タグ:痙攣 ( 3 ) タグの人気記事

今シーズン最後の試合は後味の悪い試合だった

2時間近くかかったシングルスの試合の後は、恒例の勝者が敗者に1杯おごるという行事でお蝶夫人にコーラをごちそうしてもらいました。本当はりんごジュースの炭酸水割りを飲みたかったけど、売り切れとのこと。しょうがなく、持ってきたおにぎりを少しかじりながらコーラを飲んであんまり休めず続けてダブルスの試合。

ルールでは最後のシングルスの試合が終わって15分後にはダブルスの試合を開始しなくてはならないということで、2時間も試合したのに15分しか休憩なくすぐダブルスの試合はきつかったです。

しかも、相手ペアの一人はシングルスの試合はしてないので全然疲れてないはず。

私はコーラでカフェインを補給して少しすっきりはしたけど、もう限界に近かったです。
試合前のウォーミングアップも適当な人で、しかもストロークもこういっては悪いけどうまくなかったです。
それでも、彼女はチーム内では私のシングルスの対戦相手より上位です。

休憩のときにお蝶夫人のような対戦相手が、私はチームのみんなより年上だからチーム内での順位は
下位なのと悲しげにおっしゃっていた意味がそのときわかりました。

これは結構つらいですね。私だったら泣けてくる。年上だからという理由だけで実力無視って、、、。
お若く見えたけど、1950年代生まれらしいのです。それでも、正しくボールを打てて2時間試合をしても疲れた様子もなく涼しげな顔をされていて、まさにお蝶夫人のような人だったので、自分より実力のない若い人がチーム内で上位にいるのはプライドが傷ついていることと思います。

相手のペアはいまひとつのレベルだったので、1セット目は余裕で最初4ゲームとったのですが、最初から一人がとても失礼な人でペアを組んだGさんもいやなタイプの人だと感じていて、なるべく相手のペースに乗らないように冷静にしていようと話していたのですが、そのうち、私たちのボールがインでもアウトコールしたりするのでいらついてきてだんだん私たちのペースも落ちてきました。

結局1セット目を7-5で落とすという悲しい結果。。。。

Gさんは初めてのダブルスの試合だったので、私がもっとカバーしてあげれたらよかったのだろうけど、また、2セット目の途中で私が前衛にいたときに緩いボールが飛んできたので、張り切って、走って少しジャンプしてボレーしたら着地するときに、右足ふくらはぎが痙攣。そのまま転んでお尻とか腕を地面で打ってしまいました。

カリウムたっぷりのココナッツウォーターを飲んでいたので、痙攣は軽いものでだったので、なんとか試合は続けましたが、前回のダブルスの試合と一緒で、また痙攣したらと思うともう怖くてあまり走れなくなってました。

そしてストロークの安定してないGさんが狙われて、私もあまり走れず、ラインジャッジの不正もされたりして、2セット目は調子もでず結局負けました。

一人の人は正直者のようで、自分が打ち返せなかったボールがアウトかインか見えなかったと言ったので、私はネット際にいて、きわどくもなくしっかりインしていたので、そう言ったのですが、相手チームのもう一人がアウトだと怒鳴ったので、これ以上何も言えず。

この人は自分のペアが打ってアウトになって私たちがアウトだとコールしても、インだと叫んだりする人でかなり不愉快でした。でも打った人が今のはアウトだと自分でも認めてパートナーに言ってくれる人だったことは救いでした。なのでこのパートナーの人がちょっと気の毒にも思えました。

結局大して上手くもなく、ラインジャッジも不正をするし、暴言ははくし、最低の対戦相手に出会ってしまってがっかりです。おまけに負けてしまって。

こんな勝ち方をして何がうれしいのか私にはわかりません。
連敗記録更新中の私ですが、こんな勝ち方はしたくないです。

でも、こんな相手にも負けてしまった自分が不甲斐なく思えてかなり落ち込んでいます。
そしてこういう相手と試合して負けたときは精神的にかなりショックが大きくなるようで、身体の疲労以上にあとに残って寝込んでしまいました。

今後はもっとメンタルの部分も強くならないと勝てないと感じました。

そして、今後、こういうたちの悪い人に出会ったら、獰猛なイノシシに出くわしたくらいの気持ちで無視しようと思います。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-15 02:07 | テニス | Trackback | Comments(0)

ココナッツウォーターを探す

先週の試合、2試合目のダブルスの試合の2セット目の途中で、右足が痙攣しました。

春に別のチームの人たちと親善試合をしたときに、左足の痙攣がしてそれ以来、左足の具合もいまひとつでしたが、一応その後痙攣することはなかったのですが、今度は右足。

マグネシウム400mgも摂取してたし、試合前にバナナも食べたのに、また痙攣。
対戦相手の人の処置が良かったのか、すぐに試合を再開できましたが、また痙攣したらと思うと、100パーセントの力が出せず、負けてしまいました。

おそらく、1セット目が6-6からタイブレークで6-7で負けた時点で体力の限界が来てたのかもしれません。私たちのチームはダブルス2勝4敗だったので、ダブルス3試合は全部勝たないと負けてしまうというプレッシャーもあって、1セット目に頑張りすぎたのかも、、、。

今はまた痙攣を起こさないように気をつけたいと思い、あれこれ調べてたどり着いたのが、ココナッツウォーター。

海外セレブも愛飲の美容と健康にいいらしい飲み物らしいですが、私の目的は美容ではなく、痙攣予防です。

ココナッツウォーターにはカリウムがたくさん含まれているとのことで、これを飲むようになってからは痙攣しなくなったというテニスをしている人のブログを見つけて、さっそく探しに行ってきました。

バナナにもカリウムは含まれていますが、バナナより簡単に摂取しやすいので、試合のときに便利とのことです。

今ココナッツウォーターはドイツでも流行りつつあるのか、オーガニックスーパーに行きましたが、いろんな種類のものが売っていました。

でも、味が罰ゲームほどきついらしいので、ちょっと不安です。以前、オーガニックスーパーで何かのフレーバーのついたココナッツウォーターを買って飲んだことがあるのですが、フレーバー入りならなんとかなりそうです。フレーバーなしのココナッツウォーターは飲みにくいらしいので、一応、バナナ味と、パイナップルとアセロラ味を買いました。

あと、ココナッツウォーターでもあまりカリウムが含まれていないものもあるらしいので、ちゃんとカリウム量が表記されてる製品を選んでみました。

これで、痙攣せず、試合で100パーセントの力が出せるといいなあと思っています。

c0212741_21061542.jpg







にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-09-08 21:13 | 食べ物、飲み物 | Trackback | Comments(0)

痙攣 (Krampf)

先日は、テニスクラブの別のグループと合同で練習試合がありました。

それぞれ4人ずつ参加ということで、私はグループの下位にいるので
行く必要はないだろうと思っていたのですが、来れない人が多く、予定も
ないし、2週間テニスのレッスンが休みだったので参加してみました。

別のグループは同じ世代で登録されているけど、ほとんどみんな年上。
しかもそのうち半分くらいが、私の母親世代です。

以前、このグループの練習をたまたま見た同じ人が怖いといっていたので
そんな年上の上手で怖い方たちと練習試合などしたら、ぼやぼやして、
罵声を浴びせかけらるのではと直前まで憂鬱で仕方ありませんでした。

普段のレッスンのときにクラブで見かける年上のご婦人の中には、挨拶しても
無視する方もいるので、この方たちがいたら、つらいなあとかあれこれ
考えてしまって、、、。

でも、出かけてみると、いつも挨拶しても無視するご婦人はおらず、
いたって普通にフレンドリーな年上のみなさんでほっとしました。

試合は2コートに分かれて行いましたが、私と同じグループからは3人だけ参加で
顔見知りの同じ二人とは別コートで、私だけ別のグループの人たち3人とダブルス。

一人は同世代の女性でしたが、試合経験も豊富で上手でした。
母親世代の人たちもテニス歴30年とかそれ以上のようで、
結構強いボールと打って、またあちこち走らされました。

2試合めは私以外、みんなお年寄りだったのですが、途中から
左足のふくらはぎがつり始めて、そのうち、右の足の裏まで
つり始めたのですが、いつものようにそのまま試合を続けましたが、
前衛のときにボレーをしようと動いたときに、ふくらはぎに痛みが
走って動けなくなって、うずくまってしまいました。

私がボールが飛んでくるのが怖くて、きりがいいところまでうずくまったままだと
思われたようで、みんなそのまま試合を続けていました。
きりのいいところで、パートナーの人が、声をかけてくれたので、足が痙攣したと
言ったのですが、痙攣というドイツKrampfが発音が悪いからなのか、
間違っているのか、通じず、、、。

でも、ふくらはぎの筋が大きくくぼんでしまっていたので、
私の足を見て痙攣を起こしたとみなさんわかってくれました。

そして、Krampf ね!とおっしゃるのですが、私の発音したKrampf と
みんなが言うKrampf はどう発音が違うのかよくわからず、私は
みんなと同じように発音してたつもりですが、、、。


しばらく休んで、また試合を再開しましたが、徐々に
右足のふくらはぎも調子が悪くなってきたところで時間切れ。

ちょうどよかったです。試合後ちょこっとワインとおつまみでもという
ことでしたが、どんどん足全体が痛み出したので、お先に帰らせて
もらいました。

おば様方はおそらく、私のことをあきれられたかもしれません。

よくふくらはぎは寝てるときにつるし、テニスのときも、足のいろんな
ところがつりますが、それでもなんとか試合は続けられる程度だった
のに、今回は動けなくなってしまうくらいひどかったので、ちょっと
びっくりです。

おまけに、自分の母親くらいの世代のお年寄りとのテニスで痙攣を
起こすってとてもはずかしかったです。

原因はたぶん足が冷えたのと、マグネシウム不足とか。

普段は試合などのときは、ふくらはぎのサポーターを
はめているのに、今回は忘れてしまったのもよくなかったです。

あとは、スポーツ飲料を持っていかなかったこと。

室内コートは水以外の飲料は持ち込み禁止なので、スポーツ飲料を
持っていくのをあきらめましたが、次回からはちゃんと持っていこうと
思います。

今読んでる、テニスの本にも、痙攣を防ぐために、Elektrolyteを
試合には持っていくことと書いてあったのですが、それって何だろう
電流?とか思ってあまり気にしていませんでしたが、スポーツ飲料みたいな
もののことだと今わかりました。

痙攣を起こしてしまったことと、今回もあまりうまく試合ができず、
負けてしまったのは残念ですが、参加してよかったと思っています。

普段接する機会のないクラブの人たちとお知り合いになれたのもよかったですが、
試合経験の豊富なみなさんと試合をしていろんなことを学ぶことができました。

とりあえず、今後の課題に、痙攣対策というのも加えないといけません。

そして正しく痙攣というドイツ語Krampfを発音できるようにしておかないと。

c0212741_2056340.jpg


テニスの帰り道、足を引きずりながら立ち寄ったお店で見つけたマグネシウム。
いかにもふくらはぎがよくつる人用と言う感じの写真だかイラスト入りだったので
買ってみました。






にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2016-04-06 21:01 | テニス | Trackback | Comments(0)