遠い道のり

今日は10km走ろうと、家の前の国道をまっすぐ5km走って戻ってくるというルートに挑戦するつもりでした。
まっすぐの道なら迷うこともないと単純に思ったからです。国道といってもちゃんと自転車道と歩道があり、車道との間には木が植わっていて遊歩道のようになっているので走りやすいのです。

途中のどかな田園地帯が広がっていて気分よく走っていたのですが、急に、歩道がなくなってしまいました。国道なので、普通の車の往来も多い上、トラックもたくさん通るので、そのすぐ横を走る勇気がなく、かといって横道にそれるとまた迷って家に帰れなくなると思い、そのまま引き返しました。たぶん、3,7km地点。いったん、止まってどうしようか考えてしまったせいか、なんだかやる気がなくなり、しばらくランニングでなく、歩いてしまいました。走っていても、顔が冷たくなるくらい、寒いので、歩いていたらどんどん寒くなって、奥歯がなぜか痛み出しました。帰りはそれでもあまり走り続ける気になれず、走ったり、歩いたりの繰り返しで1時間後家に到着。やっぱりランニングクラスでみんなにひっぱってもらわないとだめですね。一人だとついつい歩いてしまいます。

もともと小学校のときから長距離走は嫌いで、マラソン大会ではビリ争い集団の常連だったくらいなので、ここまで走れるようになっただけでもかなりの進歩だとは思うのですが。そしてマラソン大会までの道のりは遠いなあと認識しました。

先日行った、私の住む街の近くにある、Hermannという昔、トイトブルグの森でローマ軍を潰滅させたドイツの英雄の銅像です。ここから私の住む街まで31kmほど走る大会 Hermannslauf が毎年あります。銅像に登って私の住む街のほうをみてみましたが、遠すぎます。こんな距離走れないです。。。


c0212741_4561128.jpg

銅像、剣の長さだけでも約8m。奈良の大仏とどっちが大きいのかな。

c0212741_4565867.jpg

ずっと向こうにかすかに見えるのが私の住むまち。
[PR]

by rudern | 2011-11-16 13:07 | その他