タグ:ドイツ ( 34 ) タグの人気記事

仕事が遅い

10月末に歯が欠けてから、1ヶ月以上たってやっと歯の治療ができました。

というのも、私が加入している公的保険では、治療費の見積もりを歯科医が保険会社に送って、そこで保険会社がどれだけ負担してくれるかを決めてから私に書類を送ってくれてからでないと、治療ができないからです。

保険会社から書類がいつ届くかわからないので予約は入れられないと歯医者さんで言われ、書類が届くのを待っていたら、いつの間にか3週間ほどが過ぎていました。

催促の電話を夫にしてもらってから1週間以内で書類は届きましたが、そこから予約を入れたので、11月最初になってしまいました。

日本だったらもっと何でも早く処理してくれるような気がするのですが、やっぱりドイツなのですね。

こんな感じで何でも時間がかかると、つい昔テレビのコマーシャルで、仕事が早い、福屋工務店というフレーズを思い出します。そして心の中で仕事が遅い!とぼやいています。

その代わり、歯の治療は1日で終わりました。びっくりです。先生が、今日一日で終わりますというので、そんなに早いんですか?とたずねると、スーパーターボです。との返答が、、、。

数年前に歯が欠けたときは、型を取って、それを別の場所にいる技師の人がクラウンを作って、できあがったら、また歯医者に行ってはめてもらったので2回は通ったし、おまけに歯の色が見本の色でぴったりなものがないので実際に技師の人に見てもらうように言われて、技師の人の職場まで行きました。

今回は、型もとらず、3Dプリンターで作るというもので、1時間ちょっとですべての作業が完了しました。

3Dプリンターで私のクラウンを作ってるのも見学させてもらいました。20分ほどでできて、最後の仕上げを15分ほど技師の人が行うという早さ。何度も歯医者の予約を入れなくてすんでよかったです。

それから、請求書が来るのもとっても早かったです。それはうれしくないですが。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2016-11-20 21:01 | ドイツ生活 | Trackback | Comments(0)

夏の週末の肉売り場

先週の土曜日、スーパーの肉売り場で並ぼうとしたら、列のほぼ全員が男性でした。いかにもドイツ人って感じの男性が4人。


c0212741_05315857.jpg

間違いなく、バーベキュー用の肉を買うのだと思います。
今までも、夏のお天気のいい週末にスーパーに行くと、肉、ソーセージ、ビールだけを買ってる男性を良くみかけました。どう考えてもバーベキューをするとしか思えません。

ドイツ人男性はバーベキューのときの仕事は買い物から始まるようです。日本の鍋奉行とか言われる男性も食材を買いにスーパーに行ったりするんでしょうかね。

私は鍋奉行な男性を見たことがないのでわかりませんが、、、。







にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-03 05:46 | ドイツ生活 | Trackback | Comments(0)

Khadiの毛染め

最近また、髪の分け目や生え際の白髪が目立ってきました。

前回の栗色は元の黒髪との色の違いがありすぎて、染まっても白髪は目立っていたので、
今回は、ダークブラウンで染めてみました。

本当は、白髪をインディゴで染めてから、毛染めするとしっかり白髪が染まると言う
情報を聞いたので、そのつもりでインディゴも買う予定でしたが、お店の人から、イン
ディゴで染めると、元の黒髪より更に黒く染まるので、私の黒髪が更に真っ黒になる
のでおすすめしないと言われ、khadiの毛染めならしっかり染まるので、ダークブラウン
だけで十分だとのことなので、ダークブラウンだけ購入。

c0212741_029574.jpg


khadiもヘナで、今回も紅茶で溶かしてみました。

いつものようにラップで巻いて、ドライヤーで温めたあと、アルミホイルで巻いて
その上から毛糸の帽子をかぶって2時間。

自分の頭の写真を上手くとれないので、写真はありませんが、お店の人の言った
通り、しっかり染まって白髪は茶色になり、黒髪ともしっかりなじんでいい感じです。

また次もkhadiのダークブラウンで染めてみるつもりです。

ただ、生え際と髪の分け目はなんとか染まるのですが、後頭部の白髪がなかなか
自分では染めにくいのが悩みなのですが、慣れたらもう少しちゃんと染めれるように
なるのかもしれません。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-05-10 05:24 | スキンケア・ヘアケア | Trackback | Comments(0)

laveraの混合肌用フェイスクリーム

中年になっても、乾燥しているドイツに住んでも、オイリー肌のまま。

冬場はすごく乾燥しているので、乾燥肌や普通肌用でも大丈夫ですが、これからの季節、オイリー肌か混合肌用でないと、すぐに顔がてかってしまいます。

なので、てかり防止と書かれているオーガニック化粧品メーカーlavera の混合肌用のクリームを買ってみました。

混合肌用でてかり防止のわりにクリームがあぶらっぽい感じでスーッとする感触はありません。

でも、つける量が少ないのか、まだ冬のようなドイツだからか顔を洗ってクリームを塗っても肌がつっぱったような感じがします。

ちょっと多めにつけるとつっぱりません。

そしてあまりてからないかも。(真夏もてからないかはわかりませんが)

c0212741_23242083.jpg



値段も手ごろなので、暑い日もてからなかったら、また買おうと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-04-29 18:01 | スキンケア・ヘアケア | Trackback | Comments(0)

毎年値上がり

今住んでる街に引越ししてきてから、毎年地下鉄やバスの運賃が値上がりしているような気がします。

去年は9.6ユーロだった4回回数券が今年は9.8ユーロ。一昨年は9.4ユーロでした。

毎年20セントの値上がり。この調子だと来年は10ユーロ。

もともと高いなあと思っていたのに、どんどん高くなります。

年末アントワープで1日乗車券を買ったのですが、5ユーロ。

私の住む街の一日乗車券は6ユーロちょっと。高すぎる、、、。

c0212741_171554.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-02-24 17:03 | ドイツ生活 | Trackback | Comments(2)

恐怖のアウトバーン

ドイツのアウトバーンを走る(自分が運転してるわけではないのですが)のは好きではないと何度もこのブログに書いていますが、またちょっとだけ怖い思いをしました。

先日オランダからの帰り道のことです。

もう夜の7時を過ぎていて日も沈んで暗かったのですが、追い越し車線を走っているときに、後ろを走ってる車のライトが1回点滅したので、どけよ!ってことかなと思って、夫に車線変更するように言ったのですが、隣の車線も結構詰まっていて、入るスペースがなく、車線変更がすぐにできずにいると、それほど時間もたたないうちに2度目の点滅があり、そのあと、それほど間をあけずに、ハイビームで走られました。すごい怖かったです。隣の車線も混み合っているので、すぐに車線変更できないことぐらいわかりそうなのに、ずっとハイビームで走られて、車線変更しても、後ろの車も車線変更して真後ろにいて、そのうち夫が、「見えない!」と何度も大声で叫ぶので余計に怖くなって、車を停めたほうがいいのではと思ったくらいです。後ろの車はそのまま、アウトバーンから降りてしまったので、ナンバーをチェックすることができませんでした。ちなみに、走っていたところはちょうど速度制限のある場所だったので、夫が遅すぎるわけでもないのです。

私が思うに、その車の運転手はすごい悪質な運転手で常識はずれな短気でしょっちゅう同じことをいろんな人にしてるか、もしくは、夫の車を覚えていて、その時もなかなか車線変更せずにいらついたので、悪質な意地悪をしたくなったかです。

夫はそんなことはないというのですが、よくある黒や白、グレーのフォルクスワーゲンやBMWだったらどの車かなんてナンバーまでしっかり覚えていない限り特定できませんが、夫の車と同じ車種のものを私は今までみたことがありません。それくらい、中途半端に古くて人気のない車種です。なので一度どこかで見て、腹の立つ車だと思ったら、覚えていると思います。

大晦日にテレビでミスタービーンを夫とみていたときに、ビーンが水色の車と競いあっていましたが、夫が水色の車はビーンの敵なんだと言ってましたが、夫の車もまさにその水色の車と同じで、ハイビームをしてきた車の敵なんじゃないかと思うのです。あの時に気に入らない車だと過去の出来事を思い出されたのではないかと思うのです。

それにしても、ずっと真後ろでハイビームで走られたあげくに、追い越さずにアウトバーンを降りられたら、ナンバーがわからないので、警察に通報できません。きっとその車の運転手もナンバーを見られないように追い越さなかったのかもしれません。常習犯?

もし私が運転していて、同じ状況になったら、気が動転して事故になりそうです。そう思うとやっぱりアウトバーンを運転するのは嫌です。

ネットで調べると、結構同じような状況になったことがある人がいるようで、同じことがまた起こる可能性もあると思うと、夜の運転はいやだなと思います。

本当にドイツのアウトバーンはなんとかしてもらいたいです。厳しい取り締まりと罰金が必要だと思います。個人的にはオランダのように速度制限してくれても全然かまわないのですが。

とりあえず、これからは夜のアウトバーンは避けたいです。出かけても日没までに帰ってくるようにしたいです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2016-01-03 22:59 | ドイツ生活 | Trackback | Comments(2)

顔用日焼け止め

今使っている顔用の日焼け止めがウォータープルーフでないので、猛暑の日にテニスをした時に汗で崩れて目がしみて痛かったので、顔用のウォータープルーフの日焼け止めを買いに行ってきました。

ニベアにするつもりでしたが、パッケージに、ウォータープルーフ、汗で崩れにくいので目に入らない、、、みたいなことが書いてあったスポーツ用の顔用日焼け止めを見つけたので、それにしました。
c0212741_19442545.jpg

まだテニスはしていませんが、塗り心地はよいです。そんなに白くならないような気もするし、スポーツをする日やかなり暑くて汗をたくさんかきそうな日に使って、普段は日本製の日焼け止めを使うことにします。

ただ、先週はかなりの猛暑だったのに、今週はすごい肌寒くて、この顔用日焼け止めの効果がどうなのか確認できるような暑い日がまたやってくるのかちょっと心配です。

 


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-07-29 19:47 | スキンケア・ヘアケア | Trackback | Comments(2)

大晦日と花火

ドイツに住んで10年近くになるのに、ドイツの花火は、12月29日から31日の3日間のみ販売が許可されていて、花火も12月31日18時から1月1日24時の間しかできないということを初めて知りました。時間についてはネットで調べると1月1日4時までとかいろいろと誤差があり、正確にはわかりませんでしたが、、、。

30日か31日にテレビで大晦日の花火について放送していましたが、打ち上げ花火で大やけどをして手がとんでもないことになってしまってる写真とか紹介されていて見ているだけでも怖かったです。専門医の解説によると、骨が残っていたら、元通りに再生できるけど、骨も飛んでしまったら、、、みたいなことで、そんな恐ろしい話まで聞いてしまうと、花火恐怖症になってしまいました。

そして、花火はドイツ国外のものを持ち込むことは禁止されているようですが、ポーランドの花火を買ってくる人が多くて、警察が年末は取り締まっているようです。

そんな恐ろしい花火の話を聞かなくても、ロケット花火などにはもともと興味がなかったのですが、たまたま30日にホームセンターに買い物に行くと、花火が売られていたので、線香花火のようなWunderkerze と言う花火やねずみ花火みたいな子供用の花火を一袋買ってみました。ドイツ国内で売られているものは安全だと夫はいうし、ロケット花火でなく、線香花火なら怪我もしないかなあと思ったのです。でも、キッズなんとかと書かれているパッケージなんですが、個々の花火のパッケージには、12歳以下の人に渡してはいけないと書かれていました。

私は、庭で水を張ったバケツを用意して、静かに線香花火を楽しむ予定だったのですが、12時なったとたんに、上の階に引っ越してきたおじさんがすっ飛んで前の道路に出ていって、ロケット花火を打ち上げて、夫もおじさんにつられてなのか、庭ではなく道路に出てしまい、しょうがなく、私も道路にでて、一人静かに線香花火をしていたら、下の階の人のところに遊びに来てた人たちがやってきて私の真横で大量の花火を打ち上げだして、火薬のにおいと爆音で不愉快な気分になり、線香花火2本だけで、部屋に戻りました。

もともと大晦日の花火は嫌いで、2度目のドイツの大晦日のときも近所で鳴り響く花火の音が不愉快だったのですが、今回のこの近所の人のお友達たちの花火の量はもっとひどくて、翌朝道路をみると、花火の入っていた袋が山積みになって捨ててあり、道路も火薬の色なのか、うちのアパートの前だけ茶褐色になってました。(花火の入っていた袋は元旦のお昼過ぎに袋を捨てたと思われる下の階の人が自分たちで片付けていました)

ドイツで初めての大晦日はドイツ人家庭に滞在していたのですが、その家では12時になったらみんなで庭に出ておじさんが2,3本ロケット花火をしていました。なので、花火は庭でするものだと思っていたのですが、庭だと自分で片付けないといけないからか、アパートに住む人は庭ではしないのか、私の住む通りに住む人はみんな道路にでてました。

家の前の道路が汚くなったことや自分で買った花火を全部使いきれなかったことも腹立たしいけど、使い切れなかった花火は今年の大晦日までどこかで保管しないといけないのか心配になっていろいろ調べてみると、ドイツの花火は4つのカテゴリーに分かれていて、私が買った花火はクラス1という危険度の最も低いもので、一年中購入可能な花火だったので、たぶん1年中使用可のようです。もう少し暖かくなったら、夜に庭で静かに線香花火を楽しもうと思います。

そして、今年の大晦日は日本かもう少し静かに年を越せる場所に旅行に行きたいです。ドイツの大晦日は本当に苦手です。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-01-07 06:41 | ドイツ生活 | Trackback | Comments(2)

ボンの街を散策

ケーキとハンバーガーでお腹を満たした後は、ボンの市内観光です。もう夕方の5時を過ぎていましたが、明るくて、暑い。

ボンの観光名所といえば、ベートーベンハウス。それしか思い浮かびませんでした。ちょうど前の建物が工事中で、ちゃんと写真はとれませんでした。
c0212741_19555279.jpg


c0212741_19584928.jpg

ベートーベンハウスは10年ほど前にちょこっと観光でボンに来たときに、見学したので、今回は見学しませんでした。どちらにしても、もう閉館時間だったと思います。

ボンにはシューマンゆかりの建物もあるということだったのですが、見学は平日のみだったので、次回来るときは平日にシューマンゆかりの建物を見学しようと思っています。

次はボン大学。学舎がきれいです。元々選帝侯の邸宅で1705年に建てられたもののようです。こういう歴史のある建物がある大学に憧れます。ヨーロッパの大学って感じがしてうらやましいです。
c0212741_20193671.jpg

それからやっぱり、旧市庁舎。ボンの市庁舎も素敵ですね。でもやっぱり写真の撮り方がよくわかりません。
c0212741_20201464.jpg


あと、偶然見つけた、ベートーベンの銅像と黄色い建物の郵便局。 ミュンスター広場にありました。郵便局はフェルステンベルク宮殿だったようです。宮殿の建物を郵便局として使うって贅沢ですね。
c0212741_20205751.jpg

広場に面して、ミュンスターバジリカという教会堂もありました。
c0212741_20214624.jpg


その前に "お水がただ?もちろんです!" と書かれた青い屋根のスタンドで無料でコップ1杯の水を配布してたのでもらいました。水道局のサービスだと思いますが炭酸入りと炭酸なしの水が選ぶことができました。家から持ってきた水もなくなり、途中で買った水も飲み干して喉がからからだったので、無料の水、ありがたかったです。

ボンの街、ちょこっと歩いただけでも、素敵な建物が見つかってよかったです。それに落ち着いた雰囲気もいいです。さすが、元首都ですね。今度はじっくり、博物館なども巡ってみてもよいなあと思いました。そして、一人でおでかけは気楽で楽しいです。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-07-31 20:28 | ドイツ | Trackback | Comments(0)

ボンの蚤の市をはしご

先日、ボンまで出かけたのはボンのRheinaue という公園で開催される蚤の市に行くことが目的だったのですが、たまたま前日インターネットで、ボンの隣町、Königswinter で同じ日にアンティークマーケットが開催されるという情報を見つけたので、両方行ってみることにしました。

Königswinterへは、ボン中央駅から地下鉄で20分ほど。地下鉄の駅からライン川に向かっててくてく10分ほど歩きます。小さなのどかな街のようで、木組みの家が建ち並んでいたりしていい雰囲気です。そして、今時、正午にサイレンが鳴り響く街でした。
c0212741_5472789.jpg

アンティークマーケットはライン川沿いで開催されていました。せっかくなんでライン川を写真に撮ってみたのですが、このあたりのライン川沿いは特に何もないのですね。ちょっと寂しい風景です。
c0212741_530314.jpg


肝心のアンティークマーケットは、、、、。小規模で、猛暑だったので、売り手の人もだれていて、売る気もあまりなさそうな感じ。こんな手作りのような噴水のようなものも売っていました。
c0212741_5313630.jpg


でも気になるものが何もなかったので、いそいで、Rheinaueの蚤の市 に向かいました。


アンティークマーケットの会場から地下鉄で10分ほどでRheinaueの蚤の市会場に到着。とても大きな公園です。
c0212741_5341536.jpg


c0212741_5351044.jpg

大きな公園にたくさん出店されていましたが、到着したのが、1時過ぎ。暑過ぎたからなのかたくさん売れたのか、もう店じまい始めてる人もわりといました。

大きな公園を炎天下のなかひたすら歩きましたが、ほとんど洋服やおもちゃといった一般家庭の不用品のようなものばかりで、めぼしいものが何一つ見つからず、ふらふらしていると、肉の焼けるいいにおいがして、においにつられて歩いていくと、売り手のおじさんが、小さいバーベキューセットでお肉を焼いていました。

おじさんはプロの業者さんなのか、ちょっと古そうなものも売っていたので、見ていると、おじさんが、「何がほしいんだ?全部ほしいのか?」と聞いてくるのですが、おじさんの売ってるものにほしいものは特になく、しいていえば、おじさんの焼いてる肉がほしかったのですが、気が小さいので当然そんなことはいえませんでした。

もうそろそろ帰ろうかと思ったときに、チーズフォンデュの鍋をみつけました。以前、蚤の市巡りをして買い集めたものを並べる棚がいっぱい家の中にあるというドイツ人のブログをみたことがあったのですが、その人が蚤の市で見つけたチーズフォンデュ鍋がレトロっぽい柄で素敵だったので、私もそんなチーズフォンデュ鍋がほしいと思っていたのです。

だからなのか、つい、目に入ってしまったチーズフォンデュ鍋を手に取ると、売り手の人に、1ユーロって言われてしまって。。。1ユーロって言われると特に気に入ったわけではなくても、つい買いたくなるので、手に取らなければよかったと後悔。模様はおしゃれとは程遠い、昭和な感じの模様です。でも、チーズフォンデュ鍋持ってないし、1ユーロだし、こんな遠くまで来て、何も買わずに帰るよりかはなしかなと思い買ってしまいました。

チーズフォンデュ時々食べたいと思うのですが、食べると、アルコールに弱いので、チーズフォンデュに入ってる白ワインだけですぐに気分が悪くなるので、この買い物は正解だったのかどうか疑問です。模様が可愛ければ、キッチンに飾るだけでもかわいいのですが、、、。どこの家にも昔から一つはありそうな地味な花柄のお鍋です。

そして、電車のチケット28.5ユーロ払って、3時間近くかけてやってきて、1ユーロのチーズフォンデュセットを買ってもあまりお得感がしません。それどころか、私のしていることに意味があるのかなあと疑問さえわいてきました。

そんな自分を正当化したくて、蚤の市会場を離れ、そのまま家に帰らず、おいしそうなカフェでお茶をしたり、ボンの町を観光することにしました。そうすれば、わざわざ電車代を使ってはるばるボンまでやってきたことも無駄ではなくなる気がしたのです。。つづく。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-07-23 06:01 | おでかけ | Trackback | Comments(2)