人気ブログランキング |

カテゴリ:ドイツ生活( 66 )

母の日のプレゼント

明日は母の日。義母に映画のペアチケットでもプレゼントしてお友達とでも行ってもらおうかと思い先週夫に話すといいねと言うのですが、それだけ。どこの映画館に義母がよく行くかとかそういったことは教えてくれない。義母の住む町にどこにどんな映画館があるかなんて知らないので少しは教えてくれたっていいのにと思いながら、義母の家から近い映画館でプレゼント用のチケットを売っているかなど一人で調べてみました。

調べているうちに、母の日のプレゼントの話をしたら、私の母にもプレゼントを送らなきゃと夫が言わなかったことが気になって、義母にだけプレゼントを送るのがばかばかしくなってプレゼントを買うのをやめました。夫も義母も自分の家族のことだけしか頭にないタイプで、それが原因で私が夫の親戚の集まりに行かなくなったのですが、それに夫も義母も気づかないようです。どれだけこちらが気を使ってあれこれしても、私や私の家族に気を使ってはくれません。

以前、ドイツ人の友達に母の日に義母にもプレゼントを贈るのか聞いたことがあるのですが、彼女いわく、義母は夫の母なので夫がプレゼントを贈ればいい、でも夫はそういうことはしない人なので私もしない、とあっさりしていました。私の夫も自分の母親にプレゼントをあげるタイプでもないので私もしなくてもいいのかな。あまり好きではない義母で義母も私のことを好きでないけど、独り身でかわいそうかなと思って気を使ってあれこれ考えるのですが、息子の夫自体が全く何もしないのでもういいかと思ってしまいます。夫は私の母のことも気を使わないし。

ということで義母への母の日のプレゼントはもう考えないことにしました。でも母には何かしたいかなと思い、ネットであれこれ探してみました。花を贈ったことはあり、喜んでもらったのですが、高齢なので食事作りが面倒な時に食べれるご飯のお供なんかのほうが実用的かなと思い、母の日には間に合いませんが、何か注文しようと思います。






にほんブログ村 その他日記ブログへ

by rudern | 2019-05-12 01:43 | ドイツ生活

不親切

夫の同級生の彼女という人が泊まりに来ました。当日夫がどこかまで迎えに行くのかと思ったら一人で直接来るとのことでした。家で待っていたら電話がなり、最寄りの地下鉄の駅を降りてから道に迷った模様。夫が電話で説明していましたが、その電話のあともう一度電話があり、まだ迷っているとのこと。この段階で普通迎えに行くと思うのですが、夫はまだしつこく電話で説明していました。

初めて来る街で土地勘もないうえ、2泊もするのだから荷物もあるだろうに、なぜ迎えに行ってあげないのだろうか。どこにいるか確認してその場所まで行ってあげてもいいのに。そしてお天気も雨が降ったりやんだりしているというのに、、、。自分の来客なのにこんなに不親切にできるなんてなんだろうかと思ってしまいました。でもよく考えると私に対しても夫は不親切なのでそういう人間なのかもしれませんが、自分の母親と弟には駅まで迎えに行ったりとやたら親切だったりとかなり感じが悪いです。

2度目の電話が鳴ってから結構時間がたってもまだ彼女はやってこなかったので、時々私は気になって彼女らしき人が近くまできていないかと窓から外を眺めてみたりするのですが、夫は全然心配している様子はなし。結局なんとか無事に彼女はやってきましたが、夫の態度にはかなりあきれてしまいました。

私の来客でもなく、知らない人を家に泊めるのは好きではないと思いつつも、来た人にはそれなりに気を使ってしまう性格なので結構疲れました。私はそういう性格なので自分の友達や家族以外の人を家に泊めるのは好きではないし、自分も夫の実家に泊めてもらうのはあまり好きではないのかもしれません。でも、夫は私の実家に数週間も滞在しても、全然気を使わず、朝遅くまで寝ていたり、家の手伝いも一切しないで好き勝手できるので何度でも長く滞在できるのだと思いました。そして、人を家に泊めるのも全然おもてなしも気づかいもしないので簡単に人を家に泊めることができるのだとわかりました。

夫の同級生の彼女という人も想像していた人とは違い、かなり素朴な人でした。趣味が洋服を縫うことらしくて、私は洋服はめったに縫いませんが、それでも思ったよりも話が合いました。日本で買ってきた簡単ソーイングという雑誌を見せてあげたり、私がその雑誌に載っていた本を使って縫ったスカートをみせたりと。夫の同級生が来ていたら話も合わず、つまらなかったでしょうが、彼女のほうが来てくれてよかったのかもしれません。

でも、今後は夫が気遣いもおもてなしもできないのなら家に人を泊めるのはやめてほしいです。





にほんブログ村 その他日記ブログへ

by rudern | 2019-03-17 20:21 | ドイツ生活

毎日宿泊客

昨日は義弟が出張で近くまで来たのでうちに泊まりました。

夫が友達と飲みに行く日だったので直接夫と友達が行く店に合流してからくるので食事の支度もしなくてよいし、先に寝てていいので布団の用意だけしておいてほしいと言われました。

いつもはソファベッドに寝てもらうのですが、サイズが合わないだの何かがおかしいだの夫の家族に文句を言われるので今回は私の使っていないマットレスをリビングに置いて寝てもらいました。

ソファベッドはもともと私の家族や友達が来た時に使ってもらおうと自分で買ったものですが、誰も来ません。来るのは夫の家族のみ。なので使うのも夫の家族のみ。そしてあれこれ文句を言われ続けてかなり腹がたっているのでもう二度と夫の家族には使わせないと心に決めたのです。

来客用の布団と枕にカバーを付けてマットレスの上に置いて先に寝ました。昨日は夕方テニスのレッスンもあり疲れていたので飲んで帰ってくる夫と義弟を待てませんでした。それにもうパジャマを着てしまっていたし。

テニスのレッスンが月、水曜とあり、日曜日は試合に出かけたので疲れていたのか、朝までぐっすり眠り、目が覚めた時には夫も義弟も出かけた後でした。兄さんの嫁はとんでもない奴だと思っているかもしれません。

そして今日と明日は夫の同級生の彼女ととかいう女性が泊まりにきます。手芸メッセに行くので泊めてくれと頼まれたのです。今日電車で6時間かけてやってきて、うちに泊まって明日手芸メッセに行ってまたうちに泊まって明後日帰るとのこと。ホテル代節約のためなんだけど、日本人ならそんなことしないのでちょっと理解できません。若者ならいざ知らず、もういい年をしたおばさんなのに。

私の友達ならホテル代節約でも泊まってほしいと思うけど、日本人の友達ならホテル代節約で友達の家に泊まる人は少ないと思うし、気を遣うのでホテルのほうが快適だと思う人が多いと思うけど、ドイツ人は節約重視なのかな。夫の同級生も来るならわかるけど、一人でやってくるというのもなんだかな。ホテル代節約とはいえ。

そんなホテル代節約のために他人の家に2泊もする人のためにおもてなしをする気力もなく、そして今日もまた夜はテニスの予定が入っているし、ダイエット中ということもあり、夕食の支度をする気になれません。野菜を切って、クヮルクと香辛料を混ぜたディップでも作って適当にテーブルに並べようと思っています。家にあるもので済ませるつもり。向こうが節約ならこちらも節約です。

そしてベッドも昨日義弟が寝たマットレスをちょっときれいにシーツをかけなおしてそのまま使ってもらうことにしました。本当ならシーツや布団カバー変えるべきだと思うけど、向こうも節約のために他人の家に泊まるんだから、それくらいいいかなって。言わなけらばわからないだろうし。知らない男の人が寝てた布団に寝るのってかなり抵抗があるけれど、ドイツ人女性なら大丈夫に違いないということにしておこうと思います。それにただなんだから文句は言わせない。





にほんブログ村 その他日記ブログへ

by rudern | 2019-03-14 23:44 | ドイツ生活

急な断水

今朝シャワーを浴びようと思いつつだらだらとしていたら、外から男の人の声が聞こえてからきました。内容は全く聞こえません。もしかして警察が
このあたりに殺人犯がひそんでいるようなので家の外にはでるなとか爆弾が見つかったので今すぐ避難しろとかだったら困ると思い窓を開けてみると、車がゆっくり走りながらアナウンスしていました。水道が何時間か止まるので、○○してください。とのこと。窓を開けても○○のところが聞こえません。

とりあえず、電気ポットに水を満タンにいれて、バケツにトイレ用に水をためて、慌ててシャワーも浴びました。

飲料水はちょうど土曜日にミネラルウォーターが安くなっていたのを買って今家には20本くらいあるので飲み水は大丈夫。

でも洗い物をするための水をためる入れ物が家にはなく、結局トイレ用に掃除用のバケツに一杯水をためたのと電気ポットの水だけ。こんなときはバスタブに水をはればよかったのかと今気づきました。

そして今紅茶を飲もうとしたら、ほとんどのマグカップが食器洗浄機の中。食器棚に残っているのはあと二つ。毎日いろんな種類の飲み物を飲むので二つでは足りないです。

急な断水は本当に困ります。金曜日に工事の準備で作業する場所に車を停められないようにテープを貼っていたし、作業するのはわかっているのだから、事前に張り紙してくれていたらよかったのに。直前にさらっと車に乗って告知して10分後には作業開始で水が止まるのは困るかも。洗濯始めてたら途中で止まってしまうし。

お昼ごはんはどうしよう。サラダを食べる予定でしたが、野菜が洗えません。ミネラルウォーターを使うのはもったいないし、麺をゆでたり、お米を洗ったりというのもなるべくさけたいとなるとパンを食べるしかないです。洗い物をなるべくださないようにしたいと思うと調理もあまりできないので、やっぱりパンにハムとチーズとかしかないようです。

アナウンスでは数時間とは言っていなくて何時間もみたいな感じだったんだけど、夕方には水がでてくれないと晩御飯も作れないし、トイレ用の水がバケツ一杯分しかないので本当に困ります。そして今気づいたけど、トイレの後の手洗い用の水がありません。ウェットティッシュと消毒用アルコールでいいのかな。ここ数年はないけれど、何年か前一時帰国の飛行機で到着近くなるとトイレの水道水がなくなるのかトイレの水道の水がでなくて代わりにウェットティッシュが置かれていたので、私もとりあえず、水が出ない間はそれでがまんするしかありません。

ここまで書いて保存していました。水道工事が始まってから5時間近くたちますがまだ作業は続いています。

水分はなるべくとらないようにしてトイレにはまだ行っていません。

アパート内の水道管に残っている水があるのか水道の水はでるようですが、急にでなくなったら困るのでトイレ用にもう一つのバケツにも水をためてみました。

災害時などは水道が何日も止まることもあるので半日水道がでないくらいどうってことはないのでしょうが、これまでそういう経験がほとんどないので急にあると焦ります。次回断水があったら、バケツだけでなくお鍋やボウルにもお水を入れて調理用に使えるように、あと手洗い用の水を入れるための洗面器とか何かを買っておこうかな。



にほんブログ村 その他日記ブログへ

by rudern | 2019-02-18 22:10 | ドイツ生活

電話たらい回し

電話をかけるのは日本語でも嫌なくらい苦手だし、ドイツ語のリスニングに自信がない私はドイツで電話をかける場合はいつも夫にお願いしています。

昨日も電話で問い合わせをしたいところがあったので夫に頼みました。電話をしたのはKarstadt Sports というデパートのスポーツ館。テニスラケットのガットの張替を依頼していて出来上がりは月曜日でできたら電話をするということだったのに月曜を過ぎても電話がないので催促をかねて電話してもらいました。

前回ガットの張替を依頼したときも仕上がり日を過ぎても連絡がなく夫に電話してもらったのですが、なぜか本館にかかってしまってあちこちたらい回しされたので今回はスポーツ館に直接電話したつもりだったのですが、またたらい回し。

夫は○○ですが、テニスラケットのガットの張替を依頼しているのですが、というと担当にお繋しますみたいなことを言われるようで、また次の人が出たら、同じように○○ですが、テニスラケットのガットの張替を依頼しているのですがと同じことを繰り返していました。結局夫は同じことを4、5回言わされてやっと担当につながったよう。横で聞いていて同じことを何回も言っている夫に吹き出しそうになりました。

普通日本だったらそこまでたらい回しにされないと思うのですが、このデパートだけなのかな。今回は最後につながった人が張替が終わっていることを確認して翌日の今日取りに行ったらちゃんと張替が終わっていて無事にラケットを持って帰ってくることができましたが、前回は電話をたらい回しされたあと出来上がっていると言ったのに翌日取りに言ったらまだ張り替えていなくて再度ラケットをとりにいかなければならなかったという、電話のたらい回しだけでなくちゃんと確認すらもできないという日本ではありえないことが普通かもしれないドイツ。

それにここでラケットのガットの張替を何度もしているけど、張替ができたら電話で連絡するといいつつ電話をくれたことが1度しかないし、、、。電話のたらい回しだけでなくいろいろあるお店です。





にほんブログ村 その他日記ブログへ

by rudern | 2019-01-31 06:30 | ドイツ生活

週末の歯のトラブル

ドイツでは週末は歯医者はお休み。緊急の時はその日当番になっている歯医者さんに電話しなくてはいけません。

先週の土曜日朝からテニスの試合に出かけていたのですが、試合途中にエナジーバーを食べていたら歯のかぶせ物が取れてしまいました。まだ試合の途中だったのでビニール袋に入れたかティッシュで包んでバッグの中に入れて試合を続けました。エナジーバーは何でできているのかわかりませんが、手についたらベトベトするようなヌガーのような食べ物なので噛んだときにエナジーバーにひっついてそのまま一緒にとれちゃったようです。

試合後、夫に電話してかぶせ物が取れたので当番の歯医者さんを探しておいてほしいと電話して2試合目に出ました。エナジーバー以外にもバナナとかいろいろ食べたのでばい菌が中に入ってしまわないかと心配だったのですが、夫は歯医者を探すのが面倒だったのか、月曜日に歯医者いけばいいだろみたいな対応でちょっと腹が立ちました。

試合後夫に歯医者に連絡をしてもらいましたが、痛むのかどうか聞かれて、痛くはないけど、ばい菌が入らないか心配なので仮の詰め物をしたり、かぶせ物がとれたところをきれいにしてほしいので診てほしいとお願いして夕方予約をいれてもらいました。本当は虫歯が激しく痛み出したとか親知らずがうずいてがまんできないとかそんな人しか週末は診てもらえないのかもしれません。でもたまたまその日の担当の歯医者さんが夫が通っている歯医者で私も以前通っていたので融通が利きました。

かぶせ物がとれたときは試合中だったので何も考えなく適当にかぶせ物をバッグに入れてしまったのですが、かぶせ物を作るのに半分くらい自己負担で300ユーロか400ユーロ以上支払ったことを家に帰ってから気づきました。試合会場でバックに入れていたティッシュとかごみとか捨ててきたので一緒にかぶせものも捨てていたら、また試合会場にもどってゴミ箱あさらないといけないと一瞬あせりました。

大きなバックのどこかに適当にいれた小さなかぶせ物を探すのは大変。最初は何度見ても見つからなくて焦りましたが、エナジーバーの食べかけと一緒にビニール袋に入っていて安心しました。

予約時間に歯医者に行くとかぶせ物がとれたところを洗浄して接着剤でとれたかぶせものをつけてもらいました。とりあえずしばらくはこれで大丈夫だけど、来年もう一度とれたところを診てもらったほうがいいとのことでした。あと、かぶせものがとれたところからばい菌が入る可能性もあると言われたのでやっぱりその日のうちに診てもらえてよかったです。それに通っていた歯医者さんが偶然その日担当だったのも運がよかったと思います。



にほんブログ村 その他日記ブログへ

by rudern | 2018-12-06 07:17 | ドイツ生活

珍しく遅延なし

ドイツ鉄道で出かけると必ずと言っていいくらいの頻度で何か起こって時間通りに目的地に到着しません。乗り継ぎが多いとさらに大変なことになるのでなるべく乗り換えなしの列車を選ぶことにしています。

昨日はお天気が良かったのでオランダまで買い物に電車で行くことにしましたが、乗り換えのない電車で2時間。乗り換えがない場合、時刻表通りに電車が来たらまずはひと安心なのですが、ドイツ鉄道なので油断はできません。途中の駅で停車したまま動かなくて信号機の故障でこの先へはいけませんとかアナウンスがあって電車を降ろされたり、30分以上電車が動かなくていつ出発するのか不安な時間を過ごしたりと何があるかわかりません。

でも昨日は何もなく無事にオランダに到着。買い物を済ませたあとはお茶を飲んでゆっくりしてから1時間後の電車で帰ろうか、それともお茶はやめて次の電車で帰ろうかと悩みお茶をやめて次に来た電車に乗ることにしました。1時間後の電車に乗って電車が遅れたり、何かあったら家に着くのが遅くなるのでなるべく早く帰れるなら早い便に乗るのがいいとこれまでの経験で学んだのです。

珍しく帰りの電車も遅延なしで予定通りの時間に家に到着。日本なら時刻表通りが普通なんだけど、ドイツ鉄道なので時刻表通りなんて珍しいのでうれしかったです。ここ2回ほどドイツ鉄道というよりオランダ鉄道とドイツの私鉄で遅延で大変な思いをしたところなので時刻表通りに電車が着て目的地に到着したのが感動ものです。

車の運転ができないため時々電車で出かけなくてはならないので、これからもなるべく時刻表通りに運行してもらいたいものです。




にほんブログ村 その他日記ブログへ

by rudern | 2018-11-20 06:20 | ドイツ生活

アイスコーヒー

ドイツのアイスコーヒーは日本のアイスコーヒーとは違うので、注文するとがっかりするという話をよく聞きます。ドイツのアイスコーヒーは生ぬるいコーヒーにアイスクリームと生クリームが乗っているもので、日本の冷たいコーヒーに氷が入っているものとは全く別物のようです。

私はもともとコーヒーが飲めなかったので日本でもアイスコーヒーを飲むことがなかったからかドイツのアイスコーヒーもそれほどがっかりしませんでした。生ぬるいコーヒーがアイスと混ざって適度な温度と甘さになって私にはわりといける飲み物で今年は何度もドイツのアイスコーヒーを飲みました。

今日はテニスクラブのカフェテリアでお店のギリシャ人女性が私に話しかけてくれて、自分の飲んでいるグラスに入ったコーヒーをさして、これはドイツのコーヒーとは違うの。こういうコーヒーは私が知る限りギリシャとベトナムだけなんだけど、日本にもこういうコーヒーある?と聞くのですが、どういうコーヒーなのかよくわからず、ベトナムコーヒーも名前は聞くけどどんなコーヒーか知らないし、と思うと、冷たいコーヒーでアイスクリームは乗っていないコーヒーとのこと。

ということは日本のアイスコーヒーみたいなものかと思い、日本にもあると返事をしておきました。そしてその冷たいコーヒーが気になったので早速注文。冷たいコーヒーで結構濃い。なんとなく日本のアイスコーヒーとはちょっと違うような、でもドイツのアイスコーヒーよりかは日本のアイスコーヒーに近い、そんなアイスコーヒーでした。

でもあんまりに濃いコーヒーだったからか今は夜中の1時半ですが、全然眠れません。飲んだのは午後の4時か5時頃だったのに。今度飲むときはお昼ぐらいまでにしておこうと思います。寝たいのに眠れないというのはつらいです。



by rudern | 2018-09-10 08:30 | ドイツ生活

ドイツの券売機

今思うと、これまでのドイツ生活で、乗り物の切符を券売機で買う機会があまりなかった気がします。定期を持っていたり、ドイツ鉄道で出かけるときはネットで切符を予約してプリントアウトしたりしています。それにドイツに来たばかりのころは、券売機での切符の買い方がわからなくて、もっぱら、窓口で行きたい場所・日時を書いたメモを見せて切符を買っていたような、、、。

先日、久しぶりに券売機で切符を買いました。30ユーロの州内チケット。ちょうど財布の中に50ユーロ紙幣が入っていたのですが、おつりがでるかどうか心配でした。というのも、券売機は受け付けてくれる紙幣が切符の値段によって違うからです。あまりたくさんのおつりが出ない仕組みになっているよう。日本だったら、30ユーロの切符を買うのに、50ユーロ紙幣でも許容範囲内だろうけど、ドイツの券売機は違うような気がして、20ユーロ紙幣も2枚用意しました。普通に考えると30ユーロの切符を買うのに、20ユーロ紙幣2枚入れるくらいいいんじゃないか。でも、心配だったので、10ユーロ紙幣もお財布に入れて出かけました。

券売機で買う切符を選んだら、やっぱり思った通り50ユーロは受け付けないという表示があったのですが、20ユーロは大丈夫だったので、20ユーロを1枚入れ、2枚目を入れると、何度も拒否されます。表示を見ると、10ユーロと5ユーロ紙幣と硬貨のみ受付可のイラスト表示。残り10ユーロはちゃんと10ユーロ紙幣か小銭で支払えということみたいです。

もしかして、券売機は小銭しかおつりが出ないのかもしれません。何だろうすごく使えない券売機です。

もし、10ユーロ紙幣持っていなかったら切符買えていませんでした。無人の地下鉄の駅なので、窓口もないし、困っているところでした。まあ、カードで買えということなんだろうけど、、。

ドイツで電車の切符を券売機で買うときはおつりのないようにした方がいいということなのだと思います、もしくはカードで購入。まあ今どき、携帯があれば、切符を券売機で買う必要などないのでしょうが、古い人間で、そういう新しいシステムについていけないので、券売機で買わないといけないのです。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
にほんブログ村

by rudern | 2017-09-25 02:17 | ドイツ生活

親戚づきあい強化月間

遠く離れてるので普段会うことのない夫の家族ですが、今月は2週連続で親戚づきあいをして疲れました。

先々週は義父とその奥さんが遊びにきました。夫の誕生日祝いを兼ねて、ついでにドイツ西部に住む休暇で知り合った人を訪ねたそうです。

たぶん、去年も同じことを言っていたので、もしかしたら12月の恒例行事になって、毎年やってくるのかもしれません。

先週は義母と義弟たちが夫の誕生日を祝うためにやってきました。

できたら、1度にまとめてやってきてもらいたいと思うのですが、義父は別れた妻と会いたくないらしく、義母も別れた夫とその妻に会いたくないらしい。おかげで2週連続で週末がつぶれました。

誕生日なのでまあしょうがないですが、私の誕生日は夫は祝ってもくれません。自分の誕生日で頭がいっぱい。

2週にわたる夫の誕生日という名の夫の家族との付き合いが終わってほっとしたのもつかのま、夫がクリスマス実家に行って、父親主催のクリスマスハイキングに行きたいというのです。

2週連続であんたの親戚づきあいして、またクリスマスも一緒に過ごすのか?私はハイキング嫌いなのに、どうしたらいいのか?しかも私クリスチャンでないので、敬虔なカトリック教徒の義母や義弟たちとクリスマスを過ごすのはとても苦痛です。

義母は義父主催のハイキングに行かないので、私も行かないと義母と二人っきりのクリスマスです。弾まない会話、どうしても無理です。なぜか、義父の奥さんとは楽しくおしゃべりができます。すごく興味深い人です。でも義母とは話すことがありません。義父の奥さんはハイキングに行くので、やっぱりハイキングに行かないのは義母と私だけ。

なので、どう考えても楽しくないし、今月、2週連続で夫の家族と会ったので、クリスマスは家で静かにストレスフリーで過ごしたいと言って、断りました。

夫の実家は日帰りでは行けなくて、1泊だったら1日目移動、2日目移動という感じで、全く何もする時間がないので、最低2泊はしないといけないのですが、夫の実家に2泊はきついです。でも、たいてい3泊4泊させられていますが、かなりきついです。

今年の夫の誕生日も義母の理想のプランは誕生日前の週末から私たちが義母宅にやってきて、週末は親戚とティータイムをして、火曜の誕生日当日、みんなで祝うというものでしたが、そうなると、金曜から水曜の朝までの滞在で5泊です。働き盛りの中年男になった息子の誕生日を5日もかけて祝うという発想はどこから生まれてくるのかとても疑問です。月、火曜日と有休をとれと言ってることだし、、、。

夫の実家に数日滞在するというのは、本当に気を使ってストレスだと思うので、極力さけたいとたいていの人は思っているはずです。

私の夫は私の実家に気を遣わず、3週間も滞在できるので、私のストレスと苦痛が理解できないようです。

前回、泊りがけで訪ねたときも、朝、いつまでも寝てたらいけないと、早起きしたら、足音が聞こえたので慌てて起きたと嫌味のようなことを言われてしまうし、かといって、ずっと寝てたら、やっぱり嫌味を言われそうだし、言われなくても、夫の実家で長いこと寝ていられません。

夫はうちの実家でも平気で毎朝10時くらいまで寝てて、両親もあきれていました。
病気だった父も最初のうちは夫が起きるまで朝食を待っていましたが、薬も飲まないといけないし、さすがに10時近くまで朝ごはん待てないです。起きてきても、すみませんとかの一言もなく、おはようございます、という日本語がなかなか覚えられず、手を振るだけ。ふざけた野郎です。私が嫁の父親だったら、激しく怒り狂うと思います。そんな感じで、嫁の実家でも全く気を使わないので、3週間も平気で過ごせるのだと思います。なので、私が夫の実家で気を使うしストレスがたまるというのが全く理解できないのです。

義母も、結婚生活短くて、義両親宅訪問なんてほとんどなく、親戚づきあいといえば、自分の親兄弟との集まりなので、やっぱり、嫁の立場がわからないのです。

とりあえず、今月2週連続で親戚づきあいをしたので、強化月間として、しばらくは親戚づきあいお休み月間を続ける予定。
今後何かあれば、何回かに1回は仮病という名の病気で欠席したい、、、、。








by rudern | 2016-12-25 00:39 | ドイツ生活