下がっていたモチベーションが少し上がる

9月からずっとテニスのモチベーションは下がったままでした。膝の炎症もあったからかもしれないけれど、テニス以外のスポーツがしたくてたまらなかったです。ボーリングとかゴルフとかバレーボールとか、テニス以外の球技ならなんでもよいくらいテニスから離れたかったのです。

いったんテニスから離れたとしても、またテニスに戻ることはわかっているので、テニスをやめようと言う気持ちとは違うけど、なんだかテニスから離れたかったのです。

夫が球技が嫌いということもあり、なかなか他の球技を一人でする機会がなく数か月が過ぎ、テニスへのモチベーションも下がりっぱなしで、どうにかしようと思い、草トーナメントに申し込みました。

草トーナメントでは1日2試合するのですが、一人の対戦相手と試合後一緒にお茶を飲みながら話していたら、自分も頑張ろうと言う気持ちになれました。彼女は私より1つ年上でテニス歴3年という人。試合慣れしていないので、経験を積むために草トーナメントに出ているそうです。そしてチーム練習ではサーブの練習はあまりしないので、わざわざ別のテニスクラブの会員になってそこでプレイべートレッスンを受けてサーブの練習をしているとのこと。3年しかテニスしていないのにきれいなフォームでサーブをするなと思ったら、そういうことでした。もともと陸上をしていて、円盤投げだかなんかを投げる競技をしていたそうなので、初心者でもサーブはうまいのかもしれません。

ただでさえいつも試合に負けているのに、プライベートレッスンまで受けてテニスを上達させて試合に勝とうと思っている人より少ないレッスンで次にまたどこかで対戦して勝てるはずがないなと思ったら私も頑張ろうと思えてきました。

そして私もプライベートレッスンを受けることにしたのです。ちょうどグループレッスンのコーチにまだ空いてる時間があったので、お願いしました。うちのクラブのコーチの都合が悪ければ、彼女がプライベートレッスンを受けているクラブに私も会員になってレッスンを受けようと思っていたので助かりました。

プライベートレッスンは高いのでお金を無駄にしないためにも頑張って結果を残したいと思います。ちなみに、彼女との試合は私の足がつって動けなくなって途中棄権で負けました。次回また彼女と対戦したときは絶対に勝ちたいので頑張りたいです。

草トーナメントはモチベーションの高い人と対戦することが多いのですごく刺激になります。みんなレベルも高いし、いい経験にもなります。しばらくは定期的に草トーナメントに参加してみようと思います。



にほんブログ村 その他日記ブログへ

[PR]

# by rudern | 2018-12-18 07:51 | テニス

義母が来週やってくる。

クリスマスに夫と二人でリューゲン島かどこかのホテルで過ごすか義母の家で過ごすことになっているはずの義母はなぜか来週半ばにうちに遊びに来るらしい。いつも義母の考えていることが理解できません。夫の誕生日プレゼントを手渡ししたいからだと思うと夫は言うけれど、それならクリスマスプレゼントと一緒に手渡ししたらいいのに。来週が夫の誕生日ならわかるけど違うし、もう何がなんだかわかりません。しかも夕方到着して翌日の午前中の電車で帰ると思うので、そんな半日くらいの滞在にわざわざ来なくてもいいのに。

今日は普段しないバスルームの大掃除をしたのですが、義母がやってきそうなことを本能的に察知していたのかもしれません。

来るなら来いと言う感じですが、困るのは料理です。義母は和食は食べないし、手の込んだものやドイツ料理以外のものを作っても食べたことがないとか言われそうで作り甲斐がないタイプなので、何も作りたくないというのが正直な気持ちです。

それに以前手作りのジャムを手土産に持っていったら、砂糖の分量が少ないから食べきる前に傷むとか文句言われたこともあり、本当に何もしたくないのです。砂糖の割合は1対2で作りました。義母は1対3じゃないとだめらしい。でもその日同じく義母宅に宿泊していた義母の兄夫婦がおいしいと言って朝食にたくさん食べてくれてほとんどなくなってしまったので、よかったのですが。

そんなこともあり、前回遊びに来たときは、パンとチーズ、ハムにゆでたカリフラワーにマヨネーズというとんでもなく手抜きな食事を出しました。そのときも私だったらカリフラワーはこう調理するわとケチをつけられましたが。

今回はゆでたカリフラワーとマヨネーズはだせないので、チーズフォンデュにしようと思います。パンとプチトマトとゆでたブロッコリーくらいあればいいかな。市販のチーズフォンデュを使って手抜きしますが、それなりにもてなし料理っぽく見えそうな気がします。

もしくはレストランで食事。でもたぶん義母は疲れたからパンだけでいいので家でのんびり食べたいと言いそうです。やっぱりパンとハムとチーズだけでいいかな。

だいたい私は日本に帰る前で忙しいのに断りもなく勝手に来ると決めているのが理解できません。ブログ書きながらだんだん腹が立ってきました。日にちも自分の都合で勝手に決めているし。平日なので普通はこちらの都合を聞いてから決めるべきじゃないのかと思うのですが。夫も朝から仕事があるのに、泊まって翌日はどうするつもりなんだと言いたい。私が義母の相手をしなければいけないのか?もし私も仕事をしていて朝から出勤だったらどうするつもりなんだろうか。夫には午前中休みを取ってもらって義母の相手をしてもらおうと思います。




にほんブログ村 その他日記ブログへ

[PR]

# by rudern | 2018-12-15 08:28 | 日常

クリスマスに自分の家に来てもらいたくない夫の家族たち

義母がクリスマスにうちに遊びに来たいと言い出しました。理由は近くに住む次男一家がクリスマスにスキー旅行に行くので、いつものように次男嫁の実家に遊びに行くのはよくないからだそうです。

次男一家はクリスマスイブは家にいてイブに次男嫁の実家に招待されているようなので次男も嫁もいるならいつも通り遊びに行けばいいのに、それになぜか参加したくないと言う義母。毎年ごちそうになっているのに今更何を言っているのかよくわかりません。

クリスマスは私は日本に一時帰国なので自分の留守中にキッチンを使われたり、自分のお気に入りの食器を使われるのがいや、それに万が一お気に入りの食器を割られでもしたらかなりショックなので断ってほしいと頼みました。割られて同じものを弁償してくれるならまだいいのですが、間違いなく全然好みでない変な食器をかわりにプレゼントされたらショックを通り越して怒りがこみあげてきそうなので、三男の家に一緒に遊びに行ったらと提案してみたのですが、三男も家に来られるのはいやみたいでどこかホテルに泊まろうと言い出し、数日後にはクリスマスはやっぱり一人で過ごしたいとクリスマスに会うこと自体断ってきたそうです。

数年前から三男はクリスマスに実家に帰らなくなりました。彼はクリスチャンではなく、義母と次男一家も敬虔なクリスチャンでクリスマスは教会に行くのが一番大切な行事なのでクリスマスに実家に帰ってもつまらないのかもしれません。クリスマス一人でも私は寂しくないけど、彼も寂しくないのかな、なんか気になります。義母はきにならないのかな。次男嫁の実家にごちそうになる前に、自分の息子がどうしてクリスマスに実家に帰ってこなくなったのかちょっとは悩んだほうがいいのではと大きなお世話だけど思ってしまいます。夫もそうだけど、義母もちょっとしたことでもそういう家族の変化を気にしないタイプというか鈍感なタイプだと思います。クリスマスに家に帰りたくない、もしくは帰れない事情があるのかなとは思わないようです。他人の私でも気になるのにどうして気にならないのかな。まあ私には関係ないけれど。
結局夫も義母もホテルを探す様子はなく、夫は私が留守なので適当に嘘をついて義母を家に呼ぼうとしているような気がします。義母も夫が家に呼んでくれるのを待っていると思います。そういう親子です。なので大切な食器などはどこかに隠しておこうと思います。


にほんブログ村 その他日記ブログへ
[PR]

# by rudern | 2018-12-13 12:14 | 日常

なじめない。

テニスのチームに入って4年が過ぎました。でも一向にチームになじめません。もし私がいつも試合に勝てる強い選手だったらなじめたのかもしれないけど、IKAKOは弱くてすぐ負けるというイメージがついてしまったのでチームでの評価も低くチーム内での順位も最下位です。同じチームなのに私と一緒にテニスをしてくれる人も少ないです。私のような下手な人とテニスをしても時間の無駄と思っているのだと思います。

唯一仲良くなった友達はチームを抜けました。というか本人の意思プラス、チームの人の意思もあって除籍です。友達は私よりレベルが低かったので私より居心地が悪かったみたいです。みんなフレンドリーだったけど、なぜか居心地が悪かったと言っていました。ドイツ語のWohlgefühl (心地よい気持ち)がなかったとのこと。もし彼女も私ももっと試合に勝っていたらもっと心地よかったのかもしれないけど、負け続けるとやっぱり居心地は悪いです。それに友達も私も同じような気持ちだったということは、チームのみんなが表面的にはフレンドリーだけど、本心ではあまりよく思っていないということをなんとなく感じたからなのだと思います。

それでも、チームメイトが負けても一緒に練習してくれて、アドバイスとかしてくれるのなら居心地はよくなるし、信頼関係もできると思うけど、同じチームでも弱い人とテニスをするのは自分のためにならないくらいに思っている人も何人かいるようなので、私のような性格の人間でいつも試合に負けている人にはとても居心地の悪いチームなんだと思います。

いい人もいるし、4年間一緒に練習した人も3,4人はいるので完全にチームから抜けることを決めてしまっていいのかと思うので、とりあえず、来シーズンはいったん抜けるということにしました。ただ、うすうす気づいていることは私には団体競技には向かないということです。団体戦の試合にでるより、一人で草トーナメントにでるほうが気楽で好きだったりします。自分のせいで負けたらどうしようというプレッシャーにも弱いし。

来年は一人でストレスフリーでテニスをしたいです。ただでさえ、試合の成績でストレスがたまるのにそこに人間関係のストレスまであったら本当にテニスが嫌いになりそうです。



にほんブログ村 その他日記ブログへ

[PR]

# by rudern | 2018-12-11 06:59 | テニス

週末の歯のトラブル

ドイツでは週末は歯医者はお休み。緊急の時はその日当番になっている歯医者さんに電話しなくてはいけません。

先週の土曜日朝からテニスの試合に出かけていたのですが、試合途中にエナジーバーを食べていたら歯のかぶせ物が取れてしまいました。まだ試合の途中だったのでビニール袋に入れたかティッシュで包んでバッグの中に入れて試合を続けました。エナジーバーは何でできているのかわかりませんが、手についたらベトベトするようなヌガーのような食べ物なので噛んだときにエナジーバーにひっついてそのまま一緒にとれちゃったようです。

試合後、夫に電話してかぶせ物が取れたので当番の歯医者さんを探しておいてほしいと電話して2試合目に出ました。エナジーバー以外にもバナナとかいろいろ食べたのでばい菌が中に入ってしまわないかと心配だったのですが、夫は歯医者を探すのが面倒だったのか、月曜日に歯医者いけばいいだろみたいな対応でちょっと腹が立ちました。

試合後夫に歯医者に連絡をしてもらいましたが、痛むのかどうか聞かれて、痛くはないけど、ばい菌が入らないか心配なので仮の詰め物をしたり、かぶせ物がとれたところをきれいにしてほしいので診てほしいとお願いして夕方予約をいれてもらいました。本当は虫歯が激しく痛み出したとか親知らずがうずいてがまんできないとかそんな人しか週末は診てもらえないのかもしれません。でもたまたまその日の担当の歯医者さんが夫が通っている歯医者で私も以前通っていたので融通が利きました。

かぶせ物がとれたときは試合中だったので何も考えなく適当にかぶせ物をバッグに入れてしまったのですが、かぶせ物を作るのに半分くらい自己負担で300ユーロか400ユーロ以上支払ったことを家に帰ってから気づきました。試合会場でバックに入れていたティッシュとかごみとか捨ててきたので一緒にかぶせものも捨てていたら、また試合会場にもどってゴミ箱あさらないといけないと一瞬あせりました。

大きなバックのどこかに適当にいれた小さなかぶせ物を探すのは大変。最初は何度見ても見つからなくて焦りましたが、エナジーバーの食べかけと一緒にビニール袋に入っていて安心しました。

予約時間に歯医者に行くとかぶせ物がとれたところを洗浄して接着剤でとれたかぶせものをつけてもらいました。とりあえずしばらくはこれで大丈夫だけど、来年もう一度とれたところを診てもらったほうがいいとのことでした。あと、かぶせものがとれたところからばい菌が入る可能性もあると言われたのでやっぱりその日のうちに診てもらえてよかったです。それに通っていた歯医者さんが偶然その日担当だったのも運がよかったと思います。



にほんブログ村 その他日記ブログへ

[PR]

# by rudern | 2018-12-06 07:17 | ドイツ生活