珍しく遅延なし

ドイツ鉄道で出かけると必ずと言っていいくらいの頻度で何か起こって時間通りに目的地に到着しません。乗り継ぎが多いとさらに大変なことになるのでなるべく乗り換えなしの列車を選ぶことにしています。

昨日はお天気が良かったのでオランダまで買い物に電車で行くことにしましたが、乗り換えのない電車で2時間。乗り換えがない場合、時刻表通りに電車が来たらまずはひと安心なのですが、ドイツ鉄道なので油断はできません。途中の駅で停車したまま動かなくて信号機の故障でこの先へはいけませんとかアナウンスがあって電車を降ろされたり、30分以上電車が動かなくていつ出発するのか不安な時間を過ごしたりと何があるかわかりません。

でも昨日は何もなく無事にオランダに到着。買い物を済ませたあとはお茶を飲んでゆっくりしてから1時間後の電車で帰ろうか、それともお茶はやめて次の電車で帰ろうかと悩みお茶をやめて次に来た電車に乗ることにしました。1時間後の電車に乗って電車が遅れたり、何かあったら家に着くのが遅くなるのでなるべく早く帰れるなら早い便に乗るのがいいとこれまでの経験で学んだのです。

珍しく帰りの電車も遅延なしで予定通りの時間に家に到着。日本なら時刻表通りが普通なんだけど、ドイツ鉄道なので時刻表通りなんて珍しいのでうれしかったです。ここ2回ほどドイツ鉄道というよりオランダ鉄道とドイツの私鉄で遅延で大変な思いをしたところなので時刻表通りに電車が着て目的地に到着したのが感動ものです。

車の運転ができないため時々電車で出かけなくてはならないので、これからもなるべく時刻表通りに運行してもらいたいものです。




にほんブログ村 その他日記ブログへ

by rudern | 2018-11-20 06:20 | ドイツ生活