夫の祖母のクッキーのレシピ

一昨年、義弟の奥さんからもらった夫のおばあさんのレシピで焼いたクッキー。

レシピをもらいたいと思いつつ、お願いする機会がありませんでした。

そして、去年の12月、義父と奥様に会って、義父のキャンピングカーの中を見せてもらいながら、お話しているときに、奥様がおばあさんのレシピで焼いたクッキーを出してくれました。

義弟の奥さんのクッキーは子供と一緒に作ったのか?と思うくらい、形が不ぞろいだったりしていたのですが、奥様のクッキーは形もきれい、そして、義弟の奥さんのと比べるととても薄いクッキーでさくさく。

まあ義弟の奥さんはまだレシピをもらって数年だろうけど、義父の奥さんは何十年も毎年焼いているので、上手に焼けているのは当たり前ですね。

そしてちょうどいい機会なので、いつでもいいので、レシピをくださいとお願いしておきました。

年明けにも、夫が義父にメールをする際にも奥さんにクッキーのレシピをくれるようお願いしてくれと頼んでおきました。

そしたら、レシピを書いたメールが届いたのです。

分量ももともとの分量と少な目の2つ。そして、手順も細かく書かれています。

さらには、義弟の奥さんが一人で焼いてクリスマスハイキングに持ってきたおばあさんのレシピのクッキーについてまで。

二人で一緒に作ったこともあるそうですが、義弟の奥さんが一人で作ったものは義父の奥さんの細かい指示を一部無視して作ったようで、分厚いクッキーになっていたとのこと。

そして、さらに悪いのがクッキー缶のふたを一晩開けたままにしていたので、クッキーがやわらかくなってしまったようで、これは、もうおばあさんのクッキーではなくなってしまっているとまで。

メールの最後には、私が、義父の奥さんの指示通りに作ればおいしいクッキーができるはずと書いてありました。

とんでもないクッキーを焼いてしまったら、Ikakoのクッキーはひどすぎるわね、とみんなに言われそうです。

2度会っただけの義父の奥さんですが、怖いお姑さんというタイプでなく、きっちりした人のようなので、奥さんの細かい指示を無視して作った悪い例として私に忠告してくれてるだけで、義弟の奥さんの悪口ではないようです。

私は義母よりこの奥さんのほうが、しっかりしているけれど、いろんなことに興味を持ってそうだし、話をしても面白いので、また会いたいと思ってしまいます。

夫も義母より面白い人だと認めていました。

なので、クッキーだけでなく、いつかおばあさんのレシピで作った料理をこの奥様に教えてもらいたいと思っています。


これは、一昨年義弟の奥さんが焼いて送ってくれたクッキー。
c0212741_0433228.jpg


これもおいしかったけど、何十年も毎年作ってる義父の奥さんのクッキーはもっとおいしかったです。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

[PR]

by rudern | 2016-01-28 07:15 | お菓子作り