タグ:レストラン ( 13 ) タグの人気記事

牡蠣を食べにオランダに

もうほとんど忘れかけていますが、12月にオランダとアントワープに行ったときのことです。

宿泊先をオランダのBergen op Zoom という街に選んだのは、アントワープまで車で
30分もかからないという理由だけでなく、オランダの牡蠣やムール貝の養殖で有名な
Yerseke という街にも近かったからです。

この街で生牡蠣をどうしても食べたかったのです。

牡蠣やムール貝が食べれるお店はたくさんありますが、以前、ベルギーにお住まいだった
にょろきちさんのブログで紹介されていたお店に行くことにしました。

Oesterij というお店です。牡蠣やムール貝を養殖場の直営のレストランです。

ブログに記録し忘れていたのですが、おととしの夏にもオランダ旅行の際にここに
よって牡蠣を食べました。

なので、2回目です。

生牡蠣は3種類あり、今回は、Platte Oesters 平牡蠣を食べました。
1皿に3つ入っていて、夫は別の種類の牡蠣を注文したので、1つ
交換しましたが、夫の普通の牡蠣のほうがおいしかった。

c0212741_6591682.jpg

これは、一昨年食べた生牡蠣の写真です。こちらのほうが、平牡蠣より私の口にあった
ように思います。

生牡蠣3つだけでは物足りないので、チーズを乗せてオーブンで焼いた
牡蠣と普通に焼いた牡蠣を注文。

手前の焼いた牡蠣がとてもおいしかったです。
しょうゆをかけたら更においしくなりそうな味。
味付けがなにかわからないのですが、なんか和風な感じでした。

c0212741_6234978.jpg


このお店のメニューに、白ワイングラス1杯に3種類の牡蠣が1つずつついたセットが
7.5ユーロであるのですが、お酒が飲めたらこのセットがいいかもしれないです。

お隣の席のオランダ人夫婦も二人ともこのセットを注文していました。
一昨年来た時もお隣の席のオランダ人夫婦もこのセット。

ワインを飲みながら生牡蠣3つだけ食べてさっと帰っていかれます。

去年もおととしも、生牡蠣のあと、いろいろ注文して食べる私たちにお隣のオランダ人
ご夫婦が「エンジョイ」と帰りがけに声をかけてくれました。

お昼ごはんに生牡蠣3つとワインだけでオランダ人は満足できるのかなあと不思議に思うのです。
もしかしたら、これは前菜で家に帰ってメイン料理を食べるのだろうか?
そうだとは思えず、やっぱり、お昼は軽くワインと生牡蠣3つで満足できそうな気がします。
だからオランダ人はドイツ人に比べて肥満の人が少ないのかも。

もう牡蠣の季節は終わりかもしれませんが、また今年も牡蠣の季節にになったら
yersekeに牡蠣を食べに行きたいです。

牡蠣だけでなく、あと気になっているものがあって、若者のグループが食べていた
いろんな魚介類が盛られた大皿。牡蠣やムール貝だけでなく、大きなえびもあった
ような気がして、いつか食べてみたい。山盛りの貝やえびを思いっきり。





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-03-18 17:06 | オランダ | Trackback | Comments(2)

アントワープでムール貝

アントワープで大聖堂見学後は、お昼ご飯です。

念願のムール貝を食べます。

アントワープの観光名所を探すより時間をかけて探したレストラン。日本語だけではなかなかムール貝のお店が見つからず、ドイツ語、オランダ語でも検索しました。最近はグーグル翻訳があるので、オランダ語のサイトでもコピー&ペーストでグーグル翻訳にかけると内容が理解できるので便利です。

そしてレストランガイドのサイトで地元の人がムール貝を食べるときはこのレストランに行くと紹介されていたお店。Maritime に行くことにしました。

予約した方がいいかもなんて書いてあったのですが、年末の平日の昼ということで、12時過ぎに行きましたが、客は私たちのみ。

でも、1時ごろからどんどん地元の人がやってきて、混んできましたよ。

私はプレーンのムール貝。山盛り。

c0212741_20153295.jpg


夫はムール貝フライを頼みました。
c0212741_20155226.jpg


身が大きくてふっくらしていておいしかったです。

結構たくさん入っていたので、夫に手伝ってもらって完食です。

味付けはオランダよりおいしいけど、フランスで食べたものに比べるとちょっと落ちるかも。

今回はプレーンのムール貝を注文しましたが、カレー味とか白ワイン入りとかにしたら、もっとおいしかったのかもしれません。次回はカレー味を試してみたいです。

それにしても、ムール貝とフライドポテトの組み合わせっていいですね。

和食だと基本ご飯がついてくるので、ご飯が好きでない私は苦手なご飯も一緒に食べるのが結構つらいので、貝と芋がメインの食事なんてとてもうれしいです。

私の注文したムール貝は結構たくさん入っていたので、しばらくムール貝は食べなくても大丈夫という感じに満足しました。

ムール貝を食べておなかいっぱいになったので、少し歩いて、夫のアントワープで行きたい場所というところに向かいました。





にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2016-01-18 20:26 | ベルギー | Trackback | Comments(2)

久しぶりのお寿司

ドイツに住んで10年近くになりますが、お寿司屋さんに行った回数は数えるほどです。たぶん、数えても片手であまるくらいだと思います。まあ和食自体も行った回数が両手でちょうどくらい、ドイツで日本食を食べに行くことがない生活をしています。

ご飯が好きでないので、特にお寿司や和食を食べたいと思わなかったのだと思いますが、最近は年のせいか、ドイツ料理の大きな肉にソースたっぷりにじゃがいもがどかんと乗った料理を食べるのがきつくなってきました。なので、外で食べるときは和食がいいなあと思うようになってきたようです。

この日はテニスのレッスンのあと、買い物に出かける予定だったので、ついでにお昼も外で食べようということになり、和食を食べたいと思ったのですが、和食が食べれるお店を1軒しか知らないので、そこに行くことにしました。

以前、夫と一緒の日本語教室に通っていたドイツ人女性が教えてくれたドルトムントにあるFukuoka というお店です。

お味噌汁のついたランチメニューを注文しましたが、お味噌汁がとてもおいしかったです。

お寿司も日本のお寿司とかわらぬ味だと思います。日本でもあまりお寿司を食べないので、よくわかりませんが、日本のお寿司でした。

c0212741_4523841.jpg


お値段もランチで10ユーロ以下とお手ごろでおいしかったので、お昼に何か食べたいときはまた行きたいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-04-22 16:01 | ドイツ | Trackback | Comments(0)

ケルンで食べる、食べる、食べる。

私はどこかの街に出かける時は、必ず、食べ物やさんをあらかじめ調べてから行きます。

先日のケルンもなにかおいしいものを食べたくていろんなお店を調べました。

見つかったのが、フランスパンを売ってるパン屋さんとおいしそうなケーキやさん。

ケルンには朝9時ごろ到着なので、朝パン屋さんで朝食をとって、お昼ごはんの代わりにケーキやさんでケーキを食べようと計画。

パン屋さんは、epi というお店。フランスパンの店というので、期待大。

確かにお店はフランスパンでいっぱいで、お店には朝食メニューもありました。本当は食べたいパンを一つ選んで、飲み物と一緒に食べたかったのですが、それはできないような感じでした。お店の人があまりフレンドリーではなかったので、確認できなかっただけなのですが。

朝食メニューにはフランスパンにイズニーのバター、フランスのはちみつにコーヒーとかのセットがあったのですが、イズニーのバターは家にあるし、セットは高かったので、クロワッサンとカフェオレを注文しました。

一昨年フランスに行ったとき、カフェオレボウルでカフェオレが飲みたいと思っていたのに、どこのお店でもカフェオレボウルでは出てこなくて、がっかりしたのですが、ここはどんぶりみたいな大きなカフェオレボウルに入って出てきました。

c0212741_715593.jpg


クロワッサンの味のほうですが、よくわかりません。すごいおいしいというほどでもなかったような、、、。たぶん、お店の人がそんなに対応がよいわけでなく、ちょっとがっかりしたからかも。そしてちょっと高いです。カフェオレとクロワッサンで5.5ユーロでした。カフェオレについてたシュー生地のお菓子のようなパンのような食べ物はとてもおいしかったです。

朝食のあと、お昼に行く、ケーキ屋さんの場所を下見しておこうとお店の前まで行って外からのぞいてみましたが、朝の10時ごろなのに、すでに満員でした。(後でお店のメニューを見てわかりましたが、モーニングのセットがあったので、朝食を食べるお客さんでいっぱいだったようです。)

それから、ケルンの街をぶらぶらして1時ごろお店に行くと、比較的すいていて、座ることができました。

お昼ごはんの代わりだし、また次いつ来れるかわからないので、欲張って、カシスとチョコのケーキにエクレアにマカロンを注文。
c0212741_7223843.jpg


c0212741_7225412.jpg


ちょっと欲張りすぎたかなと思いましたが、なんとか完食できました。マカロンは毎回食べるたびに思うのですが、見た目がおいしそうでも、私の口には合わない食べ物のようです。それを毎回忘れて、見た目がおいしそうなのでついつい注文してしまいます。

エクレアは上からかかってる白いソースが甘すぎでした。チョコがかかってるのにすればよかった。

ケーキは甘すぎずおいしかったです。

私の席の隣に座っていた女性は、ケーキ1個とコーヒーを注文して、ささっと食べたら、別のケーキと2杯目のコーヒーを注文して、またぱくぱくと完食してました。あまりにいきおいよく食べていたので、もしかして、3順目もあるのかと期待して待っていましたが、2順で終わりでした。がっかり。

私はビュッフェ形式で一度に注文してしまったけど、お隣の女性のようにコース形式で食べ終わったらまた注文のほうがスマートな食べ方のように思いました。今度はそうしてみようと思います。


このお店のホームページを見てわかったのですが、テレビでよく見るパティシエのお店でした。結構イケメンで、ドイツ人女性が好きそうな顔だし、ドイツ人女性、料理よりお菓子作りのほうがすきという人も多いので、結構人気あるだろうなあとテレビで見るたびに思っていた人。私の好みではないのですが、、、、。

でも、お店の色が濃いピンクでテレビで見たことしかないけど、イケメンのパティシエのイメージとはちょっと違うような気がしました。

お店の外観です。かわいいといえばかわいいかも。

c0212741_456063.jpg

お店の名前は、Törtchen Törtchen ケルン市内に数店舗あります。


そして、家に帰ってからご飯を作るのはめんどうなので、ケルンで食べて帰ろうと思い、夕食を食べるお店も調べました。せっかくなので、普段食べれない日本食を食べることにしました。

夫が天ぷらと言う言葉を習ったようで、やたらと天ぷらとうるさかったので、天ぷらを食べれるお店を探してAkira というお店に行きました。

夫にも天ぷら料理を注文させ、私は大好きなえびの天ぷら。
c0212741_642030.jpg

久しぶりにさくさくの天ぷらがたくさん食べれて大満足。

好物の天ぷらを食べて機嫌がよくなり、後は車に乗って家に帰るだけだと思っていたのに、そうは簡単に行きませんでした。

続きは、また。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-04-01 06:43 | ドイツ | Trackback | Comments(2)

久しぶりにレストランで食事

週末にめずらしくレストランに夕食を食べに行きました。夫はもともと外食しないタイプなようですが、私はもともと外食が好きです。でもドイツに来てからは行きたいレストランもあまりないし、節約のため、自炊生活が続いていました。

でも、自分の作った料理ばかり食べていて、味覚がおかしくなってるような気もしたし、本当の味を試してから、自分で作ってみたいドイツ料理などもあったし、この季節は鹿肉など野生のお肉を食べれるので、久しぶりにレストランに食べに行ってみました。

今回はHirschという鹿のお肉を食べたくて、レストランを探してみました。選んだのは、ドルトムントにある Lennhof というホテルに併設させているレストラン。(住所、Menglinghauser Straße 20, 44227 Dortmund)
c0212741_20514435.jpg


このホテルは以前、地元のサッカーチーム、ボルシアドルトムントの選手の定宿と紹介されていたので、名前は知っていました。なぜ、地元のホテルに選手が泊まる必要があるのか、そのときはよくわかりませんでしたが、今回、またこのレストランについて調べていてわかりましたが、ホームでの試合の前日に泊まるホテルとして利用されていたようです。地元での試合だからと言って家から当日スタジアムに行くわけではないのですね。試合の前日に不摂生しないように管理するためでしょうか??? このホテル、現在はホームでの試合前夜、選手の宿泊はされていないとのこと。

レストランには土曜日の夜出かけましたが、駐車場はほぼ満車。結婚式のパーティの予約が入っていたようです。なので、貸切にようになっていて、私たちは、ホテルの朝食コーナーのような別の部屋に案内されました。他にもお客さんはいましたが、小さなスペースでもテーブルとテーブルの距離が離れていたので、落ち着いて食事ができました。本来のレストランのフロアは木組みの家の部分で広くて、もっと木組みの家で食事という雰囲気が楽しめたので、それはちょっと残念。まあ、次回のお楽しみにしておきます。

だんだん年をとるごとに、食が細くなり、コースで注文しても食べる自信がなくなっています。特にここドイツは日本より量が多いので、前菜とメイン、もしくはメインとデザートをやっと食べれるかという感じなので、今回はメインとデザートにしました。

パンと一緒に出てきた、豚の脂かガチョウの脂。何か聞けばよかった。私は中身より、この小さなバター入れのような容器が気に入りました。
c0212741_202934100.jpg


サービスなのか、前菜代わりに食事ができるまでということで、こんなものをいただきました。
c0212741_20264675.jpg



鹿の肉を食べようと決めていましたが、出かける直前にテレビで、ガチョウ(ドイツではGänse )のお肉料理が紹介されているのをみると、ガチョウも捨てがたいと思い、夫が鹿の肉を注文したので、私はガチョウを注文。

c0212741_20274584.jpg

ガチョウの胸肉と骨付きもも肉。赤キャベツとじゃがいものだんごと焼リンゴ添え。ガチョウは赤キャベツとじゃがいものだんごと食べるというのがドイツの定番なのか、そういう組み合わせでした。テレビでみるのもたいていこの組み合わせです。

ガチョウは皮がぱりぱりでおいしかったです。赤キャベツは普段市販の瓶詰めのものを温めて食べていましたが、それとは味が違いました。市販のものもおいしくて、自分で作る必要はないなあと思ったのですが、ここで食べた赤キャベツは全然すっぱくなかったです。いつも食べてるのはちょっと酸味があったのです。これほどおいしくできなくても、自分で一度作ってみたくなりました。

春巻きのように見える形のじゃがいものだんごももちもちでおいしかったです。焼リンゴは真ん中にレーズンと白いなにかが入っていました。白いものが何かはわかりませんでした。これもお店の人に聞けばよかった、、、。

c0212741_2055182.jpg

夫が注文した鹿肉のフィレ。じゃがいも料理の上にのっていて見た目がよいです。お肉ちょっともらいましたが、やわらかくておいしかったです。
c0212741_2056040.jpg

デザートはホワイトチョコのケーキを注文。でもどこがホワイトチョコなのか食べてもわからず。。。アイスはイタリアンハーブの味がしました。メニューにはタスマニアペッパーアイスクリームと書いてあります。調べるとタスマニアペッパーは、乾燥した葉の粉末がスィーツや料理の香り付けに使われるそうですが、なんか食べたことある味なんだけど、何かよくわからず、イタリアンハーブみたいな味だと思ったのですが、、、。アイスとの組み合わせは意外でおもしろいです。

メイン料理も夫に食べるのを手伝ってもらうくらい食が細くなっていたので、デザートも半分しか食べれませんでした。それがとても残念。
夫が注文した梨のデザート
c0212741_2155936.jpg


関係ありませんが、夫が撮った写真のほうがきれいです。くやしい。。。

せっかくおいしいものを食べにきたので、一緒に合うワインなどを飲めたらよかったんだけど、お酒は全く飲めないのでもったいないです。そして、お酒飲めないのに、車も運転できないので、お酒飲みたかった夫にも申し訳なかったです。

久しぶりに、外でおいしいものを食べて満足です。たまにこんなちょっとした贅沢もいいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-12-16 21:19 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

ケルンのビールと久しぶりの肉料理

ケルンの続きです。
ケルンに来たら、ケルンのビール、ケルシュ(Kölsch)を飲んでおきたいと思い、昼食は大聖堂の近くのケルンのビール醸造所Früh のレストランに行ってきました。昔はここが醸造所だったようですが、今はレストランのみ。

お酒は全く飲めませんが、せっかくなので、小さいグラスでお願いしますと、注文。でも、お店の人に小さいグラスしかありません、と言われてしまいました。

c0212741_2034886.jpg

ここは、この200mlのグラスのみです。シュタンゲ(Stange)と呼ばれるこのグラスは、クランツ(Kranz)という手持ちつきのお盆で運ばれます。

ケルシュ、最初の一口がとてもおいしかったので、すごいおいしいビールだと思ったのですが、半分も飲まないうちに、頭が痛くなってきて酔っ払ってしまいました。やっぱりお酒は全然受け付けない体質のようです。

同居人はイースター前の断食期間中、ビールを飲んでいなかったこともあり、久しぶりのビールだったので、おかわりを何度もしていました。

このお店だけなのか、ケルンのビールのシステムなのか、ビールを飲み干すと、すぐに新しいグラスと取り替えてくれるのです。お店の人がずっとテーブルのそばにいるわけではないですが、なんだかわんこそばみたいな感じに思いました。お店の人に聞きましたが、もうおかわりはいらないときはコースターでグラスにふたをしたらいいそうです。

それから、ケルンのビール醸造所レストランのビールをお給仕してくれる男性は、Köbes と呼ばれているそうです。以前ケルンのビールについての番組で紹介されていました。ケルンのビールには独特の文化があるようです。お酒が飲めたら、ドイツのいろんな街を旅して、地ビールを飲み比べたりしたいものです。

お料理はビールに合うかなと思ってドイツ料理、Schweinshaxe というお肉料理。断食期間も終わったので、久しぶりにお肉が食べたいと思って注文しました。
c0212741_20364345.jpg

でも、お肉をあまり食べない生活に慣れたからか、久しぶりの肉だったからか、あまり食べれませんでした。ドイツに来た最初の年は、ハクセが食べ放題のお店で2皿平らげたこともあるのですが、もう若くないからなのか、一皿完食もできませんでした。残りは大食いな同居人が全部食べてくれました。

レストランの中の様子です。Körbsやシュタンゲなどケルンのビール文化はお酒飲めなくても興味深いです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-05-09 20:40 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(8)

ボーフムのレストランで食事

週末、ルール地方のボーフム(Bochum)という街まで出かけたので、昼食はレストランで食べることにしました。元々外食好きだったのですが、ドイツ生活での外食はめったにありません。なので、出かけたついでに外食するようにしています。

ボーフムのレストラン情報を知らないので、グーグルでレストラン、ボーフムと入力して検索しました。検索結果を見て、評価がよさそうで、良心的な値段で、駅の近くという理由でMutter Wittig というレストランを選んでみました。

ネット情報では週末のお昼は混むらしいということで、遅めの昼食で2時過ぎに到着。結構混んでいましたが、すぐにテーブルにつくことができました。
c0212741_6174582.jpg

お店はちょっと昔のドイツのインテリア。お店の評価を書いている人の中には、店内のインテリアがちょっと時代遅れな感じと書かれている人もいましたが、こういう雰囲気のお店好きです。落ち着きます。

ここはドイツ料理のお店のようでした。お料理もシュニッツェルやステーキなどお肉料理が多かったですが、お肉を控えているので、魚料理選んでみました。Rotbarbe という魚、皮が赤で、白身の魚のソテー。付け合せの野菜はズッキーニとプチトマト。魚にかかっていたソースには粒コショウがたくさん入っていて、コショウの粒を間違って一緒に食べると、口の中がとてもスーとします。ソースの味付けはわかりません。残念ながら味覚音痴で、どこかで食べた料理と同じ味を自分で作るということは全くできません。一体なんの味なのかわからない味でした。でもおいしかったです。
c0212741_6215353.jpg


そういえば、今頃気づきましたが、お店の人も食後にデザートを勧めるわけでもなかったし、デザートのメニューも持ってきてくれなかったので、デザート食べ忘れて帰ってきました。でも、ダイエットしなくちゃいけないので、ちょうどよかったです。

c0212741_6274290.jpg

Mutter Wittig
Bongardstraße 35
44787 Bochum

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2014-03-25 06:44 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

ドイツで最初の食事

土曜日の夜、ドイツの家に戻ってきましたが、とても疲れていたので、その日は何も食べずに
就寝。

翌朝は空港のコンビニで買ったおにぎりを食べました。本当はフランクフルトの空港で食べる
つもりで買っておいたのですが、おなかがすかなかったので、食べずに残ってたのです。
おにぎりは好きではないのですが、ドイツに到着してから家に戻るまでの間で
おなかがすいたときに食べるとなぜかとてもおいしいので、毎回おにぎりを買っているのです。

そして、日曜のお昼、やっと普通の食事をとりました。
久しぶりのドイツだし、せっかくなので、食事に行こうと珍しく同居人が誘ってくれたので、
外で食べることにしました。

ドイツ料理のお店。重たいドイツ料理は食べたくなかったのですが、サラダくらいなら食べれるかなと
思って。。。

結局、サラダといいつつ、がちょうの肝を焼いたものを注文。
c0212741_15381855.jpg

鳥の肝は砂糖としょうゆで甘辛く炊いたのが一番おいしいと思うのですが、
この肝料理はどんな味付けなのかわかりませんが、おいしかったです。
しょうゆを使ってないので、ご飯と一緒に食べないといけないほど辛くないし、
しょうゆを使わずにで肝調理してもよいなあと思いました。

食後はアイス、生クリーム添え。ひさしぶりにドイツの甘くない生クリーム食べました。
c0212741_15384059.jpg

アイスクリームに甘い生クリームが乗っていたら、甘すぎるかもしれないけど、
別に生クリーム自体のせなくてもいいのではないかと思ったりします。

このレストランは Herdeckeというドルトムントの隣町にある、Bonsmann´s hof
というお店で、事前にインターネットで調べて評価がよさそうだったので、
来て見ましたが、実際、料理はおいしかったです。内装は評価どおり、ちょっと
古臭い感じというのが当たっているようですが、私はそういうちょっと古い感じの家と
いう雰囲気も素敵に思うので、気になりませんでした。
また、機会があれば、ここで食事をしようと思います。

c0212741_1544262.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
[PR]

by rudern | 2014-01-15 15:49 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(4)

たまには外でお食事

めったにないのですが、先日夕食をレストランで食べました。

日本にいる頃は新しいレストランとか評判のお店の情報など集めては友達や母と食べに行っていましたが、ドイツに来てからはほとんど外食していません。特に今住んでいる街のレストラン情報は皆無で食べに行きたくてもどこに行ってよいのかわからないほどです。

久しぶりにレストランに行くことにしたので、インターネットで調べて評判がよく、あまり気取らずに行けるお店を探してみました。

小さい駅舎を改装したレストラン。お店の名前も、Alter Bahnhof (古い駅)。ドイツ料理のお店です。
c0212741_15292394.jpg

前菜とメインだけにしようと思ったのですが、メニューの中から好きなものを3品選んでコースにするとお得だとお店の人に言われて、デザートも注文しました。

前菜はえび。にんにくとチリオイルでソテーしたものでした。えびが大好きで、久しぶりにえびが食べれてうれしかったです。
c0212741_15312944.jpg

メインは豚フィレ肉。かぼちゃの種が表面についていて、ソースはオレンジとコショウ。ソースが濃かったですが、おいしかったです。お肉の量が多いような気がしました。たぶん日本だったらこの半分かな。でも、お肉はかなりたくさん食べても平気なので、全部食べました。かわりに添えてあったじゃがいものソテーみたいなのを同居人に食べてもらいました。じゃがいもも、表面はカリッとしてておいしかったです。私が作るのとは全然違う。。。
c0212741_1532168.jpg

デザートは金柑と蜂蜜のパフェって書いてあったので、生クリームとアイスがどっかり入った器に金柑がいくつか飾ってあって蜂蜜がかかってるすごいパフェを想像していたのですが、金柑と蜂蜜のアイスにブルーべリーソースが添えてある、想像してたよりお上品な量のデザートでした。
c0212741_15323259.jpg

かなりおなかいっぱいになりましたが、3品完食できてよかったです。というか、ドイツのレストランで普通のドイツ人並みに食べるって太るもとですね。

めったにレストランに行きませんが、たまにおいしいものを食べに行くのはいいですね。いつも自分で作ったものばかりではつまらないし、いろいろ勉強になるので、これからも、たまにどこかに食べに行きたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-08-28 15:41 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(0)

今年最初のアンズタケとKamenという街

先日のとうもろこし狩りの帰り、ちょうどお昼ごろになったので、近くのKamen という街に立ち寄り、お昼ご飯を食べました。

旬なので、アンズタケを使ったメニューもいくつかありました。

今年はまだアンズタケ食べていないので、せっかくなのでアンズタケの料理を注文。お肉が食べたかったので、シュニッツェルというドイツのトンカツにアンズタケとチーズをのせてオーブンで焼いたものを注文してみました。

想像していたのと違った感じ。自分が何注文したか忘れて、オムレツ注文したんだっけ?と思ったくらいです。
下におおきなトンカツが入っています。
c0212741_16553357.jpg

以前なら、これくらい平気で完食できましたが、年のせいと、最近ダイエットで食事の量を減らしていて胃が小さくなってしまったのか、3分の2食べるのもやっとでした。

しかもなぜかおまけというかサービスで、料理が来る前に、キッシュをいただいたので、余計におなかいっぱいです。

お昼ごはんを食べ終えたら、ちょっとKamen の街を散策。特に見所のない、普通の小さな街。

なんだかよくわからないオブジェはたくさんありました。私に芸術的センスがまったくないからなのでしょうが、どれも、写真を撮る気にもなれないくらいわけがわからなかったです。

唯一面白いと思ったのは、口から水吐きながら絵を描く人の噴水。
c0212741_16555910.jpg

街の風景はあまりに普通で写真を撮るところがありませんでした。
一般の家のかばんの形をしたブリキの郵便受け。気に入りました。
c0212741_1656212.jpg

こんなお家に住むのが夢です。
c0212741_1656479.jpg

Kamen は予想どおり、何もない街でしたが、もしかしたら意外な発見があるかもしれないので、これからも、近郊の小さい町いろいろ立ち寄ってみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2013-08-20 15:33 | おでかけ | Trackback | Comments(4)