タグ:カフェ ( 16 ) タグの人気記事

アントワープのデルレイのカフェ

もうほとんど忘れてしまいそうな年末のオランダ・ベルギーの旅の続きです。

せっかくアントワープに来たので有名なチョコレートをいろいろ買おうと思い、お店も調べましたが、チョコレートを買うついでにお茶休憩もできるようなカフェ併設のお店に行くことにしました。

いろいろ調べたなかで、デルレイ(Del Rey)はカフェもあるということで、混んでるかなと思いつつも立ち寄ることにしました。

正直、昔から有名なゴディバとノイハウス以外のベルギーのチョコレート屋さんを知らなかったので、デルレイのことも知りませんでした。

でも、アントワープではデルレイは日本人にも人気があり、日本にも出店しているということなので、ちょっと気になったのです。

混んでるかなと思いましたが、年末だからかすいていました。

チョコレートのお店ですが、おいしいケーキが食べたくて、注文したのは、こんなケーキ。

c0212741_6113663.jpg


写真は夫が撮ったので、私のしわしわの手やバックが思いっきり写っているので、切り取ってケーキにスポットライトを浴びせてみました。

ドイツではなかなか出会えないタイプのケーキです。こういうケーキがしょっちゅう食べれたらうれしいのに。

もう味は覚えていませんが、おいしかったです。

飲み物にはチョコレートが3つくらいついてきました。

c0212741_6142231.jpg


スミレ色の砂糖を紅茶に入れたらおいしかったです。上品な感じです。スミレ色の砂糖どこに売ってるのかな。それが気になりました。

チョコレートはとても濃厚でおいしかったですが、3つもついていたので、もうそれだけで満足して持ち帰りはしませんでした。

私はチョコレートケーキが苦手なので、普通のケーキを注文しましたが、夫はチョコレートケーキを注文したので、味を聞くと、すごいチョコレート味だったと言っていました。濃厚でずっしりおもい感じなんでしょうか?

お茶をした後は、チョコレートはかわず、マロングラッセと一口サイズのプチケーキを買いましたが、これがまたおいしかったです。

あと、写真撮りませんでしたが、お店の外観もチョコレート屋さんというより、高級宝石店とかそんな感じでちょっと敷居の高そうな感じがしました。


せっかくアントワープまで来たので、有名なデルレイに行けたのはよかったです。それにカフェも混んでなかったし。

次回のアントワープの旅は、デルレイとチョコレートライン以外のチョコを試してみようと思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-02-09 06:27 | ベルギー | Trackback | Comments(0)

名古屋でモーニング

ブロ友さんから名古屋はモーニングが有名だと聞いていたので、名古屋に行ったらぜひモーニングを食べなくてはと思っていました。

ホテルの近くでモーニングが食べれるところを探していたら、コメダ珈琲のおかげ庵があったので、そこで念願のモーニング。

私は食パンがあまり好きでないし、ドイツでいつも朝食はパンなので、せっかく日本にいる間くらい和のものをできるだけ食べておきたいと、おにぎりにしました。
c0212741_2272668.jpg


食パンも食べれないけど、おかずがないとご飯がたべれないことに注文してから気づいて後悔。お味噌汁がついていましたが、お味噌汁だけではご飯が食べれないのです。おにぎりに具が入っていたらよかったのですが、普通のおにぎりだったので、ご飯が苦手な私はちょっとつらかったです。

夫は小倉トースト。あんこが苦手な夫はあんこをジャムにかえてもらえないかと聞くので、そんなの無理とお店の人に聞かずに勝手に返答。名古屋なので、やっぱり小倉トーストを食べたほうがいいと思ったもので。。
そんなことで夫にいじわるをしたので、自分は苦手な具の入っていないおにぎりを食べることになってしまったのかも。

でも夫はあんこが苦手なわりに、普通に小倉トースト食べていました。食べようと思ったらあんこも食べれるやん。と母と話していたのですが、夫は日本語がわからないので、一人もくもくと食べていました。

あと、母がコメダ珈琲に行ったらシロノワールが食べたいと言っていたので、それも注文。
c0212741_2274543.jpg

3人で分けて食べました。

今気づきましたが、私、シロノワールのこと、シノワロールだと思っていました。私はよくカタカナの名詞を勝手に並べ替えて別の名前で覚えてることが多いのですが、これも勝手に並べ替えてたようです。

注文したとき、シノワロールって言ってたらって思うと、いまさらながら恥ずかしくなってきました。

マイケルジャクソンのことをジャイケルマクソンと言ってるおばちゃんくらい恥ずかしいです。私もそんなおばちゃんの仲間入りをしてしまったということなのかもしれません。これからは、カタカナはしっかり正しく読まないと、、、、。

ホテルの朝食は高いですが、名古屋だとカフェとか喫茶店でモーニングを食べたらかなりお得ですね。

また名古屋に旅行に来ていろんなカフェでモーニングが食べたいです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2015-11-07 06:44 | 日本 | Trackback | Comments(2)

ケーキ屋さんのケーキでないと。ミュンスターのケーキ屋さん

私は、ドイツでカフェやパン屋さんのケーキではなく、ケーキ屋さんでケーキが食べたいのですが、ケーキ屋さんを見つけるのがたいへんです。

カフェは街のあちこちにあるのですが、ケーキ屋さんは少ない。
ミュンスターに行ったら、街の中心から30分近く歩かないといけないケーキ屋さんまで一人でてくてく歩いてでかけるのですが、先日は、もうかなり長い間町をぶらぶらしすぎて、そこから更に30分も歩く気力がなく、ふと思い出した、街の中心にあるケーキ屋さんに行くことにしました。

そのケーキ屋さんは以前ブロ友さんとミュンスターに行ったときに、見つけたお店で、外から見ただけですが、昔ながらの内装で素敵だったので、時間があったらここでお茶をしましょうなんて言っていたのに、お昼ごはんを食べに入ったお店で長居しすぎて、時間がなくなり、いけずじまいだったのです。

では、今回はこのケーキ屋さんで、とお店に行くと、ドアを開けるといきなり階段で、カフェは2階ですと言われてしまいました。前見たときは、カフェは1回だったのに、と思いながら2階に上がると、前回見たイメージとは違う今時の内装のカフェになっていました。

調べるとケーキ屋さんはカフェに変わってしまって、ケーキ屋さんは2階に移ってかろうじて営業を続けることができたということでした。

昔ながらの内装のところでお茶ができなかったのは残念ですが、とりあえず、ケーキを注文。

ケーキのカウンターのところには、白髪の凛とした女性が注文を聞いてくれました。

もう私の母くらいかそれ以上の年だと思うのですが、しゃきっとしていて、そして、特に優しいというわけでもなくいけど、心地よい応対をしてくれました。なんと表現していいのかわかりませんが、本当にりんとした方で、こういう立ち振る舞いができたらいいなあと思いました。

カフェは昔ながらの常連さんなのか、みんなお年寄り。

いつも思うのですが、ケーキ屋さん併設のカフェはほとんどお年寄りしかいません。自分ももう若くないからか、若い人が多い普通のカフェよりもちょっと時代遅れな内装でお年寄りばかりのケーキ屋さん併設のカフェのほうが落ち着きます。

それに私はたくさんのケーキの中から自分が食べたいものを選びたいので、数種類しかケーキを置いてないカフェより品数の多いケーキ屋さんのカフェでないといけないのです。

数あるケーキの中から私が選んだのは、ラズベリー味のバタークリームのケーキ。色はピンク、果物はラズベリーが好きなので。
c0212741_15374860.jpg


お店はミュンスターのSalzstrasseにある Grotemeyer です。ミュンスターで一番古いカフェのようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-07-02 15:54 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(2)

ケルンで食べる、食べる、食べる。

私はどこかの街に出かける時は、必ず、食べ物やさんをあらかじめ調べてから行きます。

先日のケルンもなにかおいしいものを食べたくていろんなお店を調べました。

見つかったのが、フランスパンを売ってるパン屋さんとおいしそうなケーキやさん。

ケルンには朝9時ごろ到着なので、朝パン屋さんで朝食をとって、お昼ごはんの代わりにケーキやさんでケーキを食べようと計画。

パン屋さんは、epi というお店。フランスパンの店というので、期待大。

確かにお店はフランスパンでいっぱいで、お店には朝食メニューもありました。本当は食べたいパンを一つ選んで、飲み物と一緒に食べたかったのですが、それはできないような感じでした。お店の人があまりフレンドリーではなかったので、確認できなかっただけなのですが。

朝食メニューにはフランスパンにイズニーのバター、フランスのはちみつにコーヒーとかのセットがあったのですが、イズニーのバターは家にあるし、セットは高かったので、クロワッサンとカフェオレを注文しました。

一昨年フランスに行ったとき、カフェオレボウルでカフェオレが飲みたいと思っていたのに、どこのお店でもカフェオレボウルでは出てこなくて、がっかりしたのですが、ここはどんぶりみたいな大きなカフェオレボウルに入って出てきました。

c0212741_715593.jpg


クロワッサンの味のほうですが、よくわかりません。すごいおいしいというほどでもなかったような、、、。たぶん、お店の人がそんなに対応がよいわけでなく、ちょっとがっかりしたからかも。そしてちょっと高いです。カフェオレとクロワッサンで5.5ユーロでした。カフェオレについてたシュー生地のお菓子のようなパンのような食べ物はとてもおいしかったです。

朝食のあと、お昼に行く、ケーキ屋さんの場所を下見しておこうとお店の前まで行って外からのぞいてみましたが、朝の10時ごろなのに、すでに満員でした。(後でお店のメニューを見てわかりましたが、モーニングのセットがあったので、朝食を食べるお客さんでいっぱいだったようです。)

それから、ケルンの街をぶらぶらして1時ごろお店に行くと、比較的すいていて、座ることができました。

お昼ごはんの代わりだし、また次いつ来れるかわからないので、欲張って、カシスとチョコのケーキにエクレアにマカロンを注文。
c0212741_7223843.jpg


c0212741_7225412.jpg


ちょっと欲張りすぎたかなと思いましたが、なんとか完食できました。マカロンは毎回食べるたびに思うのですが、見た目がおいしそうでも、私の口には合わない食べ物のようです。それを毎回忘れて、見た目がおいしそうなのでついつい注文してしまいます。

エクレアは上からかかってる白いソースが甘すぎでした。チョコがかかってるのにすればよかった。

ケーキは甘すぎずおいしかったです。

私の席の隣に座っていた女性は、ケーキ1個とコーヒーを注文して、ささっと食べたら、別のケーキと2杯目のコーヒーを注文して、またぱくぱくと完食してました。あまりにいきおいよく食べていたので、もしかして、3順目もあるのかと期待して待っていましたが、2順で終わりでした。がっかり。

私はビュッフェ形式で一度に注文してしまったけど、お隣の女性のようにコース形式で食べ終わったらまた注文のほうがスマートな食べ方のように思いました。今度はそうしてみようと思います。


このお店のホームページを見てわかったのですが、テレビでよく見るパティシエのお店でした。結構イケメンで、ドイツ人女性が好きそうな顔だし、ドイツ人女性、料理よりお菓子作りのほうがすきという人も多いので、結構人気あるだろうなあとテレビで見るたびに思っていた人。私の好みではないのですが、、、、。

でも、お店の色が濃いピンクでテレビで見たことしかないけど、イケメンのパティシエのイメージとはちょっと違うような気がしました。

お店の外観です。かわいいといえばかわいいかも。

c0212741_456063.jpg

お店の名前は、Törtchen Törtchen ケルン市内に数店舗あります。


そして、家に帰ってからご飯を作るのはめんどうなので、ケルンで食べて帰ろうと思い、夕食を食べるお店も調べました。せっかくなので、普段食べれない日本食を食べることにしました。

夫が天ぷらと言う言葉を習ったようで、やたらと天ぷらとうるさかったので、天ぷらを食べれるお店を探してAkira というお店に行きました。

夫にも天ぷら料理を注文させ、私は大好きなえびの天ぷら。
c0212741_642030.jpg

久しぶりにさくさくの天ぷらがたくさん食べれて大満足。

好物の天ぷらを食べて機嫌がよくなり、後は車に乗って家に帰るだけだと思っていたのに、そうは簡単に行きませんでした。

続きは、また。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-04-01 06:43 | ドイツ | Trackback | Comments(2)

11月のドイツ

ドイツに住んで10年近くになりますが、いまだにどんより暗い11月のドイツには慣れません。雨降りの日が多く、空もずっとグレー色。

数年前までは忙しくて、夏だろうが冬だろうが、雨でも晴れでもいつでも図書館にいたので、それほど11月のドイツが憂鬱だと思わなかったような気がしますが、ここ数年は忙しい毎日とは違い、ぼんやりしてることが多いからか余計にドイツの11月、気が滅入って仕方がありません。

今日は秋晴れの良いお天気ですが、今週は最悪でした。気分がすぐれないけど、ずっと家に閉じこもるのもと思い切って小雨降る中街中まででかけてみました。デパートはクリスマスの飾りつけなどが売り出されていて、見てるだけでちょっと気分がよくなりました。久しぶりに洋服や食器売り場や調理器具売り場などもじっくりみてまわって、カフェで一人でお茶をして帰ってきました。
c0212741_22141516.jpg

水曜日、朝市に行ったついでに撮ったドルトムントのクリスマスマーケット。もうだいぶ、できあがっていました。そして、昨日からもう開催されているようです。今年は1週間長めに12月30日まで開催されるようです。毎年同じなので、わざわざ出かける予定はないのですが、朝市に買い物に来たついでに、立ち寄ろうかと思います。
c0212741_22144852.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-11-22 22:15 | その他 | Trackback | Comments(0)

ボンのカフェでお茶。

ボンに行った時のお話の続きです。

蚤の市会場を離れ、市内観光をする前に、ちょっとカフェで休憩。お昼ごはんを食べていなかったので、ケーキでも食べようかと思ったのです。

お店は前日ネットで見つけたフランス風のカフェ。(単にお店の名前がフランス語だったのと、クレープがあったので、勝手にフランス風と思い込んだだけかもしれません。)ケーキがおいしそうだったのと、お店が街の中心にはなかったので、観光客などお客さんでいっぱいということがなさそうな気がしたからです。一人だったので、静かなお店で一人でのんびりとお茶がしたかったのです。

お店の人はフランス人女性のような雰囲気で、小柄で細くてかわいいお姉さんでした。テラス席は満席でしたが、店内は他にお客さんがいなくて、ちょうどいい感じ。すぐにもう一人、若い女性がやってきましたが、、。

ショーケースにはたくさんのケーキや焼き菓子が並んでいます。ラズベリーが好きなので、ラズベリーのケーキを注文。
c0212741_21563754.jpg

ケーキを食べているうちに、他にも何か食べたくなってきて、追加でハンバーガーを注文しました。

本当はキッシュを食べたかったのですが、もう売り切れとのことで、仕方なくハンバーガーを選択。ハンバーガー屋さん以外でハンバーガーを注文するのは初めてです。
c0212741_21541371.jpg

ケーキは甘すぎずさっぱりしていました。ハンバーガーはさすがにケーキを食べてすぐに食べたので、お腹がちょっといっぱいになってて味がよくわかりませんでした。パンが軽く焼かれていてさくっとしているのがよかったです。焼いた玉ねぎの甘さもよい感じでした。(写真がぼけていますが、、、)


このカフェはケーキや焼き菓子が豊富だし、お店の雰囲気もよかったので、家が近かったらしょっちゅう一人でお茶をしたいなあと思いました。でも、ちょっと家から遠すぎます。また、ボンに来ることがあったらぜひここに寄りたいです。中央駅から地下鉄(といっても、実際は路面電車です。だけど、路線図では地下鉄と表記されています。知らなくて地下鉄のホームで電車を待ったり、別のホームがあるのかと地下をうろつきましたが、結局見つけた乗り場は中央駅の前の道路沿いでした。)で5分ほどです。

C'est la Vie
Kölnstr.177, Bonn

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-07-30 22:02 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

冷たい犬の鼻(Kalte Schnauze)という名前のケーキ

昨日郵便局に行った帰りに、近くのカフェでお茶をしました。

前から気になっていた最近できたコーヒー豆を売ってるお店。中でお茶ができます。

一度食べてみたかった、Kalte Schnauzeという日本語に直訳すると冷たい犬の鼻という名前のケーキがあったので、食べてみました。
c0212741_6291762.jpg

このケーキを見ると、昔、ザ・ベストテンという番組で黒柳徹子さんがビスケットを牛乳で浸して作っていたケーキを思い出します。

黒柳徹子さんのケーキはビスケットとビスケットの間にクリームを塗っていたように思いますが、このケーキはチョコレートでした。しっかり密になってチョコレートが挟まっていて、濃かったです。そして思った以上に甘かったです。濃いポッキーみたいな味。
c0212741_6295682.jpg

このカフェはコーヒー豆屋さんなので、いろんな豆が売っていました。次にコーヒー豆買うときはここで買ってみようかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]

by rudern | 2014-02-15 21:12 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

天気がよかったので、Patchwork Treff に出かける。

ドイツでは同じ趣味を持つ人が定期的にカフェで集まったりすることがよくあります。
私も、これまで、読書サークルや英語で話す会とかに参加したことがあります。

今日は、パッチワークをする人たちの集まり(Patchwork treff)に顔を出してみました。
去年、地元の新聞で週に1度カフェでパッチワークをする人たちの会があると知ったのですが、
知らない人たちのグループに一人で参加するのは勇気がいります。それにみんな日本人ではないわけで、言葉の問題もあるので、余計に気がひけます。私はもともと引っ込み思案で人見知りなので、特にそういう場に出かけていくのは大変です。(といいつつ、これまで結構一人でいろんな場に顔を出しているのかもしれませんが、、、。)なので、毎週、今日は風邪気味だし、とかいろいろすることがあるし、、などと自分に言い訳して行くのをずっと避けていました。

でも、今日はお天気がとてもよかったので、行ってみようという気になれました。

カフェに行くと、編み物してる人などがいるテーブルがあり、編み物グループもあるのかな?と
思ったら、それが、パッチワークの会でした。

中高年の女性5人ほどが大きなテーブルに座っていました。たぶん、みなさん60歳前後でしょうか?
最初はちょっと距離がありましたが、徐々にパッチワークのことや、今作っている作品のことなど説明してもらえました。

今作っている作品というのが、よくパッチワークの本で見るけど、好きなパターンではなく、しかも難しそうだったので、なんなのか知りませんでしたが、聞いてみると、セミノールというセミノールインディアンの女性たちによって始められたものだそうで、見た目よりも簡単にできると作り方も説明してもらいました。

一番高齢と思しきおばあさんが、今作っている途中のクッションカバーについて説明してくれたり、親切な人ばかりでほっとしました。正直、一人初めてそういう場に出かけても、みんないつもどおり、いろいろ話をしたりするのを、一人でただ、おとなしく聞いてるだけになるのかなと心配していたのですが、どの人もみんな、私が理解できそうにないことなどをちょこちょこ説明してくれたり、気を使ってくれたので、うれしかったです。

私は現在、初心者なのに超大作を作っている途中だとは言い出せず、パッチワークに興味があるんですとだけ言っておきました。

いつ完成するかわからないような超大作の途中で、このグループに参加し続けると、みんなと一緒に作品を作り始めないといけなくなり、寝る間も惜しんでひたすらパッチワークしなきゃいけなくなるのではというのがちょっと心配です。

ただ、今仕事をしていなくて、家で毎日一人で人との交流もなく、今住んでいる街にはほとんど友達もいない寂しい生活なので、同じ趣味を持つドイツ人との交流はドイツ語上達のためにも、ドイツ社会になじむためにもいいのではないかと思いました。

パッチワークの会が開催されていたカフェは、ボランティアの人が働いていて、いろんな会や勉強会が開催されているちょっと普通のカフェとは違ったところのようで、カフェの人にも、私が、引越ししてきてまだ1年ちょっとで友達もいず、たいてい家で一人でいると話したら、いつでもここに来ていろんな人と話してみたらと言われました。お店の人も別にお給料もらっているわけではないので、たぶん、話し相手になってくれそうな雰囲気でした。幸い、カフェは家から歩いて20分ほど。誰も話してくれないときのために、本でも持っていって、一人で読んでいてもいいし。

今年は仕事を見つけたいと思っていますが、それまでは、ときどき、このカフェに立ち寄っていろんな人としゃべったり、仕事以外でも何か始めて、できるだけ家に引きこもるのはやめようと思います。

家に引きこもっているのは本当に精神的によくないですね。
特にドイツの冬、今年は暖冬でそれほどでもないですが、暗い気分になります。

今日は久しぶりにドイツでいろんな人とおしゃべりして気分がよいです。

お昼ごろは本当に良いお天気でした。通りがかった教会。
c0212741_558395.jpg


カフェを出た頃には日が暮れかけ。夕方5時ごろ。ドイツの冬は日が短くてつらい。。春が待ち遠しいです。
c0212741_5591962.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]

by rudern | 2014-02-04 06:06 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

有名人も訪れたレストランでドレスデンのお菓子アイアシェッケを食べる

ドイツ、ドレスデンのお菓子といえば、シュトレンが有名ですが、アイアシェッケ (Eierschecke) というケーキも有名だと聞いて、ドレスデンに行ったならば、ぜひアイアシェッケ も食べてみたいとずっと思っていました。

アイアシェッケはザクセンとチューリンゲン地方のケーキのようですが、特にドレスデンのアイアシェッケが有名なようです。

先週、ドレスデンに用事があって行ってきたのですが、いろんな手作りケーキとお茶をご馳走になったときに、アイアシェッケもあったので、さっそくいただいてみました。

とてもおいしかったです。ただ、土台の生地が見た目からみたことない生地で、これはなんだろうと不思議に思い、お隣の席にいた女性に聞いてみたところ、単なる生焼け状態だと言われてしまいました。

私が、人の家にもって行くケーキを失敗して生焼けだったら、持っていかずに、ケーキ屋で買っていくか、
万が一失敗したときのために、失敗しなさそうなケーキももうひとつ念のために焼いておくと思うのですが、、。
ドイツ人はちょっとくらい生焼けでも大丈夫なのかもしれないし。買っていくより、生焼けでも自分で焼いたケーキのほうがいいのかもしれないです。

それに、食べてもおなか壊さなかったし、おいしかったです。でも、できたら、プロの味も試してみたくて、ドレスデンのカフェでお茶したときに食べてみました。
c0212741_23221647.jpg

土台は普通のスポンジ生地のようで、そのうえに、クワルクというヨーグルトのようなチーズでできた層、そして一番上が、カスタードクリームの層です。ちょうどいい甘さでおいしかったです。

ケーキを食べたお店は、ドレスデンでも、大きなお家が建ち並ぶWeißer Hirsch という地区にあるLuisenhof というレストランです。
c0212741_23265343.jpg

店内には、世界的に有名な俳優ジェラルドパルデューやドイツの有名料理人のAlfona Schuhbeckやドイツ人俳優などの有名人が訪問した際に撮った写真がたくさん飾られていました。単純な性格なので有名人の写真が店内にあるだけで、ここは有名でいいお店なんだと思ってしまいます。

お店のテラスからはエルベ川が見下ろせて、場所的にもとてもいいところでした。
c0212741_23295149.jpg

c0212741_23335598.jpg

今度はここでお食事がしてみたいけど、いつ実現できるやら。。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-07-25 14:45 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(4)

旅先でみつけた素敵なカフェ

ベルギーのゲントの街を観光しているときに、ドイツに戻る前にお茶休憩をしようと思って、おいしいケーキ屋さんのカフェがないか観光しながら探してみたのですが、見つかりません。

チョコレート屋さんはたくさんあったのですが、ケーキ屋を1軒も見つけられず、たまたま歩いて
いたときに、通りがかった小さいカフェに入ってみました。

小さい通りにあったカフェで、テーブルも4つくらいと少なめで、静かで落ちついた感じでした。
チョコレートやお菓子も売っていました。ここで、ベルギーのお菓子キュベルドンを買いました。
そして、注文を聞きにきたのが、おばあさんだったのが,意外でした。
お店の雰囲気が、30代か40代の女性が経営するカフェという感じがしたからです。

お店はそのおばあさんとご主人と思しき、おじいさんのお店のようです。
ガラス窓に50と書かれた飾りがあったので、きっとここでカフェを50年営んでいるんだと思います。

カフェではイチゴのミニタルトと紅茶を注文しました。
紅茶を入れるカップがガラスで形もなんとなくエレガントな感じでよかったです。
同じような形のグラスが買いたくなりました。
c0212741_1333875.jpg

私は語彙力が乏しいので、上手く表現できませんが、お上品で凛としたおばあさんと優しそうなおじいさんがとても素敵で、お店の中も清潔感があって、きれいで居心地が良かったです。

お店の奥にあるお手洗いに行く途中の廊下にもさりげなく、アンティークっぽいケーキ型やクグロフ型が飾ってあったり、お手洗いのタオルもペーパータオルとかではなく、清潔なハンドタオルがたたんでカゴの中に入っていて、その隣に使用済みのタオルを入れる小さなかごもおいてあるのも、お店のトイレという感じがしないところも素敵だと思いました。

いい雰囲気のお店を旅先で偶然みつけるのっていいですね。
私はどちらかというと、旅行前にガイドブックやインターネットでいろいろ調べて、カフェやレストランも
あらかじめ、行きたいお店を決めてしまうのですが、そうすると、今回のような偶然素敵なお店に出会う
ことも少なくなってしまうんだなと気づきました。たまには、ガイドブックやインターネットに頼らず、下調べなしに、旅をするのもいいかもしれないです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-07-11 15:05 | ベルギー | Trackback | Comments(0)