カテゴリ:テニス( 79 )

下がっていたモチベーションが少し上がる

9月からずっとテニスのモチベーションは下がったままでした。膝の炎症もあったからかもしれないけれど、テニス以外のスポーツがしたくてたまらなかったです。ボーリングとかゴルフとかバレーボールとか、テニス以外の球技ならなんでもよいくらいテニスから離れたかったのです。

いったんテニスから離れたとしても、またテニスに戻ることはわかっているので、テニスをやめようと言う気持ちとは違うけど、なんだかテニスから離れたかったのです。

夫が球技が嫌いということもあり、なかなか他の球技を一人でする機会がなく数か月が過ぎ、テニスへのモチベーションも下がりっぱなしで、どうにかしようと思い、草トーナメントに申し込みました。

草トーナメントでは1日2試合するのですが、一人の対戦相手と試合後一緒にお茶を飲みながら話していたら、自分も頑張ろうと言う気持ちになれました。彼女は私より1つ年上でテニス歴3年という人。試合慣れしていないので、経験を積むために草トーナメントに出ているそうです。そしてチーム練習ではサーブの練習はあまりしないので、わざわざ別のテニスクラブの会員になってそこでプレイべートレッスンを受けてサーブの練習をしているとのこと。3年しかテニスしていないのにきれいなフォームでサーブをするなと思ったら、そういうことでした。もともと陸上をしていて、円盤投げだかなんかを投げる競技をしていたそうなので、初心者でもサーブはうまいのかもしれません。

ただでさえいつも試合に負けているのに、プライベートレッスンまで受けてテニスを上達させて試合に勝とうと思っている人より少ないレッスンで次にまたどこかで対戦して勝てるはずがないなと思ったら私も頑張ろうと思えてきました。

そして私もプライベートレッスンを受けることにしたのです。ちょうどグループレッスンのコーチにまだ空いてる時間があったので、お願いしました。うちのクラブのコーチの都合が悪ければ、彼女がプライベートレッスンを受けているクラブに私も会員になってレッスンを受けようと思っていたので助かりました。

プライベートレッスンは高いのでお金を無駄にしないためにも頑張って結果を残したいと思います。ちなみに、彼女との試合は私の足がつって動けなくなって途中棄権で負けました。次回また彼女と対戦したときは絶対に勝ちたいので頑張りたいです。

草トーナメントはモチベーションの高い人と対戦することが多いのですごく刺激になります。みんなレベルも高いし、いい経験にもなります。しばらくは定期的に草トーナメントに参加してみようと思います。



にほんブログ村 その他日記ブログへ

[PR]

by rudern | 2018-12-18 07:51 | テニス

なじめない。

テニスのチームに入って4年が過ぎました。でも一向にチームになじめません。もし私がいつも試合に勝てる強い選手だったらなじめたのかもしれないけど、IKAKOは弱くてすぐ負けるというイメージがついてしまったのでチームでの評価も低くチーム内での順位も最下位です。同じチームなのに私と一緒にテニスをしてくれる人も少ないです。私のような下手な人とテニスをしても時間の無駄と思っているのだと思います。

唯一仲良くなった友達はチームを抜けました。というか本人の意思プラス、チームの人の意思もあって除籍です。友達は私よりレベルが低かったので私より居心地が悪かったみたいです。みんなフレンドリーだったけど、なぜか居心地が悪かったと言っていました。ドイツ語のWohlgefühl (心地よい気持ち)がなかったとのこと。もし彼女も私ももっと試合に勝っていたらもっと心地よかったのかもしれないけど、負け続けるとやっぱり居心地は悪いです。それに友達も私も同じような気持ちだったということは、チームのみんなが表面的にはフレンドリーだけど、本心ではあまりよく思っていないということをなんとなく感じたからなのだと思います。

それでも、チームメイトが負けても一緒に練習してくれて、アドバイスとかしてくれるのなら居心地はよくなるし、信頼関係もできると思うけど、同じチームでも弱い人とテニスをするのは自分のためにならないくらいに思っている人も何人かいるようなので、私のような性格の人間でいつも試合に負けている人にはとても居心地の悪いチームなんだと思います。

いい人もいるし、4年間一緒に練習した人も3,4人はいるので完全にチームから抜けることを決めてしまっていいのかと思うので、とりあえず、来シーズンはいったん抜けるということにしました。ただ、うすうす気づいていることは私には団体競技には向かないということです。団体戦の試合にでるより、一人で草トーナメントにでるほうが気楽で好きだったりします。自分のせいで負けたらどうしようというプレッシャーにも弱いし。

来年は一人でストレスフリーでテニスをしたいです。ただでさえ、試合の成績でストレスがたまるのにそこに人間関係のストレスまであったら本当にテニスが嫌いになりそうです。



にほんブログ村 その他日記ブログへ

[PR]

by rudern | 2018-12-11 06:59 | テニス

左ひざはすっきりしない。

毎日テニスなんてブログのタイトルを変更したら、もうテニスをしなくなりそうな気がしていたのですが、なんとか続けています。ただブログを続けることができていませんが。

9月初めに左のひざ腫れてからずっと痛みはあまりとれず、腫れもひいたと思ったらまた腫れたりとすっきりしません。

家事も立ちっぱなしだと足が痛くなるので、アイロンがけも椅子に座ってするようになり、調理も短時間でできるものばかり作っています。友達とのウォーキングも休みがちだったり、歩いても距離を短めにしてもらっています。一番つらいのは階段を降りる時。普通に降りたら膝が痛くてたまりません。変な格好で左ひざを曲げずに済む方法で階段を降りるので、駅などではちょっと恥ずかしいです。

テニスのレッスンは2週間休んだあとはなんとか参加していますが、まともに走れませんでした。左足をかばいすぎているのか、先週のレッスンでは右足首をひねって転んで手と足の甲を思いっきりぶつけて痛い思いと恥ずかしい思いをしました。

というわけで足の具合も今一つ、成績不振も続いていますが、テニスはあきらめずに続けています。他のスポーツは恥をかいた時点でやめてしまっているけれど、テニスだけはよっぽど好きなのか、あきらめずに頑張れます。

ちなみに2018年度の成績はシングルス1試合のみ出て1敗です。膝が腫れて痛かったという言い訳ができるのですが、実際はそれだけが敗因でないように思います。もうすっかり負け癖がついてしまってどうにもこうにも勝てる気がしないという悪循環。でも、続ける以上このままで終わりたくはありません。なんとかしてこの悪循環から抜け出したいです。





[PR]

by rudern | 2018-11-13 06:50 | テニス

ロブを打ったら怒鳴られた

最近ブログは滞りがちですが、テニスは続けています。もう下手の横好き状態です。

週1のレッスンに通うたびにコーチから注意されるのはバックハンドのこと。毎回同じことを注意されるのでそのうちあきれて何も言われなくなりそうです。

それでも今のコーチは前のコーチと違って団体戦の試合が近づいてくるとちゃんと試合対策のレッスン内容にしてくれています。

昨日はもともと大阪の地震のことが気になってあまりレッスンに行く気分ではなかったのですが、それでも病気やケガで動けない日以外は休まずレッスンに参加したかったので頑張ってでかけたのですが、ちょっと嫌なことがありました。

私はたまにロブを打ちます。でも決してずっとロブを打ち続けるわけではないのですが、昨日、たまたまロブが嫌いな人のバックハンド側にロブを打ったら、キレられました。彼女が高い球をバックハンドで打てないことを知ってはいたし、彼女のフォアハンドはアウトしなければ返球が難しいことは知っていたので恐らく無意識にバックハンド側にロブを打ってしまったのだとおもう。それなのに、そんなに怒るなんて、、。

こういうの大っ嫌いって大声で怒鳴られて、私がそういうボールを打ったことに怒っているのだろうけど、たぶん、以前試合で同じようなロブをたくさん打たれて負けた記憶がよみがえったとかで余計に怒りがこみあげてきたのかもしれません。他の二人もちょっと引いていたくらいの激しく怒鳴っていました。コーチが彼女をなだめて、バックハンド側に高い球が来た時の打ち方を説明していたけど、まるで私が卑怯な手を使ったような物言いで同じチームメートなのにがっかりしました。以前別のコーチにたいていの人は高いボールをバックハンドで打てないので、ロブを打つのは効果的と聞いたので、間違ってはいないはずなんだけど、すごい怒っててどうしていいのかわかりませんでした。しかも彼女は数少ない私の少しは仲の良いチームメイトだと思っていたのでよけいにショック。チームメイトのほとんどの人と付き合いも一緒にテニスをしたことすらほとんどない私にとって彼女は数少ないテニス仲間だったのに。

またキレられたら怖いのでもうロブを打つのはその日はやめました。でも、無意識に打ってしまうので次のレッスンでまたキレられたらどうしよう。そう思うと彼女を避けてしまいそう。数少ない気ごころのしれたチームメイトすら失いつつあります。

でも、私がレッスン中ロブばっかり打っているのなら怒られてもしょうがないけど、たまにというか時々打つだけであんなにキレられたらもうどうすることもできません。練習中はすぐに気持ちを切り替えてレッスンに集中できたけど、家に帰ったら思い出してしまって、夜眠れなくなってしまいました。

テニスは大好きだけど、試合のストレスとかチームメイトとのこととかいろいろな悩みが多いです。




[PR]

by rudern | 2018-06-20 04:34 | テニス

料金設定がいまひとつ。

新しいテニススクールが、夏シーズンに個人レッスンもしてくれるそうで、1時間40ユーロだそうです。3回チケットを買うと119ユーロ。10回チケットで399ユーロ。どちらも1ユーロしか安くないというお得感ゼロな設定。

よく金額を見ないとうっかりお得だと錯覚を起こして10回チケットを買うところです。というか、実際私は友達が指摘して気づいたので、私のように金額をしっかりみずに回数多めのチケットを買うとお得と勘違いする人がいそうです。

そして3回チケットを何回か買うのが一番お得という料金設定。ドイツではありがちなんだろうか。

コーチがいいコーチなら個人レッスン受けてみたいです。誰になるかわかりませんと言われたら受けません。






にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


[PR]

by rudern | 2018-04-02 05:14 | テニス

同じレッスン料だけど違う。

ブログを4か月も更新していませんでした。でもテニスは続けていました。

テニスの冬シーズンもあと1か月ちょっとで終わります。レッスン料を前払いしたので、週2回のレッスンは一時帰国とインフルエンザの時以外は休まずに参加。

月曜日の同じチームの仲間とのレッスンもだいぶ慣れてきました。一人だけ極端にレベルが低いままだったらどうしようと思っていたけど、今はそれほどの差は自分では感じられません。まあ4人の中では一番下手だけど。先日のレッスンでは最後ダブルスの試合をしたのですが、なかなか勝負がつかず、最後はタイブレーク、それでも勝負がつかず12対12でその日は終わったのですが、私だけが極端に下手だったら、そんな接戦にはならないだろうから、そんなに気にしなくても大丈夫かなと思えるようになりました。

月曜日のレッスンは休む人も少なく、コーチも熱心で毎回実践に役立つようなレッスンをしてくれます。毎回違う内容なのもありがたいです。コーチがかわってよかったと思えます。

それに比べると、金曜日のレッスンはがっかりすることが多いです。体が弱い人が多いのか、休みの人が多く、4人揃ったことがおそらくこの4か月で1度あるかないか、誰も来なくて自分一人の時も何度もあり、3人になることすら少ない。それはしょうがないとして、コーチが月曜日のコーチと比べるとやる気のないコーチで同じレッスン料を払っているのが腹立たしい。

毎回同じことしかしない。コーチがネットについてベースラインから打つ練習。あとボレー、サーブの練習。あとは左右に振られて20球くらい返球して、少し試合をして終わり。合間にコーチは頻繁に携帯を見ている。携帯依存症じゃないかというくらい見ている。何をそんなに見ているのかとても気になるくらいしょっちゅう見ている。

おそらくこのコーチはおばさんのレッスンなんて適当に走らせたりボール打たせておけばいいんじゃないとしか思っていないのだと思う。私以外チームに入っていないので試合に出ることもないし、単なる運動不足解消クラスのような内容だ。誰も文句を言わないのでこのままだと思う。

月曜日の方は団体戦のチームメンバーでレッスンを受けていると最初にコーチに話しているので、私たちの目標にあったレッスン内容にしてくれている。なので、5月からのレッスンは月曜日だけにして、金曜日のレッスンはやめようと思う。お金も時間ももったいないと思うようになってしまったし、5月からはまたチーム練習も始まるし、時々、去年のようにシングルスのお誘いもあるし、一人でサーブの練習もしなくてはならないので、金曜日のレッスンはやめても大丈夫なはず。

それにしても同じ料金でこんなにレッスン内容が違うのはスクールに文句を言ったほうがいいのかなと思うけど、生徒のモチベーションにも差があるのでしょうがないのかな。せっかく無駄話の多いコーチがクビになってほっとしたのに、結局無駄話の代わりに携帯いじるコーチになっただけというのは、レッスンを受ける側にも問題があるからなのかと思ってしまう。

とりあえず、5月からは月曜日のレッスンに集中しよう。


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


[PR]

by rudern | 2018-03-22 01:48 | テニス

まさかの一括先払い

以前のテニスコーチはかなり後になってからレッスン料の請求書をくれるので、金額間違っていても今更確認できなかったりするし、夏の休暇前とかクリスマス前とか出費が多い時期だったりして、いやだなあと思っていました。

次からは毎月支払いがいいねと友達とも言っていたのです。でも、新しいテニススクールが開校して1か月、レッスン料の支払いについて連絡はなく、今日いきなり請求書が届きました。冬シーズンレッスン料金に同時に室内コートの請求書も。でも、まさか来年の4月分まで先払いでした。テニスのレッスンってその都度ばらいか月払いと思っていたので、びっくりです。

でも、よく考えると、語学コースとか半年分まとめて先に払っていたから、驚くほどでもないのですが、、。それでも、私、今回に限って2つレッスンを取ってしまったので、結構な金額を一度に支払わないといけません。へそくりを使わないと、、、、。つらい。

毎月これくらいの出費なら週2のレッスンでもなんとかなるかなって思っていたけど、一括で先払いとなるとその時だけですが、結構つらい出費です。

それに、もう途中で辞められないということになってしまう。やめてもお金戻ってこないし。やめる気はないけど、けがで長期休んだら無駄になってしまうということですね。

なので、気を付けて、けがしないようにしないといけません。この季節、テニス肘とかになる人が多いみたいなので、気を付けようと思います。




にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


[PR]

by rudern | 2017-11-22 06:38 | テニス

気にしない、気にしない。

小さいことを気にする性格です。

先月から始まった新しいコーチの新しいグループレッスン。これまでのグループでは私が一番ましだったので、いつも何も気にせず参加できたけど、新しいグループは私が一番下手。なのですごく気を使います。一人は夏に時々二人でテニスをする仲で、私の実力も知っていて、グループレッスンに声かけてくれたので、大丈夫だと思うけど、一番年上で、負けず嫌いな人がちょっと気になります。

レッスンで私とペア組みたそうにないようだし、気のせいかもしれないけど、そう思ってしまう。

私はグループの中で一番非力だし、コントロール悪いし、コーチの言ってることも理解できないときがあったりするので、ちょっと足でまといとか思われたらなんて考えだしたらきりがありません。

こういうとき、ポジティブな思考の人は、上手になって、自分とペアを組みたいと思われるようにしようとか思うのだろうけど、ついついくじけて、ああ、このグループレッスン辞めたほうがいいのかなとネガティブな方向に向かってしまいます。

たぶん、こういう考えってドイツ人女性ではあまりないのかも。というのも、前から続けているもう一つのグループレッスンでは、一番うまくない人、全然上達しなくて、永遠の初心者レベルなんだけど、全然気にせずレッスンにやってくるし、かといって上達しようという気もなさそうです。同じ金額のレッスン料払ってるんだから、何が悪いのって感じです。もしかしたら、自分が上手でないという認識はないのかもしれません。ドイツ人によくある、根拠なき自信とかで、、。

私もそんな風に気にせず、これからもレッスンはテニスのことだけ考えて、他の人にどう思われてもかまわないくらいの気持ちでいようと思う。それにみんな私のこと足でまといなんて全然思ってないかも、単なる取り越し苦労かもしれない、そう思うことにしよう。

そして、2018年度こそ、たくさん勝って実績を残せば、自信もつくはず。

とりあえず、グループレッスンでは他人のことは気にしない、テニスにだけ集中しよう、と思います。



にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


[PR]

by rudern | 2017-11-08 00:23 | テニス

K.O.


今日は2回目のテニスのレッスン。先週同様二人休みでCさんと二人だけ。だからなのか、コーチのレッスン内容のせいなのか、練習が終わったあとはくたくたです。

今日もボレーの練習が多かったですが、フットワークがおろそかにならないように足も動かすレッスンだったので、本当にふらふらになりました。というのも、ちょっと風邪気味だし、太りすぎだし、、、。

でも、本当にこのコーチはこれまでのコーチの中で一番よいかもです。今のところですが。ある程度若くて、コーチ自身のテニスの成績もよいのがいいです。自分でもまだまだ上を目指していてモチベーションが高いし、若いので、年配のコーチに比べて手抜きもしないし、まだやる気があるようです。夜最後のレッスンだけど、手を抜かずに教え続ける体力も気力も残っているようだし、、、。

せっかくやる気のあるコーチのレッスンを受けられる機会ができたので、教えがいのある生徒になって上達したいと思います。そのためにももう少し痩せたほうがよさそうです。太りすぎて動くたびに汗が流れて息切れも激しいです。

9月、試合のため持久力をつけるという理由で山盛りの炭水化物を食べていたせいで、かなり太ってしまいました。10月は炭水化物を控えて痩せてもう少し、フットワークを軽くしたいです。

ドイツ語で、疲れ果てたという表現に、K.O.というのがあるのですが、先週、名前のスペルをコーチに聞かれて、I.K.A.K.O。と言ったら、CさんにK.Oと言いながら笑われました。ドイツ人だって男だけど、ハイコとかいう名前もあるから、KOが語尾でもそんなおかしくないと思うんだけど、私がいつもテニスの後疲れ果てた顔をしてるんだろうか。多分してると思う。髪の毛もぼさぼさになってるし。

週の初めからすっかり疲れ果てるテニスのレッスンだけど、今シーズンこそは勝率を上げたいので、なんとか厳しいレッスンでもついていって上達するつもりです。





にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


[PR]

by rudern | 2017-10-10 06:46 | テニス

新しいグループレッスンとコーチ

今月から、今までのテニスのグループレッスンとは別のグループでのレッスンが始まりました。
これまでのグループで2年ほどレッスンを受けていましたが、なんかレッスン中のおしゃべりも気になっていたし、上達したいという気持ちがなさそうな人もいたりして、楽しく体を動かすのが目的みたいなグループになっていたのがちょっと不満に思っていたのです。そんなところに同じチームの人から、チームの仲間4人くらいでレッスンを受けないかと声をかけてもらったので、喜んで参加することにしました。

メンバーは同じチームのなかでもダブルスのパートナーになる可能性の高い人たちなので一緒にレッスンを受けるのは来シーズンの試合のためにもいいと思います。

コーチも新しいコーチ。コーチ歴も長く、自身もテニスをまだまだ上のレベルを目指しているらしい。

この日はボレーの練習が多かったけど、他のコーチと違ってボレー細かく注意されました。ほぼあきれらるくらいというかかなり厳しく注意されました。間違っているとその都度注意して直してくれます。

今日は二人欠席だったので、一人がボレー、一人が相手ペア後衛の設定で、どこにボールを打つかを考えて打つ練習。他のコーチはただボレーと後衛の練習で、どこを狙うかなどの練習はなし。ひたすら、ボレーしてるかベースラインから打ってるかのどっちか。あまりに何も言われないので、自分で考えて打てってことなのかと思うくらい何も言われないのですが、今度のコーチはいろいろ指導してくれました。このコーチのレッスンをまじめに受けて、上達すれば、苦手なボレーも克服できて、ダブルスに強い人になれるような気がしました。本当はシングルスが強くなりたいんだけど、、。

こんなレッスンが受けたかったんだというレッスンだったので、これならお金払う価値はあると思いました。今までのコーチとは大違いです。なんだかモチベーションも高くなりそう。一緒に受ける人たちも全員同じチームで来シーズンいい成績を出したいと思っているので、いい刺激になる。それに、今までのグループと違って、新しいグループでは一番下手なので、みんなと同じレベルになるよう頑張れそう。



にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


[PR]

by rudern | 2017-10-06 05:14 | テニス