り合った、おばあさんがこの会の会員になっているようで、この日偶然会ったのですが、後日パッチワークの会で会ったときに、交換サークルで他の人が作ってきたお料理がすごくおいしかったことや、いい雰囲気でよかったこと、そして、会員の人たちといろんなアイデアの交換ができるのがよいと話していました。

パッチワークの会のときにも、私に、お孫さんにプレゼントしようと思って作った、ビーズのアクセサリーを見せてくれて、一人だったら、どんなデザインにしたらいいのかよくわからなかったんだけど、交換サークルで他の人に相談していろんなアイデアを出してもらって、なんとか作れたそうです。

単に物や労力の交換以外にも、アイデアや考えの交換というのもあるんだなと、おばあさんの話からわかりました。まさか、アイデア教えてもらって、ポイント加算されないだろうし、そうやって、いろんな人とお話しして、得るものもあるので、交換サークルは単に労力の交換だけでなく、地域の人たちの助け合いの場でもあり、交流の場でもあるのかもしれません。

まあ、しばらくはパッチワークの集まりに参加して、おばあさんから、交換サークルの情報を得ながら、様子をみようと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]

by rudern | 2014-02-26 16:40 | ドイツ生活 | Trackback | Comments(9)

オランダ日帰り旅行、Utrecht

だいぶ前のことですが、去年の8月に行った日帰りオランダの旅について。。

土曜日に日帰りで行けそうなところに観光に行こうとふと思いたって、オランダのユトレヒトに行ってきました。

ユトレヒト、正しい発音がわからないのですが、ユトレヒトとオランダ人に言っても通じませんでした。本当はなんと発音するのかな。

朝食を食べて、ちょっと準備をしてから出発。2時間ちょっとでユトレヒトに到着。

フランス旅行の帰りに立ち寄ったベルギーの街に似た雰囲気。

112mも高さのあるドム塔(Domtoren)。
c0212741_16444278.jpg


旧市街を流れる運河沿いにはレストランやカフェが並んでいて、運河沿いのテラスで昼食。
運河にはたくさんのボートが行き来しています。
c0212741_323337.jpg


いろんなボートが行き来するのを眺めながらお食事。
c0212741_321737.jpg


c0212741_322086.jpg

気のせいか、男性ばかり乗ってるボートと女性ばかりのボートをたくさんみかけたような。

昼食後は運河めぐりに参加しました。ガイドさんはオランダ語、英語、ドイツ語で説明して
くれます。船の中からの風景。
c0212741_330834.jpg


1時間ほどの運河ツアーのあとは、もう一度、運河沿いを歩いて回りました。

運河沿いにはギャラリーとかお店が並んでいましたが、道路の下なので、運河に面している壁にしか窓や扉をつけられないようで、だけど、結構奥行きがあり、日中でも電気をつけないと暗いところのようでした。
c0212741_3321886.jpg

ミッフィーで有名なディック・ブルーナの博物館もありました。残念ながら閉館時間になってて見学できませんでした。

c0212741_16495453.jpg


運河ツアーの途中でみた、長い集合住宅。
c0212741_3342789.jpg

運河ツアーのガイドさんの話によると、この建物は昔、貧困な人のための住宅だったそうです。
今はどういう人が住んでいるのか知りません。家の中はどうなのかわかりませんが、私は住んでみたいなあと思いました。

家の前もお花や植物がいっぱい置いてあってかわいいです。
c0212741_3352095.jpg


ユトレヒトを訪れた日の翌日に何か催し物が開催されるようだったので、あちこちに、簡易トイレが設置されていました。
c0212741_340399.jpg

男性用が個室でなくて、しかもオランダ人は背が高いようなので、私が男だったら、この男性用はちょっと高すぎて使用不可能だな。私と身長が同じくらいの、吉本新喜劇の池野めだかさんも無理だな、なんてくだらないことを考えてしまいました。

c0212741_345245.jpg

ユトレヒトの街並みは、ドイツの街並みとはちょっと違っていますが、こういう街並みも好きです。写真の中の一番間口の狭い家。ぜったい、住んだら不便そうだけど、1度住んでみたいです。

暖かくなったら、またオランダに行きたいなあ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]

by rudern | 2014-02-06 15:46 | オランダ | Trackback | Comments(4)

天気がよかったので、Patchwork Treff に出かける。

ドイツでは同じ趣味を持つ人が定期的にカフェで集まったりすることがよくあります。
私も、これまで、読書サークルや英語で話す会とかに参加したことがあります。

今日は、パッチワークをする人たちの集まり(Patchwork treff)に顔を出してみました。
去年、地元の新聞で週に1度カフェでパッチワークをする人たちの会があると知ったのですが、
知らない人たちのグループに一人で参加するのは勇気がいります。それにみんな日本人ではないわけで、言葉の問題もあるので、余計に気がひけます。私はもともと引っ込み思案で人見知りなので、特にそういう場に出かけていくのは大変です。(といいつつ、これまで結構一人でいろんな場に顔を出しているのかもしれませんが、、、。)なので、毎週、今日は風邪気味だし、とかいろいろすることがあるし、、などと自分に言い訳して行くのをずっと避けていました。

でも、今日はお天気がとてもよかったので、行ってみようという気になれました。

カフェに行くと、編み物してる人などがいるテーブルがあり、編み物グループもあるのかな?と
思ったら、それが、パッチワークの会でした。

中高年の女性5人ほどが大きなテーブルに座っていました。たぶん、みなさん60歳前後でしょうか?
最初はちょっと距離がありましたが、徐々にパッチワークのことや、今作っている作品のことなど説明してもらえました。

今作っている作品というのが、よくパッチワークの本で見るけど、好きなパターンではなく、しかも難しそうだったので、なんなのか知りませんでしたが、聞いてみると、セミノールというセミノールインディアンの女性たちによって始められたものだそうで、見た目よりも簡単にできると作り方も説明してもらいました。

一番高齢と思しきおばあさんが、今作っている途中のクッションカバーについて説明してくれたり、親切な人ばかりでほっとしました。正直、一人初めてそういう場に出かけても、みんないつもどおり、いろいろ話をしたりするのを、一人でただ、おとなしく聞いてるだけになるのかなと心配していたのですが、どの人もみんな、私が理解できそうにないことなどをちょこちょこ説明してくれたり、気を使ってくれたので、うれしかったです。

私は現在、初心者なのに超大作を作っている途中だとは言い出せず、パッチワークに興味があるんですとだけ言っておきました。

いつ完成するかわからないような超大作の途中で、このグループに参加し続けると、みんなと一緒に作品を作り始めないといけなくなり、寝る間も惜しんでひたすらパッチワークしなきゃいけなくなるのではというのがちょっと心配です。

ただ、今仕事をしていなくて、家で毎日一人で人との交流もなく、今住んでいる街にはほとんど友達もいない寂しい生活なので、同じ趣味を持つドイツ人との交流はドイツ語上達のためにも、ドイツ社会になじむためにもいいのではないかと思いました。

パッチワークの会が開催されていたカフェは、ボランティアの人が働いていて、いろんな会や勉強会が開催されているちょっと普通のカフェとは違ったところのようで、カフェの人にも、私が、引越ししてきてまだ1年ちょっとで友達もいず、たいてい家で一人でいると話したら、いつでもここに来ていろんな人と話してみたらと言われました。お店の人も別にお給料もらっているわけではないので、たぶん、話し相手になってくれそうな雰囲気でした。幸い、カフェは家から歩いて20分ほど。誰も話してくれないときのために、本でも持っていって、一人で読んでいてもいいし。

今年は仕事を見つけたいと思っていますが、それまでは、ときどき、このカフェに立ち寄っていろんな人としゃべったり、仕事以外でも何か始めて、できるだけ家に引きこもるのはやめようと思います。

家に引きこもっているのは本当に精神的によくないですね。
特にドイツの冬、今年は暖冬でそれほどでもないですが、暗い気分になります。

今日は久しぶりにドイツでいろんな人とおしゃべりして気分がよいです。

お昼ごろは本当に良いお天気でした。通りがかった教会。
c0212741_558395.jpg


カフェを出た頃には日が暮れかけ。夕方5時ごろ。ドイツの冬は日が短くてつらい。。春が待ち遠しいです。
c0212741_5591962.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]

by rudern | 2014-02-04 06:06 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

水曜日は買い物の日

水曜日は買い物の日と決めています。
午前中、街の中心にある広場で大きな朝市が開催されていて、そこで買い物をして、ついでにデパートやお店をぶらぶらして帰ります。

そして、ドイツの一月ってもっと寒かったような気がしますが、今年の冬は本当に暖かいです。
ダウンジャケットを着なくても大丈夫なくらい。そして、例年なら春はまだまだという感じなのですが、今年はもう3月くらいに思えるほど、緑がいっぱいです。なので、買い物に来て外をぶらぶらするのも楽しいです。

市役所の前の広場に和平と書かれたモニュメントを見つけました。前からこんなのあったかな?よく通るけど、あんまり気づいていなかっただけなのか。。。
c0212741_15533886.jpg


市場では大きな白菜と人参を買ってしまい、重くて、あんまりぶらぶらできなかったので、一旦家に戻って、午後からは久しぶりに大きなオーガニックスーパーマーケットまで行ってきました。
バスで20分くらいのところにあるのですが、私の知らないいろんな地区を通っていくので窓からの景色をみているのも楽しいです。
途中で、ひろびろとした敷地で自由に動き回ってるたくさんのにわとりを見つけました。
もしかしたら、ここでたまごを売ってもらえるのではと期待。近くに大きな農家の建物もあったので、もしかしたら、野菜なども売っているかもしれないです。今度立ち寄ってみたいと思います。

それから、久しぶりのオーガニックスーパーでは、ヨーグルトやハーブティに化粧品も買いました。
ここのスーパーは洋服、食料品、ワインにチーズにお肉に、化粧品から洗剤まで
かなりたくさんの商品が揃っているのでお気に入りです。お店の人も感じがよいです。

最近、ずっとお天気がよくなくて、出かける気にもなれず、家に閉じこもって暗い気分で過ごしていましたが、久しぶりに出かけると新しい発見もあり、気分もよくなります。これからも、冬だからと家に閉じこもらず、外にでようと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]

by rudern | 2014-01-23 16:09 | おでかけ | Trackback | Comments(2)