3度目の正直と2時間待ち、滞在許可証。

2度外国人局に行って、書類不足でだめだった滞在許可証の更新ですが、先月、3度目の正直になるか2度あることは3度あるになるのか不安になりながら、再度外国人局に行ってきました。

足りない書類を渡して、お金を払ったら手続き完了ということになっていましたが、足りない書類を渡すと、担当の人が多分大丈夫だと思うけど、上司に相談してきますと席を立ちました。

私のこれまでの経験上、上司に相談という場合は許可が下りなくて、再度書類を揃えて訪問しないといけなかったので、また不安になりましたが、しばらくして戻ってきた担当の人は、「なんとか大丈夫でしたよ」と言ってくれました。

仮の滞在許可証も12月で切れるし、年末年始は役所もお休みなので、向こうもさっさと私のビザを更新させたかったのだと思います。それでなくても、外国人が大量に増えて、一人の人間に何度もアポイントを取る余裕などないはずです。

そして、先週、できあがった滞在許可証をもらいに再び外国人局に行ったのですが、思った以上にたくさんの人がいました。

滞在許可証の受け取りのみ受け付けの日だったので、そんなに人はいないかと思ったのですが、番号札をもらったら110人待ちでした。

受付で滞在許可証を受け取りに来たと言って、パスポートを渡したら、受付の人が確認して、「すぐお渡ししますね」と言ったので、たくさん人は待ってるようだけど、私はそれほど待たずに受け取れるもんだと思っていたのですが、私も他の人同様に待たされました。2時間も。

受付の人のすぐというのは、今日という意味だったようです。

毎回だまされますが、ドイツ人のすぐというのは、私のすぐとは大差があります。

私にとって、すぐというのは、1分以内くらい。ドイツなら、もう少し長くしても、できたら5分以内のときにだけ使ってもらいたいです。

そんなわけで2時間ほど外国人局でたくさんの人の間にいたので、もしかして、この段階ですでに風邪のウィルスに感染していたかもしれません。

それでも、とりあえず、年内に無事に滞在許可証を更新できてよかったです。

次は、パスポートが切り替わる時まで、外国人局に行く必要がないと思うと気が楽になりました。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村
[PR]

by rudern | 2015-12-19 23:13 | ドイツ生活