人気ブログランキング |

いい加減で融通の利かないドイツの外国人局

今日は滞在許可証の更新のための予約が入っていたので久しぶりに外国人局まで行ってきました。
今年の1月末に予約してほしいとメールしてから約3か月後の予約しか入れてもらえなくてやっとこの日が来たと思っていたのですが、、、。

いつも受付すらも行列ができているので、早めに出かけて20分ほど前に到着したら、外国人局はがらがら受付も行列などできていず、すぐに受付のおじさんに予約が入っていることを告げることができました。

でも、おじさんにあんたの予約は明日だけどと言われてしまいました。こんなこともあるかと思ってプリントアウトしてきた外国人局の人から来た予約日が記載されたメールを見せても、ああ、担当者がかき間違えたんだな、悪いけど、明日また来てください。と悪いともこれっぽっちも思っていない口ぶりというかえらそうに言われました。明日無理だから、今日更新手続きしてよと粘ってみたけど、今日は担当者いないから無理だから明日またきてちょうだいの一点張り。明日から休暇だと嘘を言ってもよかったんですが、明日の予約は取り消して新しい予約をまた数か月後に入れられても困ると思い嘘を言うのはやめました。こんなことありえないと怒ってみたけど、よくあることだとか悪びれた様子もなく言われました。

おじさんが間違ったわけじゃないだろうけど、予約日を1日間違った日付を書いてメールしてくるなんてそんなミスは社会人なら普通ありえないと思うし、そっちのミスなのに、また明日来いとかエラそうに言われて、はらわたが煮えくり返りそうなくらい怒りがこみあげてきました。

もしこれが担当者でなく受付のおじさんの画面の見間違えで、予約は今日であっていた場合、明日また外国人局に行っても、あんたの予約は昨日で昨日あんた来なかったからまた新しい予約を入れてその日に来いとか言われないだろうかと心配になってきました。まあそれくらいドイツの外国人局というかドイツ自体信用ができなくなってきています。結構間違いが多いし、間違っても悪いとも思ってなさそうだし、なんなんだろうか、この国は、、、。

ドイツの外国人局、本当に1回の訪問ですんなり手続きが済んだことがありません。今日のようにこちらに何の非がなくても1回で済まないのだから、もうどうしようもないくらいひどいレベルだとしか言えない。自分たちのミスなんだから、もう少し融通を利かせるくらいはしてほしかったです。ガラガラで暇そうだったんで、なんとか一人の滞在許可証の更新手続きくらいできそうなものなのに。しかも私の場合、ただパスポートの更新に伴う更新手続きなので、余計に時間もかからないものなのに、本当に融通が利かないとしか思えません。とりあえず、明日は無事に手続きしてほしいです。




by rudern | 2019-04-16 21:36 | 日常