ミュンヘン市内観光

おそらく、私が初めて聞いたドイツの都市名はミュンヘンだったと思います。6歳くらいの時に、母とおばとミュンヘンという大阪にあるビアレストランに行って、それまでうどん屋などの和食の食堂にしか行ったことなかったのに、そこはうどん屋と違ったなんだか今まで見たことのない洋風の内装だったので、きっとミュンヘンというところも素敵なところに違いないと子供心に思ったものです。

それから何十年たってはじめてミュンヘンに来る機会ができました。というのも、夏の休暇でバイエルン州に行くので、せっかくならミュンヘンに住むお友達と会おうと思ったからです。

去年からミュンヘンに行きたいと思い、計画を考えていましたが、家から電車で最低6時間はかかり、往復で2日を要するので、なかなか計画が実行できずにいたので、ちょうどいい機会。

宿泊先からミュンヘンまでは電車で2時間ほどだったので、日帰りで一人でミュンヘンまで行ってきました。

ミュンヘンの駅はとても大きくてびっくり。友達が駅まで迎えにきてくれたので、迷わずにすみました。

お友達がミュンヘンの主要な観光名所を一通り案内してくれました。バイエルン州はドイツでもお金持ちの州でその州都のミュンヘンはやっぱり違いますね。お店もどこも高級感にあふれていて、買い物できなくても、そういうお店が近くにあるとなんか自分までお金持ちになった気分になれそうで。。。私の住む町と比べると町全体がなんだか余裕がある感じがしました。
c0212741_18481651.jpg

まずは、マリエン広場にある新市庁舎。塔の仕掛け時計が有名ということで、歴史劇が繰り広げられるという時間に市庁舎の前に。平日でしたが、かなりの人がやってきていました。
c0212741_19381888.jpg

すごく小さく見えるのですが、人間と同じくらいの大きさの人形が32体。

それから、玉ネギ型の屋根の塔で有名な聖母教会。
c0212741_19383871.jpg

裁判所も立派です。
c0212741_1939079.jpg

それから写真は撮りませんでしたが、ミュンヘンに行ったらぜひ立ち寄りたいと思っていたダルマイヤー。

私の住む街にはこういう高級感あふれる食材のお店がないのが悲しい。高級な服飾のお店はあっても購入するほどお金がないのですが、高級食材ならまだ買うことができるので、せめてこんなお店の一つくらいあってほしいものだと思いました。それにダルマイヤーは日本へのお土産を買うのにもよさそうですね。叔母のおみやげのコーヒーを一つ買いました。
c0212741_19392712.jpg

バイエルンっぽい。私は青色が好きなので、バイエルン州の旗の色とかすごい好きです。なのでこのポールもかわいいと思いました。

このあたりもいろいろ興味のあるお店がありました。でも暑すぎて、断念。

お昼を食べたあとは友達のおうちにお邪魔して手作りのプリンなどごちそうになりながら、いっぱいおしゃべりしてきました。

ミュンヘンの市内観光が目的というより、お友達に会っておしゃべりすることのほうが目的だったので、久しぶりに楽しい時間を過ごせました。

ミュンヘンはレジデンツもあるし、ノイエピナコテーク、アルテピナコテークなどの美術館にも行ってみたいので、今度は泊りがけてミュンヘン観光したいと思っています。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2015-10-22 19:45 |