タグ:スポーツ ( 7 ) タグの人気記事

痙攣して途中棄権

テニスの試合当日欠席する場合の罰金300ユーロは支払わずに済みました。なんとか4人揃ったので、試合当日4人で相手チームのクラブまで行ってきました。事前に4人しか出れないことを相手チームには報告済みなのに、コートにはお揃いのテニスウェアの人が6人以上。後でわかりましたが、シングルスに出る人4人、ダブルスの試合に出る人4人の合計8人揃えてきたそうです。うちは4人しかそろわないというのに、、、。そろっても、いつもぎりぎり6人。

シングルスの試合4試合とも負けて、もう勝ち目はないのでダブルスの試合をする必要はなかったのですが、ダブルスの試合のためだけに朝から準備されていた人たちのために、試合を棄権して帰るわけにもいかず、続けてダブルスの試合をすることになりました。

昨シーズン、2試合続けて出て痙攣をおこしてしかも2回も、今回は気を付けようとダブルスの前に靴下を履き替えて、マグネシウムも追加で摂ったのですが、靴下を履き替えるときにすでに足の指と裏がつって、不吉な予感。さらにシングルスの試合のあとそんなに休憩する時間もなく始まり、相手ペアとの試合前の打ち合いのときには、すでに足の骨が裂けそうな変な痛みがしてちゃんと動けず危険信号が点滅し、試合開始後、1セット目の途中で右ふくらはぎが痙攣をおこしてしまいました。

すぐに左太ももと左ふくらはぎも痙攣をおこして、まともに歩けなくなって、やめたほうがいいとパートナーにも言われて途中棄権。途中棄権って負けるのよりもっと悔しい気分です。相手のペアにも自分のパートナーにも申し訳ないし。すごい落ち込みます。

いろいろ痙攣対策はしてきたつもりですが、シングルスの対戦相手からは、シングルスの試合ですごい走っていたから足がかなり疲労してたんじゃないかと言われました。確かにいつもよりラリーが続いて結構走ったし、いつもなら取れないボールにもなぜか追いついたくらいよく走ったんだと思います。もう年なのに、、、、。

試合の帰り道、チームの人たちに痙攣はこれで3度目なので、もう1日2試合は無理と言っておきました。なので、次の試合からは私は1試合のみでいいように調整しようとしてくれたのですが、当日来れる人がぎりぎり6人。ということで調整しようがなく、全員シングルス、ダブルスの2試合出場しなくてはならないようです。

しかも、私とダブルスのペアを組むと私が痙攣をおこして途中棄権の可能性大。なのでみんな私とペアを組みたくないだろうという、ババ抜きのババのような存在になってしまいました。ダブルスのぺアを決めるとき、とても居心地が悪い。おまけに試合にでるとあっさり負けるし、チームのお荷物みたいでかなりつらいです。

それに、まだふくらはぎの疲れも残っているようで、だるいし、足首も炎症を起こして腫れたままで痛い。試合までにせめて足首の腫れだけはひいてほしいものです。






にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2017-09-08 03:28 | テニス | Trackback | Comments(0)

試合時間2時間

週末は、今シーズン最後のテニスの試合でした。
ずっと連敗記録更新中なので1勝はしたいところ。対戦相手は長身で細身で美人で金髪のロングヘア。ピンクのテニスウェアの似合う、お蝶夫人のようなエレガントな方でした。なので見た瞬間に負けたと思ってしまいました。

テニス歴も長いらしく、たいていの中年女子にありがちなバックハンドが苦手というタイプでなく、むしろフォアハンドより上手。なのでバックハンド狙いという作戦は使えず、かといって、特に欠点のない方でどう戦ってよいかわからないまま、1セット目を6-3で負ける。

もうこの時点で手が大きく震えて、疲労困憊で、頭も働かない状態でした。バナナとエネルギーバーを食べながら、お蝶夫人のような対戦相手と雑談。少し落ち着いてきて、2セット目開始。

なんとなく、短いボールを打つとミスをしてくれるようだったので、短いボールを打つようにしたら、相手もミスしてくれることもあるけど、自分のボールのネットミスも多発。

最後はとりあえず、ボールを返してミスをしないという作戦にしたら、ラリーが20回とか続いて疲れました。ミスをしないようにとりあえず、攻めないテニスは苦手なのですが、攻めにいってミスをして点を落として負けるという試合が続いたので、途中から慎重になったら、他の試合はとっくに終わっていて、コートにいたのは、私たち2人だけになっていました。

そして、試合が終わって、対戦相手の人が、私たち2時間くらい試合をしてたようね、と。これだけ長時間エネルギーを消耗したのに、その試合負けました。。。しかも全然接戦でも、タイブレークでもなく。

もっと早くに、ミスをしないようにボールをとりあえず、相手コートに返していたら、勝てたかもしれません。勝てなくても少なくとも1セットくらいはとれてたかも。次回からはもう少しミスをしないテニスをしてみるつもりです。つまらないですが。

ただ、今回は持久力のない私が2時間も試合を続けることができたことで、自分の持久力にちょっと自信がつきました。

連敗記録更新中で、チームの人からも足手まといと思われていそうですが、子供の頃から好きだったテニスをここであきらめるわけにはいかないので、もっと練習して試合経験も積んで結果を出したいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-14 05:50 | テニス | Trackback | Comments(0)

だんだんきつくなるテニスのレッスン

テニスは年末年始2週間お休みがあった以外は毎週続けています。

でも上達したかどうかは疑問。サーブは以前に比べると上達したと思います。サービスエリア内に入る確率も高くなりました。

ボレーやスマッシュも以前は全然できなかったので、というか練習もしたことなかったので、練習した分は上達したと思います。最近はボレーやスマッシュの練習が多いです。

ただ、あいかわらず、バックハンドは上達しません。昔からずっと避けてきたせいもあり、しかも、両手打ちにかえさせられたので余計にだめです。片手うちもできないけど、両手打ちもできません。バックハンドが上手くならないうちは試合にも出れそうにありません。

それから、このコーチのレッスンは一昨年習っていたコーチよりきついです。他のクラブなどで教えてもらっていた若い女性コーチ二人に比べると楽かもしれませんが、それでもきついです。若い女性コーチのときは参加者も私以外若かったので、若い人向けのレッスンだったのかもしれませんが、今は中年3人組みです。もう少し楽にならないのだろうかと思うこともあります。

特に私と奥さんのPさんはよく息ぎれしています。昨日なんて、途中で太ももの後ろとお尻がつって痛かったです。奥さんのPさんも足がつったようで、途中で休んでいました。

数年前まで気分は20代でしたが、もう身体はとっくに中年だと言うことを思い知らされました。

そして、普段身体を動かさないので、スポーツのときも体が重いのかもしれません。もう少し、やせて、普段から歩いたり、身体を動かす習慣をつけなくてはいけないと実感しました。

それから、反射神経もだいぶ鈍ってきていると思います。

それでも、毎週練習していると、上達度合いはPさんご夫婦に比べると遅いのですが、少しずつでも上達しているような気もします。毎回いろんなことも学べます。無駄にレッスン料を払っていない気がします。お金をはらっているので、それなりに教えてもらえるし、小さいアジア人だからということで冷遇されることもないです。

レッスンは体力的には辛く、汗をかいてくたくたになりますが、テニスをしているときは楽しいです。あとはもっと上達して、レッスン以外でも一緒にテニスをしてくれる友達ができればいいのですが。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-03-01 22:59 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニスの練習と今年初めてのランニング

8月でドイツ人の休暇も真っ只中なのか、テニスのグループレッスンも体験コースもコーチが夏休みでしばらくお休みです。

体験コースのほうのクラブは体験コース参加者もコートを利用してよいということなので、土曜日、同居人と練習に行ってみました。

やっぱりみんな休暇に出かけているのか、それともあまりに暑いからなのか、土曜の11時なのに、おじいさん二人組みがいるだけでした。おじいさんたちも私たちと入れ違いで帰っていかれ、コートは私たちのみ。

助かりました。同居人のボールはどこに飛んでいくかわからないので、隣のコートの人に迷惑かけそうだと思っていたので貸しきり状態でほっとしました。

同居人はあいかわらず、ボールがラケットに当たらないというし、何かがおかしいけど、もうあまりにめちゃくちゃすぎてどう直してよいのかわからず、私のドイツ語の説明が悪いのか、全然理解してもらえず、1時間が過ぎました。ずっと、同居人のためにボール打って、ボール拾っての繰り返し。私の練習にはなりませんでした。それでも、テニスコートに行って、ラケット持って、ボールを打つだけでもうれしい。

でも、同居人のほうは、やっぱり、テンションが下がってそうとう暗い表情で、この人テニスむいてないなって思いました。というかほとんどのスポーツむいてないみたいです。

そして、ボール一個なくされた。去年も1度だけテニスを一緒にしたときもボール一個なくされたので、これで2個目。

それから、昨日の月曜日は久しぶりに夕食後、同居人とランニングしました。今年初めてです。ブログ読み返すと、去年の10月に少し走って以来です。30分ほど軽く走る予定でしたが、疲れて途中から散歩になってしまいました。

テニスは炎天下の中でも疲れていてもできるけど、ランニングはできません。すぐにいやになります。

ほとんど歩いていたのですが、最後の横断歩道だけ、信号が赤になる前に渡りたくて走ったら、すれ違ったおじいさんに、こんな暑い日に走るのはよくない、ほどほどにしないとと注意されました。

スポーツウェア着てたけど、ほとんど散歩だし、走っていたのも5分か10分なんだけど、しかもかなりゆっくり、、。

走るのは好きではありませんが、夏なのに、あまり体重も減らないので、しょうがなく、これから週2,3回少しだけ走ることにしました。いつまで続くかな???

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-08-07 02:23 | テニス | Trackback | Comments(2)

テニス長期計画

昔、テニスができる人というのが結婚相手の条件でした。母に言うと、「ただでさえ相手みつかりにくいのに、そんな条件つけたらもっとみつかりにくくなるので、テニスは友達としといたらいいやん!」と言われたことがあります。

友達だと、お互いの都合のいい日をみつけて、テニスをする日を決めたりするのもめんどうだし、お互い気を使ったり、都合のいい日がなかなか会わなかったりして、気軽にいつでもテニスしにくいけど、、だんなさんならそんなに気を使わず、週末いつでも、テニスができるんじゃないかと単純に思っていたのです。

残念ながら同居人はテニスができません。スポーツ全般苦手なようです。特に球技。。。去年1度一緒にテニスをしてみましたが、一度もボールがまともにもどってくることはありませんでした。

それでも、練習を続けていたらもう少しまともになるかもしれないと本人がいうので、いつか二人でテニスができるかもしれないとちょっとだけ期待して、私のテニスの長期計画として、テニス体験コースというのに二人で通って、同居人にもテニスの練習をしてもらうことにしました。

コースは先週から始まっていたのですが、先週は遠出していて行けなかったので、1週遅れで参加。

グループは3つに分かれていて、同居人とは別のグループ。コートも離れていたため、様子は全くわかりませんでした。

私が参加したグループはテニス経験者のみのようで、7人いました。コーチは若い女性で、優しかったです。

フォアハンド、バックハンドの練習が中心でした。
去年受けたクラスと似たようなことを練習しました。コートのセンターとサイドに交互に移動して、ボールをコートの左右の端っこに打ちわける練習など、、、。コントロールが悪いので、難しかったです。

練習は2時間あり、外も暑かったので、とてもしんどかったです。いつものことですが、バックハンドが苦手なのと、ボールにスピンがかかりにくくて飛びすぎました。スピンをかけようとするとネットにひっかかるし、、、。そして、体力がかなり落ちているのか、年のせいかすぐに疲れて、もともとよくないコントロールもよけいにだめになる。

そして同居人の練習がどんなか気になっていましたが、コートが離れていたので、様子が全くわからず、ちょっと心配でした。

私のグループのほうが先に終了したので、同居人の練習しているコートに行ってみましたが、コートの整備をする姿から、かなり暗いオーラが流れて出ていて、練習風景を見なくても、どんな感じだったか想像がつきました。

なかなかラケットにボールがあたらないのと、すごい集中力が必要でとても疲れたとのこと。
女性3人と一緒だったそうで、みんな親切だったけど、一人だけ、ちゃんと打ち返せないと、いやな顔をする人がいたとのこと。自分も初心者なのに、ひどいなあと思います。

残り2回レッスンも残っているし、コートが空いていたら体験クラスの人もコートを利用できるということなので、時間があれば、一緒に練習してみようかと思いますが、レッスン後の暗い顔をみると、本当にテニス苦手なんだなと思い、ちょっと気の毒になりました。

私は、2時間のレッスンでとても疲れて、一日たった今もふくらはぎがだるくてしんどいですが、レッスンの後はとても気分がよく、幸せな気分でした。テニスができるのは本当にうれしいし、楽しいなあと再び実感したくらいです。

それにしても、私のテニス長期計画はどうなるのかな。別に上手にならなくても、少しでも、テニスが楽しいと思ってくれるようなるといいのですが。。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-07-29 14:29 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニスのレッスン

春になると、テニスの季節が始まるようで、いろんなテニスクラブが一日オープンデーのような催し物をしているということを去年教えてもらったので、今年は3月くらいから市内のテニスクラブのホームページをいろいろ調べてオープンデーのあるクラブを探して、2つのクラブを見学しました。

ひとつのクラブは家から歩いていけるところ。比較的大きくて、専属のトレーナーもいて、オープンデーも子供の体験教室が開催されていました。

もうひとつのクラブは地下鉄とバスを乗り継いでいかなければならないところで、ボートクラブの最寄のバス停のひとつ先のところ。規模が小さくて、なんとなくゆるい感じで、地元の中高年の人が少々いて、オープンデーだけど、会員でない人が私しかいなくて、しかも、別に新しい会員探してる様子もなく、私の家がちょっと遠いとわかると、家の近所にもテニスクラブあるでしょってつめたい対応でした。ここのクラブはたぶん、ボリスベッカーとシュテフィグラフが全盛期の頃はたくさん会員もいたけど、今はその後も残って続けている地元の人たちだけで楽しくこじんまりとテニスをしているだけという感じでした。こじんまりとしたところのほうが私もなじみやすいかなと思ったので、ちょっと残念です。

一つ目のクラブは興味のある人は後日レッスンのお知らせをしてくれるということで、先日連絡が来て、今日レッスンに行ってきました。

私以外に2人参加者がいたのですが、一人は欠席。もう一人の女性と二人で、若いコーチに習いました。もう一人の女性は以前、どこかのテニスクラブのチームに入っていたらしく、上手かったです。しかもかなり力もあり、男性並みに強いボールを打っていました。

今日は主にトップスピンの練習。全然できません。フォアハンドも長年のくせがあるのですが、直すように言われました。難しかったです。

たいていもう一人の人と交互にコーチが打つボールを打ち返す練習だったのですが、時々、もう一人の女性と打ち合うように言われると、かなり緊張しました、彼女は力があるので、彼女が打ったボールを打ち返すのは結構大変です。彼女はちょっとゆるめに打ってくれたようですが、それでも、どう見ても、日本人男性より大きそうな彼女の打つボールは男性並みに強かったです。

非力なのはわかっていましたが、ドイツでドイツ人とテニスするのも大変だと改めて実感しました。でも、せっかくテニスをする機会がみつかったので、がんばって続けてみたいです。
c0212741_4532162.jpg

これは、オープンデーの子供体験教室の様子。テニスクラブもボートクラブもドイツでは才能のある子供発掘に力を入れていて、大人の新会員集めにはあまり力を入れてないのだなあと思いました。
[PR]

by rudern | 2013-05-29 04:56 | テニス | Trackback | Comments(0)

今年最初のスポーツ

朝から、家の中にいるのに、頭がキンキンするくらい寒いなあと思っていたら、雪が降り始めました。
そんなお天気の中出かけたついでに、バドミントンしてきました。

スポーツをするのは今日が今年初めてかと思います。あまりに外が寒くて、出かけてまでスポーツをする気になれなかったのです。

久しぶりに体を動かしましたが、とても気持ちよかったです。バドミントンはルールも知らない初心者で、どちらかというと羽根つきといったほうがいいくらいのレベルの低さです。それでもそれなりに楽しく体を動かすことができて、気分転換になりました。やっぱりスポーツっていいですね。

最初は、テニス教室が一緒だったB君と二人でしたが、途中から、隣のコートを使っていた男女二人組みから試合をしようと誘ってもらい、ダブルスで試合をしました。隣のコートの男子はすごい上手で遠慮なく、下手な私たちにきついスマッシュを打ち込んでくれましたよ。それに、毎回、違ううち方をしているようで、変化にとんでいてすごいなあと思いました。きついスマッシュを打ってくるかと思うと、ふわっと打ち返したり、勉強になりました。

試合は、隣の二人組対私たちでは負けましたが、次にした女子対男子の試合ではなぜか勝てました。

ここだけかもしれませんが、ここで、これまで、たまにですが、数回バドミントンをしたことがありますが、毎回、知らない人と一緒に試合をすることになります。いつも自分の知り合いとばかりでバドミントンするより、そこでいろんな人と試合をするほうが、楽しいですね。毎週通っていたら知り合いも増えたかもしれないです。

久しぶりに90分運動をして外にでると、雪が積もって真っ白になってましたよ。今年の冬は雪が積もっている期間も短く、積もっている間はほとんどでかけなかったので、久しぶりに雪景色を電車の窓から1時間堪能できました。夕暮れ時の雪景色はきれいでした。車窓からの景色もほとんどのどかな田園風景なので、余計にきれいに見えました。
c0212741_7285073.jpg

[PR]

by rudern | 2013-03-21 07:34 | その他 | Trackback | Comments(0)